スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

上司「それはどういう事を想定してやってるの?」自分「うっ・・・」


吐き出しただけ、それだけでラクになりました


f183475daa78a660b8087050bb8aecc4_s.jpg

悩んでいることを悩んでいるままに話せる相手がいたよぉーヽ(=´▽`=)ノ


きのう病院のリワークに顔を出してきました。卒業したあともふらりと立ち寄っても良いですよと言われていたこともありますが、今まさに自分にとって必要なことだと思って。

また、人事担当の方とも電話で率直な思いを話しました。


するするっと気持ちがラクになり。

話ができるっていいですね。

こんなにありがたいことはありません。

傾聴し、同調し、認めてくれるだけでいいんです。

たったこれだけのことを求めていたんだよ・・・ぐすん。



「試行錯誤」ではダメなんですか・・・ダメなんですね


b0f069cec859443f416ed510d65e6726_s.jpg

職場では「課題をいかにして解決するか」ということに力が置かれます。

売上高だったり、稼働率だったり、平均値だったり、そういった指標と現状との差があったならば、それをいち早く解決するための策を検討し行動する。そして得られた結果を確認して次の行動を検討する。PDCAってやつですね。

自分の経験からは、「頭の切れる」人のいる現場はPDCAのサイクルが早く、失敗をものともせず、成果を得ることに長けています。

職場でPDCAが浸透していること。
そこは自分たちのようなコケちゃった人にとっては大変苦労するところだと思います。

それはこういうことです。療養中の最大の関心事は自分の体調です。今日はラクかダルいか、起きた出来事に対して自分はどう思い対処したか、昨日よりも回復しているか。その視点はつねに自分への内向きの働きであり、取る行動は自分に効果のあるアクションであり、それが実際に良い効果をもたらすかハッキリしないという試行錯誤です。

対して現場では単なる試行錯誤は無駄と考えます。まずはじめに現状を把握して、つぎに改善する案を複数用意し、そのなかで一番実現可能性の高いものを選択し、PDCAでは実行の前に成功と失敗の基準やイメージを明確化します。実際に実行する段階では「行動あるのみ」です。

このように試行錯誤とPDCAは似ているようで異なっている。

スタンスの違いが自分と職場との間に違和感を生むのだと、そう思います。


「で、どうしたら良いの?」って聞かれたって、それで答えられたら世話ないですわ


029462.jpg

上司とこんな話になったことがあります。

「それは分かった。で、俺はどうしたら良いの?」
「かなり仕事量は配慮しているつもりだ。だけどそれがストレスで重いというなら、考えなきゃいけないんだけど・・・」



「重いとかは思ってはいません、少し仕事の量は多いなと感じることはありますが、こなせる範囲です。それがストレスであるかまではちょっと・・・慣れてないだけかもしれないですし、やっていけば何かペースもつかめるかもしれないです・・・今は何とも言えません。」



「それはどういう事なの?だっていまやっている仕事だって本来でいえばもっとやって欲しいと思っていることもあるんだけど。いまイッパイイッパイにですって言われるのも困るんだよね。どんどん進めていって欲しいと思ってるんだけど、それは厳しいと言ってるんでしょう?それって問題だと思わない?例えばこちらからもっと歩み寄っていけばいいって話?ほんとうは君からそれは今重いですとか、そういうことをダイレクトに言ってくれたほうがいいんだ。何なら今話してもらってもいいんだよ。そうしたら解決に向かうと思う。」




上司と自分のスタンスの違い。

それは歩み寄るにはとても大きな・・・



ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

「社員の満足は上司の態度が9割」


職場は上司の人柄次第、という当たり前のこと


N745_konomurenoosawawatashidapen500.jpg

いまの職場はとてもいい雰囲気で過ごすことができています。

自分と考え方が似ている所もあるんだと思います。

それ以上に、自分への気遣いや配慮が感じられます。
今日も定時間になる30分も前から「もう帰る準備をはじめなさい」と言われました。

仕事上の相談でもすぐに乗ってくれます。

忙しい状況だと思うのですが、自分が話しかけると仕事の手を止めて、自分の目をみて、聞いてくれるのです。

こんな嬉しいことはありません。










自分も幼かった、上司も幼かった、きっとそういうこと


C855_kusarigatuitakousi500.jpg




おそらく、こういうことだと思います。


自分が得意とする、あるいは向いていると考える仕事やアプローチが、
上司に受け入れられ好意的に評価されるかによって、部下の満足度が変わる。


まだまだ、学ぶことはたくさんありますね。




4月14日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    業界動向やら市場分析やら。オフィスの中では調べるのも限界があり。

  • 午後に行ったこと
    調べたものをいったん紙にアウトプットして上司と意見交換。
    また調査。その繰り返し。

  • 気付いたこと、思ったこと
    「ちょっと煮詰まってます」「ちょっと困ってます」というのが口に出せるようになってる。
    抱え込む前に言えてる。

  • 今後の課題
    やっぱり、焦らないようにしよう。


読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

なぜ自分は会社を辞めなくて良かったと思えたか


もうこの会社にはいたくない!と思った理由ランキング上位から見えたこと


400027041cc82d2f7cee1d2f4066dbe9_s.jpg

リクナビNEXTが興味深いデータを示しています。

会社を辞めた理由の多くが「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」というもの。

退職理由のホンネランキングベスト10/リクナビNEXT[転職サイト]
転職経験者の退職理由のホンネ1位は…「上司・経営者への不満」でした。その他についても職場の人間関係に関わる理由がほとんどという結果。



つまりは上司・経営者のことを信頼できなくなったから。というのがホンネだということでしょうか。

これについてちょっと思い当たることがあるので考えてみました。



「上司のことが信じられなくなった」瞬間


6cdedf7d742fae392f5ccbd15c26e8e1_s.jpg

こういう人が上司だと、自分は信頼することが出来ません。


  • いつも無表情(顔だけでなく、電話の声のトーンなども含め)

  • 人によって態度を変える

  • こそこそ話をしている

  • 部下の電話に聞き耳を立てている

  • コミュニケーションは数(部下に対して声をかけた回数が多ければいいと思っている)

  • 自分の価値観や仕事の優先順位への考え方を押し付けてくる

  • ミエミエのえこひいき。評価の高い人にはやたらと褒め、評価の低い人には何でもいちゃもんをつける

  • 本当は感謝してないのに、ありがとうと言っている。

  • 良い結果には評価をするが、努力やプロセスには評価をしない。



挙げてみればもう、人としてどうなの?というレベルですね。

自分が何を言いたいかというと「管理職・経営者になってしまうと、どうしても業績などの数値目標の達成や、事業を成功し続けなければならないなどの複雑な要素が絡んできてしまうため、もともと人が持っている弱者への優しさや心づかいといった面が疎かになったり、使い方を誤ってしまう」ということです。

これは自分の管理職経験から痛感した事です。
よほど注意を払っていないと、なぜか出来なくなってしまうのです。



誰もがイヤな上司になりたくないです。(ハズ)

なので、もっと経験を積んで、実践で学んでいく必要があります。

何よりもまずは、「いつもの自分」で職場生活を送れるようにします。



4月3日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    あちこちの情報を漁ってました

  • 午後に行ったこと
    別の部署の方にヒアリングして資料に盛り込み。いちおう完成しました。
    与えられたミッションは済みました。

  • 気付いたこと、思ったこと
    さいごの傷病手当金請求書を作ったけど、病院で記載してもらわないといけない。
    だけどクリニックは平日のみ。うーむ。ちょっと方法を考える。病院へ郵送するか?

  • 今後の課題
    元気な日は新聞は溜め込まないで、流し読みでもいいから処理する。
    ストレスのサインが分からなくなるから。


読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

復職レポ6日目:定時後の自主参加活動にも出ようとしたら上司からやんわり止められた


「いいから早く帰りなさい」


2415903df4a180dffb5022a2a8cc1374_s.jpg



ああ!上司様。あなたはもしかして神様ですか?
いや、実際のところは単に就業規制がかかっているのでやっちゃダメだからなんですけど。

以前の職場では
「え?参加するよね?雰囲気についていけないよ、どうすんの?」
感をビシバシと放出する上司だったので、
ものすごいイヤイヤに参加してました。



リーダーシップのあり方について考えさせられる


peter.jpg
(出典:http://xn--0xvp56e.jp/269.html)



雇用主たる組織には、人の性格をとやかくいう資格はない。雇用関係は特定の成果を要求する契約にすぎない。他のことは何も要求しない。それ以外のいかなる試みも、人権の侵害である。プライバシーに対する不当かつ不法な侵害である。権力の濫用である。被用者は、忠誠、愛情、行動様式について何も要求されない。要求されるのは成果だけである。
(出典:エッセンシャル版 マネジメント 基本と原則/ピーター・ドラッカー著/上田惇生訳)





「主体的である」っていう意味の捉え方がまるで違う。
①自らの強い動機付けの下、積極的に働きかけて周囲に影響の輪を広げる。
②自分と相手の置かれている状況や価値観の違いを理解し尊重する。

価値観が自分と近い人ほど、安心を感じ、仲間意識が芽生えます。

つまり…こういうことです。


以前の上司とは求めるところの価値観が合わなかった。
たまたま、コミュニケーションを緊密にとらなければならない状況になり、
結果として、どちらも苦しんだ。

自分は大きな代償を払いました。
わかりませんがおそらく、上司はそれ以上の代償を払ったことでしょう。
どちらが悪かった訳ではない。
ただ、それだけのことです。
ちょっぴり傷が深かったね。




4月1日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    年度初日の処理を。勤怠とか交通費とか報告書とか。
    ほとんどなかったからスグに終わりました。

  • 午後に行ったこと
    資料にコメントを頂いて、さらに資料をアップデート。仕事おもろい。

  • 気付いたこと、思ったこと


  • 今後の課題




読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

上司から見た理想の社員は幻想だから合わせなくていい


「お前の足りない部分を克服しろ」から逃れよう!


b0ef99b6f78e169a69379df3408e6db8_s.jpg

買ってからずっと読めなかった本を久しぶりに手を取りました。

最高の成果を生み出す 6つのステップ

この本によれば、多くの人が成功、出世、会社への貢献のためには弱みを克服したほうがいいと考えているそうです。
(弱みの克服とは、自分が出来ていないことを、出来るようにすること)

しかしこの本は「そんなの神話だ、幻想だ!」とズバッと言い切ります。

外国の本というのは、はっきりと書いてあるからいいですね。


 なぜか。なぜこれほど多くの人が、自分にないものをあえて学ぼうとするのか?
 もちろん理由は人それぞれだ。たとえば、学校でそうしろと教わった。弱みは私たちの鎖の一番弱い部分であり、そこが切れると私たちは失敗する。強みを築くより、弱みを克服するほうが簡単だ。
 私の考える理由はこうだ。長年の間に、大多数の人がある種の神話――正確には、3つの神話――を信じるようになってしまった。私たちはその三つの神話が真実であると両親から教わり、さらに教師から念を押される。いまは何かにつけ、上司から聞かされる。三つの神話は生活に深く根づき、もはや当たり前のこととなっている。そして私たちはそれらを人生の大前提として、子供、生徒、部下に伝え、そうする自分に満足を覚える。(本より引用)



めちゃくちゃ仕事が上手く行っていなかった頃、

どうして自分はこんなにダメなんだろうと救いを求めるように買った本。

いまになって、大きな気付きと勇気を与えてくれています。



神話①成長するにつれ、人の性格は変わる


a0002_004012.jpg

年を重ねたからといって性格は変わらない。

真実
成長するにつれ、人は本来の自分に近づく。


人は大きくなっても同じ言動を繰り返す。

確かにその通りです。自分の性格である「自己犠牲したい病」は自分自身を形作っている全てです。

いくら認知を変えても、繰り返し同じ事をしています。

そうなるともう、年寄りになればもっと強化されると考えたほうがいいですね。



神話②人はもっとも弱い分野で、もっとも成長することができる


a0055_000864.jpg

数学の点数が最下位の生徒が、誰よりも一生懸命勉強すれば学年の最高点をとれるでしょうか。

真実
人はもっとも強い分野で、もっとも成長することができる。


数学が得意な生徒だからこそ、よりハイレベルなカリキュラムも喜んでこなすことができます。

むしろ成長の機会ととらえて、挑戦的かつ意欲的に取り組んでいると思います。



神話③すぐれたチームのメンバーは、チームのためならどんなことでもする


6685d03b24ba851a7e6060db0e18fa94_s.jpg

子供のころ「自分を犠牲にしてチームのために尽くすことが勝利への道だ」と言われます。

チームワークが高い成果を生み出すのは確かですが、

たとえばプロ野球チームのように、優れたチームに所属するメンバーは、

自分を犠牲にしてチームのために尽くしているでしょうか。

真実
すぐれたチームのメンバーは、チームに自発的に強みを提供することにほとんどの時間を費やす。


プロ野球チームは、メンバーひとりひとりの能力を最高に活かすため、

役割を適切に振り分けて行動しています。

そしてメンバーは自分の能力を最大に活かせるために、日々努力を行っています。



高い成果を生み出す「理想の社員」とは?


9a7bbd276716438d50ff22336055d828_s.jpg

すべてこなせるオールラウンドプレイヤーは居ません。それは幻想です。

自分の能力に磨きをかけること。

出来ていないことよりも、出来ていることに集中すること。

自分が得意とする分野にのめり込むこと。


そうやって「自分らしく生きている」人こそ、より高い成果を生むんだと教えてくれました。



3月8日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    お掃除してました。週に1度の掃除機がけは楽しいです。

  • 午後に行ったこと
    図書館に行って気になった本をパラよみ。自分ひとりのリラックスタイム。

  • 気付いたこと、思ったこと


  • 今後の課題



読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

ココロ。大雨のち、晴れ間。ミエル


SHIO85_aburaeenoguset500.jpg

投げつけられた上司の言葉


元気いっぱいで来ると思っていたのに。



1日休んでいたしね。



本当はもうフルパワーで動けるんじゃない?



みんなと同じ動きができていない。



休憩がすこし長い。姿が見えない。



積極的に関わってこなかった



本復帰としても、いまのところお願いする仕事はないかもしれない。



無理やりセーブしていないか?



仕事といえば、かなりの負荷がかかるのは当たり前だから。それに耐えられるような体でないと、まだ十分でないというしかないな。




悔しい。

なんでそんなことを言うんだ?

それがリーダーシップある人間の言葉か?

何ヶ月も何ヶ月もドロ沼にいて、

やっと這い上がってきた者にかける言葉か?

ココロはあるのか?




打ちのめされ、挫けそうになる


PED_tomarenodourohyoushiki500.jpg

そう…ずっと頭のなかを専有していました。

耳鳴り。動悸。胸の痛み。深呼吸ができない。イライラ。なにをやっても落ち着かない。まるで眠くならない。

恐怖は無いけれど。

かけられた言葉のひとつひとつが「裏切られた」という思いを募らせるばかり。



主治医からの、思いがけない一言


N934_midorinioowarerutonneru500.jpg

一体なにを悔やんでいるの?その上司はそういう性格なのはあなたもわかっているのでしょう?(自分:はい、わかっています)
なら、絶対に上司の性格は変わらないから。
変わってほしいなんて期待を持ってはダメ。
変わらないと思いなさい。
あなたがアプローチを変えなさい。




これには衝撃を受けました。



他人を当てにするな。自分を信じろ。


YMD86_hotelokujyoumiharasu500.jpg


自分は上司に対して。

「自分は病み上がりだから、優しくして欲しい」

 「うつのココロを理解して欲しい」

 「負荷をかけないで欲しい」

 「温かく、見守っていて欲しい」

そのように行動してくれることを、

期待をしていました。

いえ。

上司を当てにしていました。




人はひとりで行きられない。

頼ること、期待することは、何も悪くない。

あらゆる人間関係で必要なことです。


ただし、当てにしてはいけない。

それは何の確証もないこと。


こんな当たり前のことを、言われるまで、

まったく気づきませんでした。


自分は上司が「いつか変わってくれるのではないか」と、

期待ではなく、当てにしていました。


それは、何の実現性もない事。


いままで、自分はたくさんの気づき、見つめなおしを経て、

あるがままの自分でいること、本当の自分で人生を歩み始める、

その段階にいます。

なのに、自分の外にココロのアンカー(錨)を、必死で探していました。

しっかりと錨を下ろす先は、自分自信でした。


そんなことを、気付かされました。


あまりのことに心配や不安は一気に消え去り。

とても落ち着いた気持ちです。



1月30日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    リハビリ勤務

  • 午後に行ったこと
    リハビリ勤務

  • 気付いたこと、思ったこと
    最終日。うちの会社のお偉いさんと偶然にも遭遇。
    ほぼ1年ぶり位で。
    こちらから挨拶と、ご迷惑をかけた事への謝罪をした。
    「信頼は揺るがないから、しっかり治せ」と。
    ウルッときた。

  • 今後の課題
    来週にある人事との面談で、もう少し見えてくるかな。
    それまでは、この精神状態を回復させる。


ブログランキングに参加しています。
毎日の順位チェックをすごく楽しみにしてます。
もしよかったらポチっとお願いします。
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

リハビリ勤務を乗り越えて 〜ある会社員の叫び



リハビリ初期:勤務中に不調を訴える


PAK57_hu-nsoredetoreikokunamanazasi500.jpg








リハビリ中期:反発が強まる


LIG86_tukamiaubiz500.jpg









リハビリ後期:絶望、落胆、落ち込み


PAK45_ekinobenchitohome1337500.jpg

















リハビリ勤務を通して


GAK86_hutounokuroneko500.jpg






上司への思い







1月29日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    リハビリ勤務

  • 午後に行ったこと
    リハビリ勤務

  • 気付いたこと、思ったこと
    毎日人事とメールでやりとりしている。
    自分側に立ってくれてるい感じがする。
    今後のことはまだ分からないけどね…

  • 今後の課題
    ちゃんと、やりきろう。
    それだけを考えよう…


ブログランキングに参加しています。
毎日の順位チェックをすごく楽しみにしてます。
もしよかったらポチっとお願いします。
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

上司の距離とうつな気分との深い関係



薄々、そんな気がしていたことが明確になった日。

自分は上司の言動に強く依存しているという事実。

「依存 = 身体面/精神面が左右される」という意味です。



朝:上司が居なかったら

PAK56_syabondama500.jpg
(イメージ映像です)

聞けば朝から外出先とのこと。

すごく気分が晴れやか。

皆も心なしか雑談が多くて冗談も飛び交う。

職場の雰囲気も軽く感じた。



昼:上司ミーティングで発言したら

PAK85_hibiwareiPhonehomeb500.jpg

昼礼は全員参加。

上司は自分のすぐ近くに立ち、何度か発言。

緊張が走る。

動悸が激しくなって倒れそうになる。

気が付いたら歯を食いしばっている自分に気づく。

PAK24_kazehiitakamoshirenai1343500.jpg

自分の席に戻って、落ち着くのに1時間以上かかった。

マスクは当分、外せないなあ。



午後:上司、部下へ小言を口にしたら

LIG86_yutorisedainikirerujyousi500.jpg

自分の机の向かいで、同僚同士が何か話をしていたら、

そこに上司がツカツカと来て一言。

「何を話しているか知らないけど、やるべきことをやれ」

うちの上司が指摘するとき、ものすごく用意周到なことを知ってる。

遠くで話の内容に耳をそばだて、時間をはかり、タイミングをみて、

一番相手にとってイヤなタイミングで指摘する。

目の前で行われたその行為に、

一気に気分が悪化。


そのまま本日はエネルギーが尽きました。



結論。

今日の気分は「快晴のち雷雨」でした。



適応障害、なのかなぁ。



1月21日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    妻の診察

  • 午後に行ったこと
    自分の診察

  • 気付いたこと、思ったこと
    病気や薬の話が気軽にできるって素晴らしい事だとおもう。
    はけ口を作ることって悪くない。

  • 今後の課題
    予定休を消費したので、あとは出勤してやる。


ブログランキングに参加しています。
毎日の順位チェックをすごく楽しみにしてます。
もしよかったらポチっとお願いします。
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

検索フォーム

カレンダーから記事を読む

12 ≪│2017/03│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新の記事です

読まれている記事

タグクラウド


閲覧数ランキング(にほんブログ村)

プロフィール

うつぶたさん

Author:うつぶたさん
Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
いまでもうつの再発の不安を抱えています。
気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
よろしくお願いします。

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。