スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

『休職って実際アレでしょ?資格とかとってホラ・・ねえ?』んなわけねーぞ!


休職中に勉強してスキルアップ・・・んなの出来るわけねー!


MAR93_mitehaikenaimono20130330500.jpg

それは誤解です。
なぜなら、気力も何も起きないから。
思考の原点が“逃避”だから。
段取りよく何かできるわけありません!



はい。

実体験を申し上げます。このことは事実です。



休職中にやろうとしてたこと①農家になる勉強


N853_kouunnki500.jpg

図書館でたくさん本を借りて、今の農業の産業構造や農協と農家との課題を調べあげました。

TPPについても調べました。

その上で「これからは利益率の高い農業をやるべきだ!」って意気込んでブドウとモモとブルーベリーの育て方を調べあげました。

残念ながら、農家になるには資金が足りないと判明。

調べまくってムリだとわかってシボんじゃいました。



休職中にやろうとしてたこと②ファイナンシャル・プランナーになる勉強


01df0a3ba569f249a707362f3d0a71d7_s.jpg

休職して貧乏になって、ものすごくお金のことを見直しました。

そのときに役に立ったのは、ファイナンシャル・プランナー資格の本。

資産管理に関することがひと通り書いてあるので、本を片手に支出の見直しをしました。

やがて「こんなに苦労してる、みんな貧乏。ということはニーズがある!自分の努力を無駄にしたくない。だから俺はファイナンシャル・プランナーになるんだ!」っていう夢を描きました。



営業もやってたのでプレゼンは少し自身もありましたし、技術者なので分析も改善も得意です。

クライアントは目の前にたくさんいます。

そう、心の病を持った人たち。

こんなに理想的な仕事は無いんじゃないか、そう思って勉強を始めました。


結果は・・・お金のことって難しいですねー(上の空)



働けるような気力も体力もない。正常な判断力もない


f105897659ee22b1d2b512bd4698b84f_s.jpg

「冷静に考えて、元の職場にもどるのが一番リスクが低い。病気を抱えたまま新しい世界に飛び込むなんてずっとリスキー。」これが下した結論です。


休職してる間にスキルチェンジできる、なんて相当すごいことです。

自分は都市伝説なんじゃないか、と思っています。



4月6日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    遅くまで寝てました。

  • 午後に行ったこと
    いっきにいろんなことをやってしまいました。

  • 気付いたこと、思ったこと



  • 今後の課題
    日曜日はやることを少なくするんだ(難しい)


読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

メンタルヘルスの不調で休職した社員の42.3%が陥った「結果」


42.3%の中には入りたくない


accident-64875_640.jpg



日経のサイトに記事全文が載っていました。

メンタル休職、42%退職 期間短く完治せぬまま :日本経済新聞



退職者の多さは企業経営にとっても大きな損失で、就業継続への取り組みが不可欠だ。
 調査は2012年11月に実施。メンタルヘルスやがん、脳疾患、糖尿病などによる病気について、休職制度の有無や期間、退職・復職の状況などを尋ねた。5904社が回答した。
 調査結果によると、過去3年間にメンタル不調を理由に休職制度を利用した社員の退職率は、全疾病平均の37.8%を4.5ポイント上回った。
 最も高いのはがんの42.7%だが、がんによる休職は50代以上の割合が高く、定年など病気以外の理由による退職も多数含まれているとみられる。同機構の奥田栄二主任調査員補佐は「メンタル不調は30代以下の割合が高いため、病気を直接の原因とする退職率はメンタル不調が最も高いと考えられる」としている。
 また、メンタル不調者の退職率は休職制度の上限期間が短い企業ほど高い傾向があり、上限が3カ月までの場合は、59.3%が離職。2年6カ月超3年までの企業では29.8%で、2倍の差が出た。企業の規模別でみると、上限期間の短い企業が多い中小(50人以上100人未満)は退職率も48.0%と、千人以上の企業より15ポイント高かった。(日経記事より)




こういうデータは考えさせられます。

以前にも休職期間の短さや、体調と職場への復帰のことや、金銭面での生活の維持への課題について触れてきました。

すぐに復帰を考えてはいけない理由│そのままがいいんじゃない?
全うつ病患者の約2割が復職後の1ヶ月で脱落(再休職)していた



復職して再発を恐れるか、転職して回復するかの二択。それってほんとに?│そのままがいいんじゃない?
自分の体調と生活の維持を両立させることは本当に難しい





あらためて思うこと。データが示す意味に向き合って欲しい


c985c9e48cadc08ed4e414dc1580b722_s.jpg








職場は何故うつ社員をサポートしなければならないか?


64c22d148cc1830038c6cf8c7283fc3f_s.jpg






メンタルヘルス不調の社員をサポートすることは経営者視点から見ても価値がある


domino-163523_640.jpg









人材難を嘆くより先に、やることがあると思うのです


business-21823_640.jpg






4月4日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    会社の社内報を読んで今までの会社の流れとかおさらい。

  • 午後に行ったこと
    Excelをいじってデータ分析を少し。
    社内に配布するDVDの編集を少し。
    雑用ですけど楽しかったです。

  • 気付いたこと、思ったこと
    金曜日は疲れます。正確にいうと平日4日間でガス欠気味になり金曜日を乗り越えるパワーが足りません。

  • 今後の課題
    やっぱり眠りの質の向上かな。量は減ってるのは仕方ないから。寝入りをなるべくスムーズに中途覚醒や早朝覚醒を減らす。


読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

ずっと家にいるしかない状態を楽しむコツ


「自宅ではどのように過ごされていますか?」


e42945a408c00b40a2dfabd0e2182974_s.jpg

産業医の先生から質問されました。

鬱々と落ち込んでる人に「ねえねぇヒマでしょ。何してんの?」は無いだろうよ…

とは思いませんが、

そういえば休職中って何をすればいいのか全然分からなかったです。

だって「早く治りたい!じっと待ってるだけで回復するはずがない!」って思ってましたから。



恥ずかしい話ですが、主治医の先生にこんな質問をしたことがあります。

「先生、うつの回復のサインって“ものすごく仕事したくなった時”だと思うんですが、いま復職できますか?」



先生。その場で期間延長の診断書を書いてくれたあなたは正しかったです。




「あえて非生産的なこと」に取り組もう


2b9df5b7b9d19ca8171fccd60f11a59b_s.jpg

休職はじめの頃「休み方」がわかりませんでした。

わかるようになったのはデイケアに行ってからです。

誤解を恐れずに言えばデイケアで行っている事のほとんどは「非生産的なこと」です。

だからこそ休息に、治療になり得るんだと思います。


自分でこれは相当キてると思った「非生産的なこと」リストです。

(注:デイケアは生産的なこともしています。以下に挙げたことがデイケア活動の全てではなく、むしろ小さな活動に含まれます。冗談が半分としてご理解ください)



非生産的な事①:ジグソーパズル


53b8e92d53ce285b2ff3070e421f7996_s.jpg

デイケアで最もハマりました。

ジグソーパズルって【超達人級】っていうのがあるんです。知ってましたか?


ジグソーパズル | エポック社
集中する、家でする、運動しない、考える、手を動かす、が一緒にできるのがジグソーパズル。





非生産的な事②:ジェンガ


4c7df2549ffc9b2e833e502604b37498_s.jpg

普通にジェンガするだけでなく、ドミノを作ったり、塔を作ったり。

一人ジェンガも最高ですね。

何よりも【作ったものを壊す→何も残らない】ということをやる素晴らしさ。



非生産的な事③:占い


385cc5fc9dcf0b2ff1cdcdc64c4ccb44_s.jpg

「俺はトランプ占いが得意だ!」

とか最高ですね。

自分がやったのは図書館での四柱推命です。

まる1日使って自分の不運を知りましたが、全く憶えていません。



非生産的な事④:おしゃべり


06d01eb515e924dc348971aff17ff37b_s.jpg

デイケアの仲間と他愛もない話をするのは、とても心が休まります。

同時に、自分のことを話す練習や、相手との心の距離を計る練習など、

だれにも知られないでひっそりと試すことができます。

お天気の話とか、畑の様子とか、咲いている花のこととか。

注意深くアンテナを張っていないと結構、話すネタに困ります。

お互い心の病を持っている同士、失敗しても気にしません。

コミュ症には最適ですね。



非生産的な事⑤:かべ新聞/意味のない模様替え


b75af68b11e0f24c487a3116ef15fa25_s.jpg

デイケアに来た当初、仲間が取り組んでいたのが、かべ新聞でした。

これには驚きました。

【自分達しか見ない(かもしれない)情報を、自分達でまとめる】という無意味さ。

それまで「仕事とは生産的である」ということに凝り固まっていた自分を、

おもいっきり否定された思いがしました。

でも、これがやってみたらすごく楽しかったんです。

チームワークを育むという面や、仕事を通じて相手の性格や個性、得意なことを知るという面があることを学びました。

自宅にいるときはさすがに壁新聞を作ることはやりませんが、

これは「家の模様替え」に相当しています。

パソコンの置き場所を右に左にちょこちょこ変えたりなど、かなり無意味な模様替えを楽しんでいます。


非生産的だからこそ気晴らしになると思うのです







2月26日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    医療費控除のため、一覧表作成してました。

  • 午後に行ったこと
    気晴らしの散髪へ。

  • 気付いたこと、思ったこと
    一つのことをずっとするって、そりゃあ難しいよ。

  • 今後の課題
    たくさんたくさん、“気晴らしのストック” を作るんだ。


読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

休職中にやってよかった、住宅ローンが減額できた!


休職したら住宅ローンを”仕分け”しよう


e528beb19e925056033da65eaa428c63_s.jpg

休職中はビンボーです。

傷病手当金しか当てがありませんから、ジリジリと貯金を食いつぶします。

ざっくりいって毎月10万円の赤字。

こいつはなんとかしたい。

そんな事情から、事業仕分けを行うことを決意しました。

まずは大物の住宅のローン。

毎月の支払い減額もしくは一定期間の支払い猶予が可能なら、

支出削減の効果は絶大です。

駄目で元々。チャレンジ!



銀行を「味方」にしようと考えた


a0002_001246.jpg

自分はある大手銀行で30年ローンを組んでいました。

全期間固定金利。ボーナス支払い無しの契約です。

何も無計画での住宅ローン見直しではありません。

住宅ローンへの加入時には、団体信用生命保険というものに強制加入されます。

これは契約者(つまり自分)が死亡などで支払い不能になると、

この保険から残債分が補償される仕組みがあります。

これは銀行にとって不良債権化させない仕組みであり、同時にローン債権者にとっての

安心(遺族に支払い義務を残さない)という意味でのことです。

これを解釈すると、

「銀行は、債権者が支払い不可となる事態をリスクとして織り込み済みである」

ということを示しています。



したがって、自分のようなメンタルヘルス不調による休職についても、

銀行はリスクを吸収可能と判断するかもしれない。

そう考えたのです。



そして銀行での交渉の成果は…



デイケアのお休みの日、朝から頑張って銀行まで乗り込みました。

住宅ローン相談窓口って、ふつうの窓口より別扱いなんですよね。

それがちょっとプレッシャーになりつつ…


受付: 本日はどのようなご用件でしょうか?

自分: ここの銀行で住宅ローンを組ませて頂いているのですが、
    事情があっていま仕事を休んでいて収入が減っている状況なので、
    なにかしらご相談できないかと思いまして…

受付: えっ、えーと…(戸惑う)
    少々お待ちください。




しばらくして、ローン担当の一番偉い方(以下、上役)が応対してくれました。

しかも銀行の一番奥にある応接室へ。

お茶まで出されちゃってドギマギ…

「ローンの支払い減らしてくれませんか?」って言いに来た事にさらに緊張…



上役: 住宅ローンの見直しをしたいとのお話ですが、
    改めてお聞かせ頂けますでしょうか。

自分: はい。
    実は…現在体調不良となり、4月から会社を休んでいます。
    実のところ、ウツでして。
    主治医の指示もありまだ復職時期がはっきりしません。
    自分としては回復もしてきていると実感があるのですが、
    もう少し復帰までに時間がかかりそうです。
    そこで支出をいろいろと見直しをしている最中なのです。
    住宅ローンがかなり支出の中でも大きなものでもあるので、
    なにかしらの軽減ができないものか、と考えまして。
    こうしてご相談に上がりました。


上役: そうですか。
    
自分: はい。(ドキドキ…)




自分を応対していただいた上役の方は、とても親身になって聞いていただきました。

事情をちゃんと理解していただきましたし、話す口調もとても穏やかな方で、

説明するプレッシャーも想像していたよりも小さくて済みました。



このときラッキーだった事実が。

最近、銀行業界でもメンタルヘルス不調で休職する社員が増えていて、

現在もこの上役の方の部門にも、休職している方が数名いらっしゃるとのこと。

うつ病に関して、高い関心を持っていた方で、

自分の体験してきたことやこれからのことについて興味深く聞いてくれました。



このお陰もあってか、「復職に向けて頑張っている」という評価をいただく事が出来、

なんとか住宅ローンの軽減について検討していただける運びとなりました。


一番プッシュしたのは、自分がもうすぐ復帰だということ。

ものすごーく元気です!
  もうすぐ復帰です!
    主治医の判断待ってる状況なんです!


これを何度も繰り返しました。すごく体力が必要でしたが。

交渉を有利な状況にするためには多少の演技も必要。



気になるローン見直し条件はこうでした


d8e0bf35c76599431d37775c9e529007_s.jpg


銀行とその後、何度かの打ち合わせの後に合意した結論です。


  • 全期間固定金利型から変動金利型への契約変更

  • 9ヶ月間は利息分のみの支払いとする

  • 10ヶ月目からは元本+利息の支払いとする

  • この措置により全体のローン支払期間が9ヶ月延長となる

  • 復職状況について、銀行から定期的な確認を行う




この措置により、良い副作用がセットについてきました。

自分の住宅ローン契約時点より、現在の金利のほうがずっと低くなっていたのです。

そのため、10ヶ月後の低減措置が終了しても、

実際の支払額としては今までよりも安くすむようになりました。

悪い副作用としては、変動金利なので、今後の経済動向を睨めっこという事。

あとは意地でも復職しなければならなくなった事。



住宅ローンの軽減措置は裏ワザ的



自分がおこなった方法は、とくに銀行に対しての相談というのは、

あまりケースとしては少ないというお話でした。

結果としては住宅ローンの負担が減ることができましたし、

銀行との仲がより良いものになりました。

やはり相手も人間ですから、困っているという状況に対して、

こちらが真摯に相談を持ちかければ、何らかの応答がかえってくる。

そういうことを学んだ良い体験でした。

同じように苦しい思いをしていらっしゃる方はぜひ、

ご自身のローンについても、ご検討ください。

何かの突破口は見つかるかもしれません。



2月17日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    復職プログラム(デイケア)参加。
    スポーツでしたが、睡眠不足だったのでかなり手抜き。

  • 午後に行ったこと
    復職プログラム(デイケア)参加。
    ディベートの司会しました。

  • 気付いたこと、思ったこと
    ファシリテーションが大好き!

  • 今後の課題
    入浴タイムに積ん読してきた本を読むことにしました。
    復職までに勉強するぞー!
    ドラッカー名著集2 現代の経営[上]
    P.F.ドラッカー
    ダイヤモンド社
    売り上げランキング: 34,907



読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

休職中にやってよかったと思うこと(経済編)


MOK_ichimanensatu2mai500.jpg

うつ状態で休養している最中はいろんな不安がよぎりました。

一番の心配は経済面。

自分がやってよかった事をリストアップしました。


手元に現金を用意する


調子が悪いときは、理由抜きに外出ができなくなりました。

自宅は銀行が遠く、コンビニATMで下ろすのも億劫になるので、

生活資金としての現金を少し多めに持っておきました。


家族にオープンする(うつであることをを明かす)


家族(もしくは最も近い人)の理解と協力はどうしても必要です。

自分は妻と二人暮らし、

病院から診断書をもらった時にはじめて明かしました。

また、休職期間中は近所の目もいろいろと気になりましたので、

「旦那さんどうかしたの?」と聞かれたときには、

「家で仕事してる」とうまく流してしてもらえました。

自宅ワークという言い訳は便利でした。


100円ショップをフル活用する


収入源が一時的に途切れますので、支出をとにかく減らす工夫をしました。

生活品、食品などは100円ショップ(ダイソー)を利用しました。

たくさん買い込んでも安いし、ストレス発散も効果あり。

食品の内容量は少なめですが、おかげで節約する意識が生まれました。

業務スーパーでのまとめ買いは、ひとつの物が大きすぎて、

使い切れないことがわかったので、やめました。


月々支払いをリストアップする


支出を抑える目的でやりました。

特に銀行やクレジットカードの自動引き落としをリストアップするのは

とても良かったです。意外といらない物が見つかりました。

携帯電話の料金プランを見なおしたり、

生命保険の見直し相談をしたり、

無駄に年会費を取られている会員を停止などを行いました。


不動産を見直す


自動車のローンと家のローン見直しました。

車は2年前に購入したばかりでしたが、ボーナス払い有りのローンでしたので、

思い切って売却。

残債を消して余ったお金で買える軽の中古車にしました。

仕事に復帰したら買えると思えば、吹っ切れましたし、

現金が増えたことがメリットでした。



住宅ローンも銀行と交渉して、

月々の支払いの減額に成功しました。

これは、銀行の住宅ローン担当(管理職クラス)と面談をする必要があります。

向こうは「今後の支払い能力があるか」を見てきますので、

復職日が近いことを積極的にアピールして、成功しました。

ある程度メンタルが回復している状態でないとダメかもしれません。

その点で難易度が高めです。



まだ他にもあったと思うので、溜まったら書きたいと思います。



1月2日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    自宅に近い神社に初詣。

  • 午後に行ったこと
    玄関の網戸の掃除(毎日どこか掃除することに決めてます)

  • 気付いたこと、思ったこと
    よく覚えてないけど初夢は悪い内容だった。
    今年の五黄土星は良い年になるらしいので、機運を掴みたいな。

  • 今後の課題
    休みも終盤。
    月曜日からデイケアに通えるように心構えする。


他にもメンタルヘルス関連のブログが見られますよ。
メンタルヘルス関連のブログ

[休職中にやってよかったと思うこと(経済編)]の続きを読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

ブログ開始のご挨拶


OZP_sorawomiagerusagyou1188500.jpg

2013年12月23日です。天皇誕生日です。



こんにちは。はじめまして。

今日からブログをスタートしたいと思います。



自分、僕、私は、ITエンジニアと管理職をしていました。

”していました”というのは、現在休職中の身で立場が分からないためです。

うつを発症し休職を言われてから8ヶ月。

体調はだいぶん良くなり、会社とは復職に向けての話し合いを行っている最中です。

うまくいけば来年頭からリハビリ出社が始まりそうです。



今年の頭くらいから、朝起きられず、出勤するのがおっくうになり、

なんとか自分を奮い立たせ電車に乗るのに苦労するようになりました。

当然ながら会社へは毎日のように遅刻。

ときには昼から出社するような状態でした。

当然、やるべき仕事は積み上がっていきました。

遅れを取り戻そうという思いと、周囲に迷惑をかけている申し訳無さから、

終電まで残業。土日も休日出勤をしていました。

その繰り返しを数ヶ月。



気がついたときには会社の人と会うことが怖くなっていました。

街でスーツ姿の人を見るのが恐怖を感じるようになりました。

後ろめたさで一杯になり、自分の無力さで押しつぶされました。

こんな自分がいるせいで仕事が滞る、周囲に迷惑がかかる。

自分にはなんの価値もない。

このまま消えてしまいたい、逃げたい。もう楽になりたい。

自分が居なくなれば…

思考はループで一杯になりました。



なんとか残った冷静さで病院に助けを求めて、予約の電話。

この頃は会社から貸与された携帯電話の電源はOFF。

個人持ちの携帯もOFF。

メールもすべて未読。

家の電話機もコードを抜いていました。



病院に電話をかけることも恐怖でした。

ネットで最寄りの心療内科を調べ、

当日飛び込みできる病院があるか探しました。

数日後まで待つことになれば、その間に自分がどうなるかわかりませんでした。

なるべく専門科があり、自宅から近い場所で、駅から少し距離のある病院を探しました。

駅前は会社の人に見られるかも、知人に合うかもと、怖かったためです。

条件に合う病院を見つけましたが、電話する勇気がもてるまで何時間もかかりました。


予約をしましたが、残念ながら当日飛び込みはできず。3日後の診察予約と言われました。



診察の日まで会社はズル休み。もう会社には向かえなくなっていました。

通勤はするのですが、途中の駅で降りてフラフラと歩きまわり、

マンガ喫茶で時間を過ごし、19時ころになって帰宅。

会社からメールが届いていると思うと、パソコンも見ることができません。

家ではぼうっとテレビを見て、眠くなったら寝る。

家ではずっと、会社の人が家に訪問しに来ないか心配でした。

どんな顔をして会えばいいのかわかりませんでした。

家には妻がいますが、そんな自分の状態を一言も言えませんでした。



診察の日。

予約した頃からずっと動悸がとまらず、顔も火照ったように熱がありました。

誰かにあって話をすることが怖くなっていたので、病院に行くことも恐怖でした。

でも自分を保つため、自分を助けるためと思って勇気を振り絞りました。



受診した病院は心療内科と精神科の専門クリニックです。

先生は女性で、落ち着いた印象で発言もしっかりハキハキと話す方でした。

いくつかのテストと先生の診察。

診断の結果はうつ状態。診断書を出すので会社は休むようにと言われました。

先生は明確に話します。

会社に行けないのは正常ではありませんよ、と。

ああ、そうなんだ…うつになってしまった…

ああ、良かった…助かった…



そんな自分が、これからどんなブログを綴っていくかわかりませんが、

よろしくおねがいします。




▶ Studio Ghibli Songs: Piano スタジオジブリの歌・ピアノ - YouTubeこの記事のはてな被ブックマーク数



他にもメンタルヘルス関連のブログが見られますよ。
メンタルヘルス関連のブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

検索フォーム

カレンダーから記事を読む

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事です

読まれている記事

タグクラウド


閲覧数ランキング(にほんブログ村)

プロフィール

うつぶたさん

Author:うつぶたさん
Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
いまでもうつの再発の不安を抱えています。
気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
よろしくお願いします。

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。