スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

行動記録アプリで自分を立て直してみることにした


まずは自分自身をきっちりしていこうと決めてみた



009215.jpg


夏休み最終日。診察で最近の出来事と自分の心理状態について話してきました。

主治医からは一つだけ。

「じゃあ、どうしていきましょうかね」





先生さすがです。やっぱあんたスゴイ。

あくまで中立の立場で、患者を“甘え”させず、問題解決に向かわせる質問。

まじリスペクトです。


そのとおりですね。

さーて、どうしていきましょうかね。



よし、もういちど自分の行動から見直そう。
朝の過ごし方しっかり習慣化しよう。
そのために休職中にやっていた行動記録を再開しよう。

よし、アプリに任せてしまおう。

Moves
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ライフスタイル



一日の行動を自動で記録してEvernoteに残そう!行動ログアプリ『Moves』と『MovesNote』の組み合わせで簡単にできちゃうぞ | iPhoneひとすじ! かみあぷ速報
自動で1日の行動を勝手に継続記録してくれる素晴らしいアプリ。入れない理由はありません。





こいつは歩数もカロリーもわかるし、どういう行動をしていたかバッチリらしい。

バッテリーの持ちは気になるけれど、まあ良しとする。

このアプリでオシリを叩いてもらうことにしましょう。



これ以上は落っこちてられないし、どこまでやれるかわからないけど。

前向きに解決の方法を探していく事が大事。

頑張っていこう。



ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

否定も肯定もしないで「じゃあ、いっしょに考えようか」


否定も肯定もしない


Evernote Snapshot 20140817 070954
クリックで拡大



だが、前回のことで、私のほうも少しは学習していた。
否定も肯定もせずに、「ぼくもよくわからないから、一緒に考えてみよう」。そんなふうに答えて、ともあれ母親を“見放され感”の中に追い込まないようにする。すると、むこうも少し落ち着く。
(中略)
こちらは否定も肯定もせずに、母の話し相手になる。それを繰り返すうちに、落ち着いて普通に話ができる期間がしだいに長くなってゆく。




はっとしました。

これですよ、これ。探してたのはこういう生き方です。


人は忙しすぎるから、ギモンや問題に対しての答えが欲しい。解決したい。最短の道を歩みたい。効率よく物事を運びたい。

年とともに生活はラクになりたいし、できれば理想的な家庭を築きたい。

生まれてきたからには何らかの成功を修めたい。意味のある人生を送りたい。誇るべき実績を積み上げたい。


もっとハッキリと言うならば。

心の病という「負のレッテル」を取り除きたい。

早くあるべき姿に戻って「普通の人」になりたい。



本当にそうでしょうか?



うーん・・・

「よくわからない」って実はいいことじゃないのかな?





ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

上司「それはどういう事を想定してやってるの?」自分「うっ・・・」


吐き出しただけ、それだけでラクになりました


f183475daa78a660b8087050bb8aecc4_s.jpg

悩んでいることを悩んでいるままに話せる相手がいたよぉーヽ(=´▽`=)ノ


きのう病院のリワークに顔を出してきました。卒業したあともふらりと立ち寄っても良いですよと言われていたこともありますが、今まさに自分にとって必要なことだと思って。

また、人事担当の方とも電話で率直な思いを話しました。


するするっと気持ちがラクになり。

話ができるっていいですね。

こんなにありがたいことはありません。

傾聴し、同調し、認めてくれるだけでいいんです。

たったこれだけのことを求めていたんだよ・・・ぐすん。



「試行錯誤」ではダメなんですか・・・ダメなんですね


b0f069cec859443f416ed510d65e6726_s.jpg

職場では「課題をいかにして解決するか」ということに力が置かれます。

売上高だったり、稼働率だったり、平均値だったり、そういった指標と現状との差があったならば、それをいち早く解決するための策を検討し行動する。そして得られた結果を確認して次の行動を検討する。PDCAってやつですね。

自分の経験からは、「頭の切れる」人のいる現場はPDCAのサイクルが早く、失敗をものともせず、成果を得ることに長けています。

職場でPDCAが浸透していること。
そこは自分たちのようなコケちゃった人にとっては大変苦労するところだと思います。

それはこういうことです。療養中の最大の関心事は自分の体調です。今日はラクかダルいか、起きた出来事に対して自分はどう思い対処したか、昨日よりも回復しているか。その視点はつねに自分への内向きの働きであり、取る行動は自分に効果のあるアクションであり、それが実際に良い効果をもたらすかハッキリしないという試行錯誤です。

対して現場では単なる試行錯誤は無駄と考えます。まずはじめに現状を把握して、つぎに改善する案を複数用意し、そのなかで一番実現可能性の高いものを選択し、PDCAでは実行の前に成功と失敗の基準やイメージを明確化します。実際に実行する段階では「行動あるのみ」です。

このように試行錯誤とPDCAは似ているようで異なっている。

スタンスの違いが自分と職場との間に違和感を生むのだと、そう思います。


「で、どうしたら良いの?」って聞かれたって、それで答えられたら世話ないですわ


029462.jpg

上司とこんな話になったことがあります。

「それは分かった。で、俺はどうしたら良いの?」
「かなり仕事量は配慮しているつもりだ。だけどそれがストレスで重いというなら、考えなきゃいけないんだけど・・・」



「重いとかは思ってはいません、少し仕事の量は多いなと感じることはありますが、こなせる範囲です。それがストレスであるかまではちょっと・・・慣れてないだけかもしれないですし、やっていけば何かペースもつかめるかもしれないです・・・今は何とも言えません。」



「それはどういう事なの?だっていまやっている仕事だって本来でいえばもっとやって欲しいと思っていることもあるんだけど。いまイッパイイッパイにですって言われるのも困るんだよね。どんどん進めていって欲しいと思ってるんだけど、それは厳しいと言ってるんでしょう?それって問題だと思わない?例えばこちらからもっと歩み寄っていけばいいって話?ほんとうは君からそれは今重いですとか、そういうことをダイレクトに言ってくれたほうがいいんだ。何なら今話してもらってもいいんだよ。そうしたら解決に向かうと思う。」




上司と自分のスタンスの違い。

それは歩み寄るにはとても大きな・・・



ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

うつの再発。戦うのに必要なのは「自分を認めること」


ダメになりそうになったら・・・「出来る」ところまで戻ればいい


064547.jpg

皆様。お元気ですか。

ただいまウツ真っ最中です。

せっかくの土日でしたが全く気力回復ならず、ずっと頭の中は仕事のことや上司からの言葉がグルグルと回っていました。気晴らしとかリフレッシュなんてあったものではありません。

昨日はとうとう、仕事をお休みしてしまいました。
会社に行く気力がまったく起きません。
トイレに行くことも億劫で、1日のほとんどベッドの中。横になって寝ているだけでも疲れてしまう有り様です。

どうしてこうなった・・・(´・ω・`)



頼りのクリニックはお盆休み。
幸い、今日から1週間はあらかじめ予定していた夏休みですから、この猶予の時間を使ってなんとか復活を目指そうと思います。



「思考のループ」に押しつぶされないこと


671a2afc3aa772b2916ea183e6b10190_s.jpg


迷惑をかけちゃった・・・どの面下げて仕事に戻ろう。
これで二度目。いや何度目だ?
すっかり「お荷物社員」になってしまった・・・
こうして繰り返し、どんどん自分自身で「居場所」を失ってしまう。



いかんいかん。こんなネガティブな思考はストップしなきゃ。
このままでは再休職にまっしぐら。それだけはいかん。
思考のループを止めて、いちばん低いレベルから再確認するんだ。

追い詰めたのは環境のせい。自分のせいじゃない。
まずはそう考えよう。



次に、出来ていることに注目しよう。

朝起きられないけど、夕方からは行動出来る。
ちゃんと毎日シャワーを浴びて、身だしなみには気をつけている。
毎週やると決めた家の掃除をできている。
寝る時間を守れている。

よしよし。

もっかいここから。ここから。。。



ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

復職にある二つの道。元の職場か?別の職場か?


「復職のセオリー」にあえて逆らってみたほうがいい


d7937d8ba9ec151b13ec4d4eedaef841_s.jpg

復職して3ヶ月が経ちました。

実は7月から現場部門に異動がありました。元の上司の居る所ではなく別の現場です。

現場部門に戻ったことで、元の上司(ほぼ同じ場所に居る)と顔を合わせたり、話しをする機会は増えましたが以前ほどの緊張や感情の揺らぎは起こりません。ゼロとは行かない所はありますが許容範囲内です。

復職は成功した。そうハッキリと感じています。



復職の理想としては元の職場に戻ることというのが一つの決まりになっていると思います。

うつに関するどのような本を開いても、そう書いてあります。


限定的ですが、自分の経験から言って元の職場に戻るほうが再発防止リスクは高いのではないか、と感じています。


元の職場に戻るということは、顔見知りの居る場所に戻るというメリットがありますが、それと同時にストレスを生んだ場所へ再び飛び込んでいくというデメリットもあります。

迎え入れる側としては前者のほうがいいでしょう。ですが当事者としてはそうはいきません。
疲れきった精神を生活出来る程度に回復することと、ふたたびストレスを受けても壊れない状態を保つこととは全く異なる意味を持ち、その断絶は想像をはるかに超えるものです。

ココロを喪失するほどに強い心理的恐怖を受けた人に、
一度死ぬ目にまで落ち、絶望の底で這いずり回った人に対して、
もう一度その場所まで戻って立てと言えるでしょうか。
自分は、とても出来ません。
まともな人間の所業ではない、とさえ思います。


うつからの復帰は、当事者の立場に立って、別の職場として欲しいです。



ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

1年間のうつ病生活で学んだ、本当の「人生の選び方」


かつては「認められたい」「何か意味のあることをしたい」からスタートしていた


bb4e5b8b5e641787c7eeeb40598a4b86_s.jpg

うつになる前から、そしてうつになっている間、復職したあともずっと一つのことを考え続けていました。

「承認欲求」とはなにか。「人生の価値」とはなにか。

はたして自分は「価値ある人生を送っているのか」




子供の頃は親からは勉強に励み試験でよい成績を修め、学校のルールや家のしつけを守り、言われたことを守ることが自分の全てでした。

一人暮らしを初めてから一番大切にしていたのは教えられたルールやしつけを守り続けることでした。

会社に入ってからの行動基準は、先輩や上司の背中から学び、年下からも教えを請い、2度同じ質問をしないことでした。



人生に「プライド」なんて邪魔なモノでしかない。

「素直さ」だけが最も大切なんだ。


本当にそう信じていました。



だけど、それが自分の価値だったんだろうか・・・

知らないうちに、自分を壊してなかったか・・・



人生とは、仕事とは「自己満足」であるべき


concentrical-152573_640.png

振り返ってみれば、判断基準のすべては「他人からの言葉をいかに実直に守るか」でした。

人から言われたことをやっていないから、出来ていない。

自分にとっての「達成」とは、請けた仕事を正しく遂行することでした。




本当の基準を知らなかったのです。



正しい判断基準はこうです。

「自分に心からの満足感があるか。
 そこに達成感はあるか」




たとえば、ボランティア活動や募金への協力といった誰かを助けたことで得られるような「いいことをした感」。

その一瞬だけ感じるような満足はまやかしです。ちょっと報酬系が動くだけです。



「自分にとっての満足」=自己満足。

 やるべきこととは、自分がいちばん喜ぶこと。





満足の比率は常に「自分>他人」


see-saw-339506_640.jpg

他人を無視して自分のやりたいことをやる、ということではありません。

判断に迷ったら、最終的には自分を選ぶということです。

他人の利益もちゃんと考えた上で、ちょっぴり自分の利益のほうが多い。


ジレンマに陥り、思考のループから抜け出せなくなった時。
あなたを救いだすための公式。それは「自分>他人」

大丈夫、信じられないかもしれませんが。

みんなそのルールで生きていますから。






ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

睡眠の悩みと、それを問題に変えない、ある工夫のこと


眠りが悪いことが一番の悩み事


281ab7afd43f19c3c3ab93510c9dcb7a_s.jpg

睡眠が安定しません。

復職当初はこんな感じ。
平均睡眠時間が4時間半と少なめですがバランスよく眠れています。

IMG_1398.png


それが先週がこんな状態です。
寝付き悪い、睡眠が浅い、中途覚醒が多いという惨状。
平均睡眠時間が3時間というのが恐ろしいです。
日によって2時間台というのもあります。

IMG_1399.png


今週。
寝付きはマシになりましたが、睡眠の浅さは加速してます。
睡眠時間の短さも相変わらず。

IMG_1400.png



これでダメになっているかというと、日常生活に支障は出ていないのです。

気が張ってるからでしょうか・・・?

わからないですけど。



落ち込まないコツが効いている?・・・「できている自分を褒める!」


a440cec54e171b75c1a36de8438a95a2_s.jpg

ずっと気をつけているのは眠れないことで落ち込まないということです。

それより、毎朝ちゃんと起きて、家から出かけていることに対して、自分を認めて褒めています。



こんな当たり前のことがちゃんと出来ている。自分はスゴイ!!



睡眠の問題は、主治医に相談するとして、

そのうちになんとかなるでしょう。



5月12日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    午後からのお偉いさん会議の資料で終始バタバタ。

  • 午後に行ったこと
    一転、ヒマヒマ。

  • 気付いたこと、思ったこと
    気が緩むと一気に眠くなる。睡魔と戦っていることが周囲にもろバレ。

  • 今後の課題
    まあ、仕方ないですね。とくに注意もされていないので、自分も気にしないことに。

ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
   ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へメンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

あなたのココロを締め付ける「完璧主義」という落とし穴


ガツガツ掃除をしていて、ふっと思ったこと


vacuum-cleaner-268179_640.jpg

休日になると決まってやるのが家の掃除機がけです。

休職中になんとなく習慣になったのですが、最近は平日からいろんなところのホコリが気になりはじめ・・・土日となればもう朝から気になって止まらないんです。

だけど、自分は本来「メチャクチャ面倒くさがり」な上に「一度気にしたら止まらない」性格です。

この二つの性格は相反すると思っていたのですが、急にふとヒラメキました。





なにか事を行うためには、道具が必要だと思って、買い集める。

あれも・これもとやりだす。

一つの汚れが見つかると、キレイになるまで気になって仕方ない。

どこまでやるかの基準は無く、「疲れたら」という謎の頂上めがけてマッシグラ。

ゴールなき完璧主義。これウツな自分のこと。



気楽にやれば「いい加減」になれるかもしれない


033502.jpg




では、そのボーダーラインはどの辺でしょう?

これがハッキリすれば、いろんなことが決められそうです。

今回思いっきり、勝手に決めてしまいました!



その「いい加減」とは「75パーセント」のことである!


percent-99376_640.jpg

目指すところは75%です。

根拠は8割だと一杯に近いし7割だとまだ余裕がありすぎるから

どうですか?すでにこのファジーさ。いい加減です。

気の済むまでやってしまう、という気持ちはグッとこらえて、

手を抜くのとは違います。75パーセントの力で通常の事をこなせるようにしておけば、残りの25パーセントを“頑張りマージン”にできるということです。

いつも少し余裕を持って、少しいい加減さを持って。



いい加減が、ちょうどいい加減。



5月4日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    友人が子連れでくるのでその迎える準備をしてました

  • 午後に行ったこと
    友人のおもてなし・・・というのは表向き。

  • 気付いたこと、思ったこと
    昨日=5/4のこと。





  • 今後の課題
    やっぱ、たまには手を抜かなきゃね。


読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

復職してのはじめての「おサボり」でわかった、サボりのススメ。


人間ドックの帰り道は、お客様のオフィス近くへ


463c82e681d1a23fc62dc63827f5a1fb_s.jpg

復職後はじめての有給休暇をとって、

人間ドックのため新橋まで行ってきました。

検診の帰り、あまりにも天気がいいので寄り道を思い立ちました。

日比谷通りを東京タワーを見ながら増上寺を過ぎ、芝公園の中をくぐって三田の慶応義塾大学前を通り、そして田町駅まで1時間ほどの距離。

PPU_miagerutokyotower500.jpg



このコースは、よく訪問していたお客様のビルの前を通ります。

時間はちょうど12時。

お昼休みのビジネスパーソンが続々とビルから出てくるのをみて、

すこしだけ心に抵抗を感じました。
歩くスピードが落ちたくらいの心の引っかかり。



あの頃は…辛い気持ちを押しとどめてた。
何も言えなかった。それでも笑顔でいなきゃと思ってた。



もし、もし、ここで知ったお客様とばったり出くわしたら…。


PAK86_biru500.jpg


「別にどうってこと無いさ」


あの時はあの時。ただ、それだけのこと。




はじめて「サボり」をした気がする


a8350db0b7dfd10c0e7620aea8c6f90f_s.jpg

平日の休みをこうして歩いていたら、ふっと休職の頃の自分に戻れた気がしました

いい息抜きができました。

働いているときは目の前のことに一生懸命。自分のいまの状況というのは見えにくいです。

こうした「平日のおサボり」体験を重ねることは、今後もとても大切になるでしょう。




忙しい時でも、堂々と休みを取る。

普通に休日だけ休んでいると得られない「サボり」感。

これは必要だと思いました。



4月16日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    また新しいグラフの依頼が。今回は少しややこしい。
    何がいいたいグラフなのか明確にしないといけないとこが一捻り。

  • 午後に行ったこと
    打ち合わせ。ちょっと大きめのミッションを貰いました。



  • 気付いたこと、思ったこと



  • 今後の課題
    意気込まない。そこが難しいところ。


読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

ウツの時にやってしまった「自分イジメ」はもうしない


今後も「正しく落ち込む」ため、いまのうちに整理しよう


4347e64884773991d583f00468bb21fe_s.jpg

またいつかウツになると思うので、失敗した経験もきちんと理解しておきたいと思います。

もう、こんな辛いこと、やりません・・・



やっちゃいけなかった…自分を切り離す


d9d285f0da31658402ba0ae563eacc42_s.jpg

上司からの指摘や叱られたとき、膨大な仕事の量に絶望したとき、
とてつもなく混乱したときには、

「仮の自分」が辛いだけ。辛いのは別の自分。
傷つくのは仮の自分だから。
だから、本当の自分はそっと閉まって、嵐が過ぎるのを待とう。


壊れたのは仮ではなく、本当の自分のほうでした。
初めから自分でした。



やっちゃいけなかった…落ち込んだ気分を噛みしめる


86048a3485e31a0e32997b46e69cdf52_s.jpg


自分が落ち込みやすいということは数年前からなんとなく分かっていました。
1年に数度、おおきく気分が落ち込んで浮上できないことがあります。

「放っておけばいい、そのうち落ち込むのに飽きるさ」

そんな風に思ってウツな気分のまま、ウツウツと生活していました。
確かに3日もすればウツも底打ちして「よしイッチョやるか」って反転したのですが、

今回の波はとても大きく、まったく気分が浮き上がらずに下がる一方。

「どうして?どうして?なんで反転しないの?」

そんな風に戸惑っているうちに、気持ちが完全にゼロになっていました。



人間は感情の生き物。ロジックじゃない。
それを絶対に忘れないで生きていこうと思います。




4月12日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    家の掃除機がけ。もう恒例行事になったな。

  • 午後に行ったこと
    ちょっとしたお買い物。

  • 気付いたこと、思ったこと
    平日と休日で、起きる時間、行動する時間・寝る時間が変わらないよう気をつけた。
    いままで休日とは休んでいいと思ってたけど。
    この1年間で生活のリズムを維持するということがとても大切だとわかったから。

  • 今後の課題
    無理しない。ほんっっっとに無理しない。


読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

検索フォーム

カレンダーから記事を読む

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事です

読まれている記事

タグクラウド


閲覧数ランキング(にほんブログ村)

プロフィール

うつぶたさん

Author:うつぶたさん
Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
いまでもうつの再発の不安を抱えています。
気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
よろしくお願いします。

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。