スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

どこに行くかわからない、人生の旅。おだやかに、おだやかに。


忙しく、してませんか?


2da4046d848aec38a365a3664f020297_s.jpg







ふっと思い浮かんだ歌がありました。



このフレーズがとくに印象的です。

喜びが川となり
悲しみは虹を呼ぶ
道なきぞこの旅だけど
でもこんなに上手に歩いてる
(作詞・作曲:桑田佳祐)



f2a43b356c8ad3b169c633b61d129872_s.jpg

忙しい世の中だからこそ、この歌のように。

おだやかに、おだやかに。

ゆっくりと人生の旅を。






5月16日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    またも、資料の作成。3つくらい。

  • 午後に行ったこと
    比較的、のんびりと出来たきがする。(気がするだけ)
    もうヘトヘトすぎて、定時で退散しました。

  • 気付いたこと、思ったこと



  • 今後の課題




ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
   ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へメンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

自己犠牲は人間が生き残るための「知恵」である


「自己犠牲したい病」って、もしかして誰にでもある?


e76d8fdd6f738c56bbfb0bd12e04b403_s.jpg

何度もなんども感じることですが、自分は「困っている人が居て、自分がそれを助けることができるなら、自分のことは後にして人の手助けをしてしまう」という性格です。




自己犠牲で利他的。聞こえはいいですけどロクなことがありません。

どうしてこんな考えを持つように至ったのかも分かりません。

きょう、ふと「自分が危機的状況な程に思いが強くなる」ということに気づきました。










だけどこの性格のクセ。理屈とか条件反射とかそういうレベルではなく、ほとんど衝動的なんです。

まるで人間が本能的に持っているかのような感覚です。



仮説:自己犠牲は人間が生き残るために身につけた「知恵」


9ea98084eb27c8eddbc9fd71c0c0a024_s.jpg

人間という存在が食物連鎖の下位にあった太古の昔。

人間同士の争いにさらされる環境。

死に至る感染症の流行。

今まで人間は、生物として危機的状況になんども遭遇してきました。

数知れない危機の中では、自分ひとりの命よりも「種としての維持」を優先させる事態があったことは間違いないでしょう。

人間の営みの中で、「自分はもう長くないことが本能的に分かったときは他者を助ける」という選択をしてきた知恵が、自己犠牲であり、利他の心ではないでしょうか。

この仮定を前提にすれば、「自己犠牲したい病」とは「自分の危機のサイン」である。そう思えるのです。

本当にそうならば、自分が発信している危機のサインに気づき、必要な対策を取ることも可能です。

つまりは、こういうことです↓




5月7日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    連休明けから1日経つにもかかわらず、休み前までの仕事の続きを思い出せない。

  • 午後に行ったこと
    外出と会議でほぼ、消えてしまいました。

  • 気付いたこと、思ったこと
    クールビズ期間なんだけど、もうしばらくは暖かめの格好にしておく。
    薄着して風邪引くと困るから安全な側に振っておくのだ。

  • 今後の課題



読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

「入口のドア、開いたままになってます・・・」


小さな提案が採用された・・・嬉しい


3e4e3c8ee7acec0f3ceb7cee5f03c98a_s.jpg

うちの会社のオフィスはテナントビルの中です。
4畳半ほどの小さなエレベーターホールには、オフィスのドアと非常階段のドアの二つがあります。

先週、オフィス側ドアがいつも閉まっていないことに気づきました。
おそらく気圧の関係だと思います。ドアに指が入るくらいのスキマが開いたままになっています。


「あの入り口のドア、なんですけど・・・」

先日、そんなことを仕事中の雑談で口にしました。



そして今日、出勤してみたら。ドアに掲示が。

「閉まっているか確認しましょう」





「居場所がある」と思うためのロジックがある


496b7fe6207322464ed5b3862d52d0b3_s.jpg

何気なく話した事が採用されて、改善されたのです。

とても嬉しい。


「自分の意見は否定されない」

「自分の話は聞き入れてもらえる」

「自分は周囲に役立っている」

「自分の行為は正しいと感じる」



この要素が実感をもって確認できたときに、「居場所がある」と感じます。


同時にこのロジックが逆に働いてしまったときに、人はクライシスに陥るのです。



居場所づくりは、自分ひとりではできないです。

周囲の人から認められ、受け入れられること。

リワークへ通ったときに感じたのも、この「居場所がある感」でした。

この職場で、実体験として確認できて良かったと思います。



4月17日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    会社はお休み。
    健康診断でございました。

  • 午後に行ったこと
    耳鼻科にいきました。これでまた1ヶ月間アレルギーの薬ゲット。

  • 気付いたこと、思ったこと



  • 今後の課題




読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

復職してのはじめての「おサボり」でわかった、サボりのススメ。


人間ドックの帰り道は、お客様のオフィス近くへ


463c82e681d1a23fc62dc63827f5a1fb_s.jpg

復職後はじめての有給休暇をとって、

人間ドックのため新橋まで行ってきました。

検診の帰り、あまりにも天気がいいので寄り道を思い立ちました。

日比谷通りを東京タワーを見ながら増上寺を過ぎ、芝公園の中をくぐって三田の慶応義塾大学前を通り、そして田町駅まで1時間ほどの距離。

PPU_miagerutokyotower500.jpg



このコースは、よく訪問していたお客様のビルの前を通ります。

時間はちょうど12時。

お昼休みのビジネスパーソンが続々とビルから出てくるのをみて、

すこしだけ心に抵抗を感じました。
歩くスピードが落ちたくらいの心の引っかかり。



あの頃は…辛い気持ちを押しとどめてた。
何も言えなかった。それでも笑顔でいなきゃと思ってた。



もし、もし、ここで知ったお客様とばったり出くわしたら…。


PAK86_biru500.jpg


「別にどうってこと無いさ」


あの時はあの時。ただ、それだけのこと。




はじめて「サボり」をした気がする


a8350db0b7dfd10c0e7620aea8c6f90f_s.jpg

平日の休みをこうして歩いていたら、ふっと休職の頃の自分に戻れた気がしました

いい息抜きができました。

働いているときは目の前のことに一生懸命。自分のいまの状況というのは見えにくいです。

こうした「平日のおサボり」体験を重ねることは、今後もとても大切になるでしょう。




忙しい時でも、堂々と休みを取る。

普通に休日だけ休んでいると得られない「サボり」感。

これは必要だと思いました。



4月16日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    また新しいグラフの依頼が。今回は少しややこしい。
    何がいいたいグラフなのか明確にしないといけないとこが一捻り。

  • 午後に行ったこと
    打ち合わせ。ちょっと大きめのミッションを貰いました。



  • 気付いたこと、思ったこと



  • 今後の課題
    意気込まない。そこが難しいところ。


読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

なぜ自分は会社を辞めなくて良かったと思えたか


もうこの会社にはいたくない!と思った理由ランキング上位から見えたこと


400027041cc82d2f7cee1d2f4066dbe9_s.jpg

リクナビNEXTが興味深いデータを示しています。

会社を辞めた理由の多くが「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」というもの。

退職理由のホンネランキングベスト10/リクナビNEXT[転職サイト]
転職経験者の退職理由のホンネ1位は…「上司・経営者への不満」でした。その他についても職場の人間関係に関わる理由がほとんどという結果。



つまりは上司・経営者のことを信頼できなくなったから。というのがホンネだということでしょうか。

これについてちょっと思い当たることがあるので考えてみました。



「上司のことが信じられなくなった」瞬間


6cdedf7d742fae392f5ccbd15c26e8e1_s.jpg

こういう人が上司だと、自分は信頼することが出来ません。


  • いつも無表情(顔だけでなく、電話の声のトーンなども含め)

  • 人によって態度を変える

  • こそこそ話をしている

  • 部下の電話に聞き耳を立てている

  • コミュニケーションは数(部下に対して声をかけた回数が多ければいいと思っている)

  • 自分の価値観や仕事の優先順位への考え方を押し付けてくる

  • ミエミエのえこひいき。評価の高い人にはやたらと褒め、評価の低い人には何でもいちゃもんをつける

  • 本当は感謝してないのに、ありがとうと言っている。

  • 良い結果には評価をするが、努力やプロセスには評価をしない。



挙げてみればもう、人としてどうなの?というレベルですね。

自分が何を言いたいかというと「管理職・経営者になってしまうと、どうしても業績などの数値目標の達成や、事業を成功し続けなければならないなどの複雑な要素が絡んできてしまうため、もともと人が持っている弱者への優しさや心づかいといった面が疎かになったり、使い方を誤ってしまう」ということです。

これは自分の管理職経験から痛感した事です。
よほど注意を払っていないと、なぜか出来なくなってしまうのです。



誰もがイヤな上司になりたくないです。(ハズ)

なので、もっと経験を積んで、実践で学んでいく必要があります。

何よりもまずは、「いつもの自分」で職場生活を送れるようにします。



4月3日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    あちこちの情報を漁ってました

  • 午後に行ったこと
    別の部署の方にヒアリングして資料に盛り込み。いちおう完成しました。
    与えられたミッションは済みました。

  • 気付いたこと、思ったこと
    さいごの傷病手当金請求書を作ったけど、病院で記載してもらわないといけない。
    だけどクリニックは平日のみ。うーむ。ちょっと方法を考える。病院へ郵送するか?

  • 今後の課題
    元気な日は新聞は溜め込まないで、流し読みでもいいから処理する。
    ストレスのサインが分からなくなるから。


読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

復職初期の休日。溜まった家事よりやることがある。


考えたこと① 自分はどんな“いろ”なのだろう?


d8a28b36b7e0d489ccc177cc4fc3f13b_s.jpg




つまりこれが自分のカラー…私の強み。そういうことですねマスター。



考えたこと② 明日からの課題を考えよう!(というか昼寝した)


f37eac42fe7f1ff0d0c4c9adeb3cc787_s.jpg




悪夢だった…はあはあ、夢でよかった。





きょうの教訓。
どんなことからも学びがある。



※ニコニコ動画でバイオハザードを見てました。


3月29日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    二度寝。11時まで寝た!

  • 午後に行ったこと
    掃除、フロ、車のメンテ。

  • 気付いたこと、思ったこと
    ついでにやれるものだけ、やればいいや。いまやる必要がないことは全部保留。

  • 今後の課題
    ぐうたらする。可能な限り手を抜く。手を抜くために頭を使う。



読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

プロセスこそが最も大切なんだとあらためて思う


休職期間を振り返ってみると良いことばかりだった


b4d481d38ca63e8cb70cb64118b3801f_s.jpg

明日からいよいよ復職です。およそ1年の間治療を続けてきました。

昨日の記事で振り返ってみましたが、そんなに悪い1年じゃなかったと思います。
休職期間を振り返っていままでの自分とこれからの自分│そのままがいいんじゃない?この記事のはてな被ブックマーク数


さらに一歩考えをプラス方向に考えて「どんなことが出来たか」を考えました。



四季を堪能できた


8401ceb86adee44b7719fa927ba5ca54_s.jpg

毎日のように近所の公園に通いました。

そこでは木々や雑草、虫や鳥や花がちゃんと季節を彩っていて、雲も空気も変わってゆきました。

あるとき夕暮れ後の空に動く光を見たのですが、それが人工衛星と分かったことがあってすごく驚いたり、初夏の間ずっと公園のビワの実を採って食べまくったり、芝生に生えていたキノコを食べてみたり(真似しちゃダメ!)、山の湧き水のクレソンを採ったり。スズメバチの巣を発見したりもありました。

気持ちが全然上向いていなくても、何かの発見や驚き、興味というものが湧いてきました。

そんな自然の中にある四季の移ろいや、小さな発見を繰り返すことで、暮らしという漠然としたものを捉え直すきっかけを貰えたように思います。



時間の流れがゆっくり感じた


fa35240880265302eba2b0f7cd232da8_s.jpg

時間がいつまでも過ぎていかない辛い時期もありました。家で寝ていることしか出来ない日々もありました。

だけどそれ以上に多くの時間が自分の為に使うことができました。

昨日も今日も同じことしかしていない。だけど少しずつ成長していく。

そんな日々がもう一度来るなんて思いもしませんでした。

この1年間が、数年分くらいに感じました。
(これを逆に言えば、1年の休職で済んで、本当に良かったとも思います…)



新しい仲間が増えた


295725420296e813a1e95d105ca1aa5f_s.jpg

デイケアに通うようになってから、心の病を持つたくさんの仲間と出会い、

同じ時間を過ごすことができました。お互いに共感できることや、

気付きになること、新しい発見がたくさんありました。

似た症状を経験し、同じ悩みを持ち、ともに病気と向き合っている、その事がどれほどに心強く感じたか分かりません。

新しい友人も出来ました。離れていてもメールの少ない文章でも構わない。

素直な心で居られる本当の友達。



たくさん考えることができた


62e4459f3ba39f4f91a523b06e434053_s.jpg

何も出来なくて辛い思いをしていた頃も含めて、とにかく考えまくりました。

そして思いついたことや気付きを記録しまくりました。

これほどに自分ことを考えていたのは相当久しぶりです。

いまこの年齢でぜんぶ棚卸しができた。そのことが大きな成果です。



新しい気晴らしが見つかった


dff6109aadae8eefbbd1190a56463a33_s.jpg

色々と試す中で、ウツウツとしたときやヤル気が起きなくても出来ることが見つかりました。

それらは皆、新しい気晴らしやストレス解消の元となっています。
ずっと家にいるしかない状態を楽しむコツ│そのままがいいんじゃない?この記事のはてな被ブックマーク数



これからはプロセス重視、試行錯誤こそが大切に思えそう


77e21903e8afb2f7bd834a0b28ef5d2f_s.jpg

忙しくて忙しくて大変な時代。

どんなことでも最短、最適、結果重視の世の中で生きてきました。

結果重視の視点で見れば、うつ病になったことは【失敗】です。

だけど、うつになっていた間に出来たこと、治療のプロセスの中で気づいたこと、試してみたことを思うと、全くそうは思いません。

キラキラしていて、とても自分らしく居られた期間だったという確かな感覚があります。

うつでダメになったというプロセス、失敗したという結果も、これからは同じことを繰り返さないための大切な教訓です。



どんなに周りが最適、最短ルートを求めたとしても、これからの自分はプロセスを大切にしていきたいと思います。

復職に向けての言葉。



3月24日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    復職プログラム(デイケア)参加

  • 午後に行ったこと
    診察とお買い物。リワークは午後お休みしました。

  • 気付いたこと、思ったこと


  • 今後の課題




読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

うつは生物が獲得した生きるための知恵であるという


人はなぜうつになるのか。うつの正体とは。


e9159613c7c1e1da7b2d7583e928744d_s.jpg

金曜日の診察のあと、うつ病講演会に行ってきました。

そもそも、なぜうつになるのか?という問いに対する野村先生のお話とても参考になりました。

「ゆううつ、不安というものは人間にとって生きるために欠かせない心の働きです。ゆううつや不安というものは、進化して残ってきた太古の叫び声だと思っています。」

「たとえばミミズも不安というものを持っています。ミミズの前に障害物を置くとその先がわからなくなるため避けるように動きます。このように生き物はもともと不安によって危険を避ける能力を持っています。」

「ダーウィンの進化論的な話ですが“臆病なウサギ"の例もあります。昔ウサギには臆病なタイプと勇敢なタイプがいました。勇敢なタイプは天敵であるキツネも怖れなかったため食べられて消えてしまいました。臆病なタイプは常に不安がり、危険なキツネから逃れて子孫を残すことができました。そのためウサギはみんな臆病なのです。」

「ゆううつというものはどのような役に立っているかというと、一つは立ち止まって休むということ。二つめは立ち止まる、つまりやり過ぎないようにブレーキをかけるということ。三つめはあきらめること、リセットして別の方法で再スタートをするということ。四つめは動かなくなることで助けを求めようとすることです。」

「生き物は他者が弱まったときに助けようとする本能を持っています。たとえばペリカンがそうです。ペリカンというのは普段はとても利己的です。自分が得た餌を絶対に他に分け与えたりしません。しかし飛んでいる仲間が急に元気がなくなってしまうと皆で助けようとします。このような他者を助ける本能、助けを求める本能を、生物はもともと持っているのです。」



危険な状況から生き残るため、人はうつになる


0ce2deaca74f4cb7ca5ac564fe87cc02_s.jpg

生き残るために必要な心の働き、生物の本能という話はとても納得させられました。

自分のことを振り返ってみると「いまここで死ぬしか他にもう助かる手がない」と考えていました。

危機的な状況から逃げ出そうという考えと、なんとか自分の命だけは守りぬこうという考え。(不安)
そして誰でもいいから今すぐ助けだして欲しいという願い。(ゆううつ)

これらの心理がうつの根本だと気づかされました。


NHKスペシャル|病の起源第3集うつ病 ~防衛本能がもたらす宿命~
どうしてうつ病になるのか、それは生物そのものに備わった機能であり本能であると紹介されていました。




よかった!うつは自然なことだったんだ!


cbf71d5bb59cb5d4997d232d2844b8e0_s.jpg

マジメで堅物。お人好し。心が優しくて素直。
人からの頼まれ事を断れない。仲間との関係を重視する。
問題があったときは自分に原因を求めようとする。
自分と仲間と共に成長することを求める。
でも自分の命はとても大切に思う。


うつはとても自然なことだと知り、すごく勇気づけられました。

何日も寝たままで何もする気がなくなり動くができなくなった事も、

いちばん迷惑のかからない自殺の方法を考えていた頃も、

すべての人間関係をリセットできないかと転職を考えたことも、

うつという心の自然な働きであると受け入れることができました。

とても感謝しています。







3月14日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    予定その1:図書館。

  • 午後に行ったこと
    予定その2:デイケアの催し物に参加
    予定その3:精神科の診察
    予定その4:講演会

  • 気付いたこと、思ったこと



  • 今後の課題




  • 読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
            ↓
    メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    関連記事

    おせっかいな自分を変えた、ある体験


    卒業する仲間からもらったプレゼント


    c82616cb51996bff8579ebe083a89584_s.jpg

    リワークは“復職”という明確なゴールにむかって、みんな毎日頑張っていて、

    だいたい3ヶ月くらいで卒業していきます。

    そうなんですが、自分は気づけば7ヶ月目。ずいぶんと居座ってしまいました。



    今回は、卒業していったある方からとても大きなプレゼントを貰った事について。

    それは…

    「温かく見守る」ということの大切さ。



    「助けてあげたい!」「助けなきゃ!」


    3adfcfeadc39cddb2165af179ca7a1ac_s.jpg

    Aさんという、復職の話が急に進んで卒業していった方がいます。

    Aさんはとても強い復職意欲を持っていたのですが、体調を崩してデイケアに来れない日がよくありました。

    横で見ている側からすれば、Aさんの体も心も、まだ準備が整っていないのは明らか。



    「このまま復職したって、失敗するに違いない。」

    「エールの意味を込め、何かしてあげたい。」

    「Aさんがいつでも戻ってこれるよう、言葉をかけてあげたい。」

    「せめて、Aさんがしたかった事を叶えてあげたい。」



    自分はそんなことを考えてばかりで、何かにつけてAさんに手助けをし、

    気遣いの声をかけていました。



    Aさんの卒業が迫ったある日、とうとうガマンできずにAさんに訪ねました。

     自分:「Aさんの最後の日は、スキなことをやろうよ。何がいい?」


    しばらく考えたAさんは、こう言いました。

     Aさん:「ええと… あの… その… いつもの日がいいです。」



    何も言わないで見守るという【関わり方】


    bd86565f0fb21e7c059c8d5d745555e7_s.jpg

    衝撃的でした。

    「いつもどおりがいい」

    Aさんの望みはそれでした。



    何も言わないで、優しく見守る。

    温かい目で放っておく。

    そんな関わり方があるということに、はっと気づいたのです。

    それまでの自分は、積極的に関わることが良いことだと思い込んでいました。



    共にいるだけで励まされるということ


    44e7e5d785e853ea809aef8fd964b7a6_s.jpg

    Aさんのリワーク最後の日。

    自分はAさんにいつも通り挨拶し、いつも通り別れました。



    心の病の治療は、ひたすら自分自身と向き合う状況に置かれます。

    リワークで同じような境遇の“仲間”と一緒の時間を過ごす。

    この体験自体が、安心感や気付き、そして勇気につながっています。

    仲間と一緒に過ごせたからこそ、復職というハードルに立ち向かうチカラが生まれました。

    一人ひとり、目指す職場、進む人生は違っていますが、

    こうした「見えない励まし」で得られたパワーは、

    自分の人生にとってかけがえのないプラスになっています。


    うつ患者からのお願い。

    「優しく温かく見守って、放置してください。

     転びそうになったときは、叱ってください。

     これからもよろしくお願いします。」




    2月24日の振り返り


    • 午前に行ったこと
      デイケア。外出イベントでした。

    • 午後に行ったこと
      デイケア。外出イベント。

    • 気付いたこと、思ったこと




    • 今後の課題
      疲れてるみたい。ホドホド。ぼちぼち。


    読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
            ↓
    メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    関連記事

    『僕らのあしあと』


    まるでキャンプファイヤーみたいなデイケアで


    MOK_dannronohi500.jpg

    主治医からの薦めでデイケアに通うようになり、

    ココロの病と向き合っているたくさんの仲間と出会いました。

    みんなが抱えている悩み、他では言えない話でも、

    その場では自然に言えるのです。

    みんな、知っているから。

    言葉がすーっと出てきて、ひととき宙に浮かんで、

    雰囲気の中に溶け込んでいく。

    みんな、自分のこととして受け止めるから。

    そんなデイケアの空間がとても大好きです。



    みんなココロの中に”もう一人の自分がいる”から


    PEZ86_midorinoicyounamiki500.jpg

    ある人が言った言葉が、いまでもすごく印象に残っています。

    『どうでもいいやーって全部放り投げちゃいたくなってるんだけど、もう一人の自分が「ダメダメ!」って言ってるからガマンしてます』


    この言葉を聞いて、ハッとしました。

    そうだ、その通りだ。

    自分のほかに、ココロの中に”もう一人の自分”がいる。



    『僕らのあしあと』


    そんなとき、この曲と偶然にも出会ったのです。

    僕らのあしあと - supercell - 歌詞 : 歌ネット
    作詞:ryo 作曲:ryo


    どうしようかと思ったのですが、

    あまりにも自分の思いを表現しすぎているので、

    かなり引用させていただきます。

    多分著作権法のギリギリじゃないかな…ビビってます。

    傷付けられることに慣れた僕らは知ってる
    本当は愛されたくて仕方がないことを
    認める勇気が持てないのなら
    もう迷わず手を伸ばそう

    優しさとか想いだけじゃ生きてゆけはしない
    だからこそ自分らしくありたいと願うのです
    希望を数えて 明日を数えて
    そうやって僕ら歩いてく
    まだ見ぬ明日へ歩いてく

    僕らのあしあと (作詞:ryo 作曲:ryo)





    ニコニコ動画にアカウントがある方のみ。スミマセン。


    本当に、この歌のとおりだなぁ。

    これからも、歌を歌いながら、

    歩いていこう。



    2月7日の振り返り


    • 午前に行ったこと
      お家の掃除機がけ。部屋も気持ちもスッキリ。

    • 午後に行ったこと
      図書館で医療費控除の方法を調査、
      あと診察

    • 気付いたこと、思ったこと
      医療費控除のやりかたが分からなかったので、図書館で調査。



    • 今後の課題
      肩のチカラを抜いて。ラク〜に過ごすこと。
      ふと気づくとスグに気張っちゃうはずだから。


    ブログランキングに参加しています。
    いいねっておもったらポチっとお願いします。
            ↓
    メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    関連記事

    検索フォーム

    カレンダーから記事を読む

    07 ≪│2017/08│≫ 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    最新の記事です

    読まれている記事

    タグクラウド


    閲覧数ランキング(にほんブログ村)

    プロフィール

    うつぶたさん

    Author:うつぶたさん
    Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
    20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
    やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
    死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
    自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
    いまでもうつの再発の不安を抱えています。
    気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
    自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
    第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
    よろしくお願いします。

    つぶやき


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。