スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ああ、やっと思い出した。僕はサーフィンがスキだ。




頑張ったって、どうしても逆らえない事もある


a42c34c31fdf5617a3fe500a87bdf0da_s.jpg

先週は小さな部屋に押し込まれ、尋問のような上司からの話を聞いて、

とっても落ち込んでいました。

もしかしたら、やっぱりダメかも…

復職は出来ない?この会社には居られない?

どうしよう…



そんな鬱々とした、不安と緊張でいっぱいでした。

だけど、主治医のひとことで一転。


「ああ、自分がどれだけあがいても、
  どうしようもない事って、
    やっぱりあるんだなぁ。」


そんな当たり前の事実に気づきました。



ふと思い出したのは、かれこれ5年は遠ざかっている波乗り。

8bad3dfbafe5141dce95172412cda77d_s.jpg

30分でも海に入りたいと、片道2時間かけ海に通っていた事。

全然上手にならなくて、波の上に立つまでに何年もかかった事。

勝てもしないのに、台風の波に挑戦して死にかけた事。

海からの帰りの度、


「自分って自然と比べたら、途方もなく小さい存在なんだな。
  でも、自然に逆らわずにいれば、きっといつかできる。」



そんなことを思っていた事を思い出して、

先の気付きと重なったのでした。


先人は言う『待つこと。それもまたサーフィン』


a1180_002656.jpg

いくら波乗りしたくても、海が応えてくれないときは、

絶対にできません。

反対に、自分の能力・技術ではとうてい太刀打ち出来ない、

おおきな波の日もあります。

そんな日は、自分の気持ちをぐっと抑えて、

のんびりと海を眺めます。

街に繰り出して、気晴らしをします。

仕事をしながら、次に来る最高の波を空想します。



先人は言う『どんな奴かは関係ない。上手い奴が偉い』


5e5e567f1a5c4932511068f58aeef1ef_s.jpg

自分はサーファーと呼ぶことが嫌いで、

波乗りと呼んでいました。

波に乗ることを知る者、というプライドみたいなものです。

海ではとにかく上手い人が偉い。

下手な人はいつまでも波を取ることができません。

すごくシンプルなんです。

言い訳を挟む余地がまったくない。

だからスキなんです。


『うまくなりたかったら、海にいけ』
『新しい自分になりたかったら、立ち上がれ』


全てはサーフィンのごとし。



さてと。立ち上がることにしようか


a1180_002797.jpg

また落ち込んでイヤになったりすると思います。

そのときのための、自分へのアンカーとして、

またすぐに立ち上がれる願いを込めて、

サーフィンじゃないけど、

テイクオフするときの気持ちは同じだから。

いまの恥ずかしい気持ちに、こんな印を付けておきます。

I'm leaving, I'm flying
I'm taking off to the unkown


TAKING OFF! (作詞:奈良橋陽子/山川啓介 作曲:タケカワユキヒデ)


GODIEGO - Taking Off! (1979) 投稿者 abricot5725


時が経つほどに感じる。
ゴダイゴまじ超カッコイイ。



2月3日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    復職プログラム(デイケア)参加

  • 午後に行ったこと
    復職プログラム(デイケア)参加

  • 気付いたこと、思ったこと
    節分。ということで恵方巻き。
    むぐもぐ。美味い。◯。

  • 今後の課題
    うん。立ち上がろう。


ブログランキングに参加しています。
いいねっておもったらポチっとお願いします。
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

検索フォーム

カレンダーから記事を読む

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事です

読まれている記事

タグクラウド


閲覧数ランキング(にほんブログ村)

プロフィール

うつぶたさん

Author:うつぶたさん
Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
いまでもうつの再発の不安を抱えています。
気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
よろしくお願いします。

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。