スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

できる自立支援医療の申請(実物もご紹介)


とても大変でとてもラクだった自立支援医療の申請


41882ba9cecb866cc29a2a651f8b86e3_s.jpg

休職が3ヶ月を過ぎたころに主治医の先生から、

「少し良くなったみたいだから、こういうのを検討してみたら?」

そう言われつつ、デイケアの案内チラシを渡されました。

ずっとあとで気がついた事なのですが、先生のその言葉には、

“自分から申し込み手続きをしなさい”

そんな意味が含まれていたように思います。

その頃は毎日毎日ダメ人間をしていた時期。

  (電話出来ねぇ…)

急に仕事っぽいことを放り込まれ、すごく困惑しました。

しかし他にやることも無し。思い切って申し込み先の病院へ電話しました。



そこで【自立支援医療制度】というものを初めて知ったのです。

自立支援医療 |厚生労働省
こころの治療にかかる場合の力強いバックアップが自立支援医療制度です。





障害者手帳がなくても利用できる自立支援医療制度


5ac98d1d0af445d1ad89accffc6c73e8_s.jpg


ソーシャルワーカーさんから教えてもらった、制度の概要です。

自立支援医療(精神通院)とは


  • 精神科通院にあたる医療費・お薬代・訪問介護・デイケアなどにかかる医療費を軽減するための制度

  • 精神科にかかる医療費の自己負担が原則1割負担

  • 市町村民税と障害の程度によって上限額が設定

  • 有効期限は1年間(継続申請可能)

  • 通院先の病院、薬局、デイケア、訪問介護それぞれ1箇所を指定

  • 施設によって受給者証の発行日から有効とする場合と、申請書の窓口受付日から有効とする場合がある



自立支援医療制度の申請書に書いた病院や薬局でしか割引の対象になりません

もし転院する場合は再申請(変更手続き)が必要なので注意。

そして自分の場合は市の福祉課に申請した日(受理された日)から有効でした。



申請書の書き方はその場で教えてくれます



申請について


  • 受付窓口は市町村の福祉課など(住んでいる所によって違う)

  • 準備するもの
    ①医師の診断書(専用の用紙があります。病院で言えばもらえます)
    ②保険証(コピー可)
    ③市区町村民税の支払いが確認できるもの(実際は不要な事が多いです)
    ④印鑑
    ⑤自立支援医療受給者証(更新の方のみ)



これら準備するもののうち、実際に自分が用意するのは保険証のコピーと印鑑だけ

住民税の支払いの確認できる書類はおそらく不要。

役場の人が確認してくると思いますが、税金の支払いは役所が照会してくれます。


大公開!こちらが申請書です。
自立支援医療申請書
(クリックで拡大)




思ったより結構、カンタンに申請ができましたよ。



しかし誰でも使えるとは限らないみたい


290a66e2aacb42cc2cffc5cec1249720_s.jpg

しかし主治医の先生によっては自立支援医療制度を利用させてくれない場合があります。

これは自分の勝手な想定ですが…

自立支援医療制度というのは、本来、治療に何年もの長い期間がかかる精神病について、

従来の保険医療制度では利用者に大きな経済的負担になってしまう。

そのための支援措置であるという背景が考えられます。

治療が始まって日が浅かったり、短期間に回復が見込めると見られる場合、

週に1回程度の頻度での診察で済む患者の場合、それほど経済的な負担があるとは言えず、

この支援制度の利用するには当たらないと判断するのかもしれません。



自分の場合はリワークプログラム、つまりデイケアの利用にあたっては、

3割負担だと毎日2500円ほどかかってしまうため、その軽減としての自立支援医療制度を

許可してもらったという形です。

実際のところはケースバイケース。

主治医の先生に相談するか、ソーシャルワーカーさんに相談するのが一番ですね。




2月23日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    お義母さんを駅までお見送り

  • 午後に行ったこと
    疲れた気持ちを休めてました

  • 気付いたこと、思ったこと





  • 今後の課題





読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

検索フォーム

カレンダーから記事を読む

12 ≪│2017/03│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新の記事です

読まれている記事

タグクラウド


閲覧数ランキング(にほんブログ村)

プロフィール

うつぶたさん

Author:うつぶたさん
Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
いまでもうつの再発の不安を抱えています。
気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
よろしくお願いします。

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。