スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

うつ社員が会社に居続けることが困難な原因


それは「期待のレベルが違う」ことに起因する


やりがい


あなたはいま、仕事が面白いと感じていますか?



・・・自分の答えはNO。
残念ながら。


人が組織や会社に居たいと思えるということ。それは突き詰めていくと「仕事が面白いと感じているか」になると思います。

「やるべきこと」「やりたいこと」「できること」の3つの要素が重なりあったところに自分の仕事があり、またその重なりが大きくなるほどに仕事を面白いと感じることができます。このとき人は「やりがい」を感じ、今の仕事に誇りと組織への所属意識や感謝が生まれます。

当たり前の話しですが、初めから自分の「やりたいこと」が仕事の場で実践できるなんて機会はほとんどありません。ではその場合はどうするかというと、「すべきこと」を行いつつ、「できること」の幅を広げ、周囲に自分の能力認めてもらい、そして「やりたいこと」を自分の周りに少しずつ増やしていくことになります。



「生きていられるだけでいい」って思ってるのに・・・



うつな自分は「できることが少ない」「やりたいことが見つからない」という状態です。

できない

この状態で仕事をしているわけです。
職場でのほとんどの事は「やるべきこと」に占められており、仕事をなし終えたときにも「達成した」と感じるよりも「ようやく肩の荷が降りてほっとした」という気分になります。

できることなんてほとんどありません。

ちゃんと朝会社に出て、人と話しをして、多少の仕事をこなすことだけでほとんどのパワーを使っています。
やりたいことといえば、なんとか生活を維持したいという願望くらい。
仕事を通じて達成感を味わったり、できることを増やして行くことに喜びを感じたりというレベルには程遠いです。


ですが職場というものは往々にして「仕事を通じて自己実現をする場」であり、「自己研鑚の場」と定義されています。
つまり「できること」を増やしていくことが何より求められます。

自分は再発したくない。せいぜい、毎日生きていられるだけでいい。
職場はそれだとちょっと困るので、バリバリやって欲しい。
この期待値のギャップに疲れ果ててしまうのです。

そりゃあ、あくまで向こうの勝手な期待ですから、右から左に聞き流してればそれでいいという話しですが、それじゃいつかはサヨナラって言われちゃう危険があります。
ちゃんと聞き入れなきゃ、って頑張ってしまいます。

気力体力ともに弱ってるときに、はるかな期待をかけられてしまう。
「君には期待してるから、いつかは前みたいに一緒に仕事しようぜ!」なんてキラキラした言葉をかけられるともう死にそうになります。


つまりは、
お願いですからそんな期待をかけないで下さいって、辞めたくなりますから。


そんな思いが堪え切れず、自ら辞めてしまうんじゃないかなぁ。。。

いまの自分の心境。



ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ウツから治りかけているときにドカっと傷口を突かれると痛いのです


ストレスのサインが出ていると思われるのですが・・・



IMG_1478.png


やばい!明らかに食べ過ぎている!


朝昼晩と3食のほかに、寝る前にお菓子をしっかりと食べてしまう。

今日はやめとこうと思っても、どうして欲しくなって欲求に負けてしまう。

食べないほうが良いとはわかっているんだけど。

こまった。これは明らかなストレスのサインだ。



今日もがっつり上司から指摘。

1割の誉められと、そのあとで怒涛のような9割の指導。

けっこう痛いです。

普通の人だと軽く流せるくらいのプレッシャーなんでしょうけど、そりゃあ無理ってもんです。

押し寄せてきた動悸は本屋さんの気晴らしとセルフ認知行動療法で流しました。

今日もなんとかセーフ。

しかし心のカサブタもあんまりいじると剥がれそうです。



ひとまず、気付かなかったことにしとく


8fc0f9e12c92bd65b77c67958642a66a_s.jpg

考えすぎてはいけない。

しっかりと日々を生きよう・・・。

もう休職なんてしたくないんだーーー。

困ったことに。

はたから見るとまるきり健康体で完全に治ったように見えてしまう、というのが心の病の治りかけの人にある問題。自分自信で治ったように思ってるくらいですから、他人から見たら絶対に普通に見えてるでしょうね。



忘れちゃうんですけど、

ちょっと同じところに触れると「うっ」っていたんじゃう。

「元の状態にもどってバリバリと」なんて希望的観測、やっぱ無理なのかなぁ。

すこし夢見たんだけどなあ。

これじゃあ会社に居場所ないよなあ。



ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

「仕事なんだから」と考えそうになったら・・・


ただいま、見事に疲れております。



sono366.gif

満月ポンごろく と ブログ » Blog Archive » ポンちゃんゴロク その366
aaa


※イラストはこちらからお借りしました。
http://www.mangetupon.co.jp/gorokutoblog/


復職4ヶ月が経ちました。

7月を振り返るとキツかったです。激流のような1ヶ月でした。

組織が変わり、ほとんどの人とは初対面の環境になりました。イチからの人間関係づくりってほんと大変です。


「そうでもないんじゃない?気にすることでもないよ、気楽にやればいいんだよ」


上司は言います。

それなりに自分のことを気にかけての言葉ですが・・・ありがたいことですが・・・それができたら初めから苦労しませんって (´・ω・`)



想像してみましょう。

頼まれたら断れない性格。

期待された分だけ頑張ってしまう性格。

相手から受けた優しさを恩に感じてしまう性格。

こんな性格を持つ人が新しい環境に入ったとき、どういう行動をするでしょうか?



・・・気疲れしましたよぉ。ホント。

平日の朝にできていたルーティンの行動がすこしずつできなくなっていることに気づきました。

歯磨きにかける時間が短くなり、机には読んでいない5日分の朝刊。

家に帰って早く床に着くことと、土日はひたすら回復に努めること。



仕事には影響させちゃいけない。そんなことを考えてる日々。

あー疲れたあ!


でも、頑張ってますよ!



当たり前のことなんだけど、忘れがちなこと


9936eb8020d4f5fe138a0ebca5b50ccf_s.jpg

「今日調子が悪いから、あんまりムリ出来ない」
「朝起きたら頭痛がして、イマイチ調子が出ない」
「通勤だけで疲れた」
「昨日、飲み過ぎて・・・」


こんなことを言う部下や同僚。どう思いますか?

自分は「それでも社会人か!?仕事に影響させないようにするのが努めだろう?もし本当にそうだったとしても周りには関係の無いことだから、言う必要すら無いでしょ?」と思って、、、いました。

それは社会人としてオトナとして、言うべき言葉ではないと。

あるべき姿ではないと。


ですけど今はなるべくこう考えるようにしています。

「あー、そりゃあ大変だあ。しょうがないよねー(-_-;)」



そりゃあ仕事というもの、社会というものは甘く見てはくれません。

1日のやるべき仕事は積み上がりますし、予定の変更は関係者に迷惑がかかります。


だけど、だからこそ。

「しょうがない」って考えを持たなきゃ。



人は考えること、感情、性格、体調、能力など、ありとあらゆるものが違います。

対して仕事とは、関わる人が一定の時間で一定の結果を生み出せることが前提条件になっています。また、そうコントロールすることが求められます。


「成果」に着目せず、「人」の方を見る。




だから、こう言うようにしています。

「だよねー、しょうがないよねー(´・ω・`)」



ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

「責任」というあまりの重さに落ち込んでいたりする?


毎日のことに目が・・・ぐるぐる回る(*_*;



sono352.gif

満月ポンごろく と ブログ » Blog Archive » ポンちゃんゴロク その352
べつにガツガツガンガン自分から。そんなふうに動かなくってもいいんだよね(´・ω・`)




はうぅぅぅ。

ガンガンと仕事が降ってきます。

営業と管理のミックスした仕事。

人と関わる仕事なんで、皆から背中を見られてる立場なので。

一挙一動一投足にすっごく気を使います。

管理職なんで、そのへんは当たり前なのですが。


『「だりー」とか「もうやってらんねー」とかそういう小さな言葉でも、

下の人たちにはすっごく伝わっちゃうから、言っちゃいけない。

「あの人が言ってるくらいだから、別に俺らも適当でいいよね」ってすぐなっちゃうから、

そういう言葉を言わせてしまうようじゃ負けだよ。

部下のネガティブな言葉を引き出だして拾って上げることも大切だけど、

それ以上に一人のネガティブが周囲に伝わる悪影響のほうが大きいから、

そういうことはやめたほうがいい。』



夢にまで出てくるのはカンベン・・・(´・ω・`)



分かるんです。いままでちゃんとそれやってきたんですよ。

だけど、あえてもうやめようかなぁって思ってるのに。

またこれをしなきゃ・・・だめ?

ss239.gif


理想する“ユルユルとした生き方”、“小さき声の人に寄り添う生き方”は難しいのか。

ここでは、そうさせてはもらえぬのか・・・

仕事が合っていないとは思わないけど、

やりたいことはさせてもらえない雰囲気。


いまは身につけた「のらりくらり作戦」でストレスを溜めないことをできてるけど、

これもいつまで持つか。

どんどんと降ってくる「責任」という仕事。かわし続けることはできるのかな?

※イラストはこちらからお借りしました。
http://www.mangetupon.co.jp/gorokutoblog/

ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

人生を耐久レースだと考えるとだいぶんラクになれるよ


復職4ヶ月め。未だ周りは速く見えて・・・


4536607d1d97a6f11f8846c2f4f64986_s.jpg

7月から現場に戻ってきました。

残業の上限はあるにせよ、やってることは以前と変わりません。

かなり配慮してもらっています。以前の仕事量を10とするなら、いまは3〜4くらいです。

締め切りの迫られる仕事はほとんど無く、1週間スパンで取り組めるようなものや、

他の割り込みが入っても特に構わない類の仕事をやっています。

刺激的かといえば、物足りない気は正直しています。

周囲の人は自分の技術をフルに使ってバリバリと働いています。

前の自分のように。。。



トップスピードでレースすることはない。完走を目指すレースをしよう


a0050_000162_m.jpg

人生、自動車の耐久レースみたいなものですね。

順位というものはもちろんありますが、そんなこととは別として、見事最後まで感想できた選手は皆、褒め称えられる英雄です。

人生の長い期間を走るわけですから、ノートラブルという訳にはいかないでしょう。

大きな損傷を起こして、ピットで修理を待つことも。

リタイヤしなければならないのか、それとも・・・


a0782_000597_m.jpg

その辛い時間を超えて、再びコースに出られるときがくる。

努力は見事なもの。

その時点ですでに讃えられる尊い努力。



社会というもの、会社というもの。

いくら成果を求められるとはいっても、皆がそうできるわけでないし、自分はなおさら。

再びおなじスピードで走ることは叶わない。

ならば、完走というゴールを目指そう。



ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

「人事や産業医は敵か、それとも味方か」にいよいよ結論をだすこと


人事や産業医は基本的に「中立」である →これが答えだ!


7af60530d543237dde3140023e2d614c_s.jpg

産業医:「今回で6回めの面談ですね。調子はどうですか?」


(それくらいひと目みて判断してくれよ・・・)



今日、復職後3ヶ月目の産業医面談がありました。

仕事にもすっかり慣れ、会社のいろんな面を知ったことで、「会社とは自分の思っている以上にロクでもない人間の集まりである」という事実にすっかりと毒気を抜かれてしまいました。

かつてあれほど苦しんでいた(苦しめられていた)ことがまるでアホみたいです。

会社にいるあらゆる役職者たるもの、完璧超人であるべき、そう本気で思っていました。

自分が真面目(愚か)だったんです。


いきなり話しがずれましたが。

休職中。そして復帰直前までのいろんな不安。

「果たして人事は自分を支えてくれるのだろうか」
「これ以上自分を追いつめるようなハードルを設定してくるだろうか」
「お願いだから、助けて欲しい」



いま、ハッキリと言えることが一つ。

「相手も人間。慈善事業をやっている訳ではないから、
 自分を犠牲にしてまで助けることはしない。
 会社側、本人側の双方が納得のいく着地点を探すこと」

これが人事・産業医の姿勢です。



「期待」しちゃダメ。「期待外れ」とは「失望」だから


d62a2e02d83d780ae1ce40cb206d4156_s.jpg

いままで「こうあるべき姿」というものに振り回されてきました。

本当の自分とあるべき姿とのギャップに悩み、自信を完全に失うところまで落ちました。

ようやく自分を取り戻して、自分自信というものを再構築し始めてきたときに、

誰かを頼りたくなる気持ちは、ごくごく自然なことです。


そこが自分の意識をチェンジする機会。

「最初から相手のことに期待しない」という視点を持つこと。
相手は自分のことを評価されることはない。
評価されたところで、レッテルを貼られたところで、
影響されて一喜一憂する必要はさらさらない。




人事も産業医も、味方でなく敵でもない。中立と考えるならば。

アテにせず、頼らず、自分の力で。

進もう。



ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

やりたいことをするには会社を辞めるしかない衝動にカラれた話し


うちの会社がダイバーシティをしない理由とは・・・


039680.jpg

ダイバーシティとは
個人や集団間に存在するさまざまな違い、すなわち「多様性」を競争優位の源泉として生かすために文化や制度、プログラムプラクティスなどの組織全体を変革しようとするマネージメントアプローチのことである。人種や性別に焦点が当てられがちだがダイバーシティは人種、国籍、宗教、障害、性別、性的指向、年齢などのほか、個人や集団の間で違いを生み出す可能性のあるあらゆる要素を考慮している。(wikipedia:ダイバーシティ・マネジメント)



うちの会社では管理、経理、総務などの間接部門でたくさんの女性が働いています。

しかし事業部門、つまり「現場」での女性比率が圧倒的に低いです。

聞けば、採用選考においても女性は敬遠しがち。
表向きは男女問わず募集し選考するのですが・・・

具体的な例では、同じようなスキルと性格をもった男女がいたとして、
最終的に選択するのは間違いなく「男性」

そういう会社がウチの会社です。



人口減で働く女性の比率を高めようと国が政策を進めている状況でありながら、

どうしてなのか?

ずっとギモンに思っていたので、採用担当の方に思い切って聞いてみました。すると・・・




「ならば自分が女性を活かす場を作ってやる」と思った


061893.jpg



『それが会社の方針だから』



(・.・;)


ムカムカムカ

間接部門にいる自分がどれだけ女性の力を借りているというのか。

職場の美化活動の中で、女性ならではの心遣いや働きぶりがどれだけ貢献されてきたか。

会社はまったく評価していないと来たわけで。


「前例があまりなくて自信がないから」
「男ばかりの職場で慣れないと思うから」
「女より男のほうが使いやすいから」
「男のほうが徹夜でもなんでも言いやすいから」
「男のほうが飲みに誘いやすいから」
「きわどい雑談してセクハラと誤解されないか不安だから」
「いろいろとあるけど、ざっくり言うとなんとなくニガテ」


そんな裏の声が聞こえてきます(言ってないけど、分かるんですよ)



(--〆)ムカムカムカ!



ならば・・・
「働きたい、だけど働きにくい。
 そんな女性を助け、『働ける場を創る』会社」というのを作ろうではないか



あまりの怒りにそう決心するに至りました。


顧客を外に探すのではなく、社員そのものを顧客と捉える。

自宅から近くて、通勤時間は最高で30分までのオフィスで働く。

3時間から時短勤務できる。

しかも元の業務を継続できる。

育児が一段落したら元の会社への復帰も出来る。

女性にとって「職場と自宅の中間」の場所を創る。

とことん女性にやさしい企業。

そんな夢。ビジョン。




うつから回復してしばらく経ったし、現場で再び働ける準備も確認できたし。

明確な自分の次のビジョンも見つかったようです。

つぎのステップに進むことを考える時が来た。かも。



ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

1年間のうつ病生活で学んだ、本当の「人生の選び方」


かつては「認められたい」「何か意味のあることをしたい」からスタートしていた


bb4e5b8b5e641787c7eeeb40598a4b86_s.jpg

うつになる前から、そしてうつになっている間、復職したあともずっと一つのことを考え続けていました。

「承認欲求」とはなにか。「人生の価値」とはなにか。

はたして自分は「価値ある人生を送っているのか」




子供の頃は親からは勉強に励み試験でよい成績を修め、学校のルールや家のしつけを守り、言われたことを守ることが自分の全てでした。

一人暮らしを初めてから一番大切にしていたのは教えられたルールやしつけを守り続けることでした。

会社に入ってからの行動基準は、先輩や上司の背中から学び、年下からも教えを請い、2度同じ質問をしないことでした。



人生に「プライド」なんて邪魔なモノでしかない。

「素直さ」だけが最も大切なんだ。


本当にそう信じていました。



だけど、それが自分の価値だったんだろうか・・・

知らないうちに、自分を壊してなかったか・・・



人生とは、仕事とは「自己満足」であるべき


concentrical-152573_640.png

振り返ってみれば、判断基準のすべては「他人からの言葉をいかに実直に守るか」でした。

人から言われたことをやっていないから、出来ていない。

自分にとっての「達成」とは、請けた仕事を正しく遂行することでした。




本当の基準を知らなかったのです。



正しい判断基準はこうです。

「自分に心からの満足感があるか。
 そこに達成感はあるか」




たとえば、ボランティア活動や募金への協力といった誰かを助けたことで得られるような「いいことをした感」。

その一瞬だけ感じるような満足はまやかしです。ちょっと報酬系が動くだけです。



「自分にとっての満足」=自己満足。

 やるべきこととは、自分がいちばん喜ぶこと。





満足の比率は常に「自分>他人」


see-saw-339506_640.jpg

他人を無視して自分のやりたいことをやる、ということではありません。

判断に迷ったら、最終的には自分を選ぶということです。

他人の利益もちゃんと考えた上で、ちょっぴり自分の利益のほうが多い。


ジレンマに陥り、思考のループから抜け出せなくなった時。
あなたを救いだすための公式。それは「自分>他人」

大丈夫、信じられないかもしれませんが。

みんなそのルールで生きていますから。






ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

好きな本ナンバー1:プロフェッショナルの条件 (はじめて読むドラッカー (自己実現編))


プロフェッショナルの条件 (はじめて読むドラッカー (自己実現編))プロフェッショナルの条件 (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
(2012/09/14)
P F ドラッカー

商品詳細を見る


自分はドラッカー信奉者です。

仕事でいろんな困難に突き当たったとき、この本を開きます。

ほとんどのページに付箋と赤線だらけ。
おかげでページはボロボロ。

毎回新しい発見があるんです。


一つのことに集中し、学び続けるということ




 いつも私たちは、最後の二時間を使ってこれから半年間の仕事について話し合った。それは「集中すべきことは何か」「改善すべきことは何か」「勉強すべきことは何か」だった

 私は新しい仕事を始めるたびに、「新しい仕事で成果をあげるには何をしなければならないか」を自問している。もちろん答えは、そのたびに違ったものになっている。

 新しい任務で成功するうえで必要なことは、卓越した知識や卓越した才能ではない。それは、新しい任務が要求するもの、新しい挑戦、仕事、課題において重要なことに集中することである。

 「自らの強みが何か」を知ること、「それらの強みをいかにしてさらに強化するか」を知ること、そして「自分には何ができないか」を知る事こそ、継続学習の要である。





周りの人から“良いレッテル”を貼られること




 人は、何によって人に知られたいかを自問しなければならないということである。

 その問いに対する答えは、年をとるにつれて変わっていかなければならないということである。成長に伴って、変わっていかなければならないのである。

 本当に知られるに値することは、人を素晴らしい人に変えることであるということである。




自分はどんな人になりたいのか。チャンスはいつでもある


21495fd47d3871c059c6069b688a361b_s.jpg

何歳になっても「自分はどうあるべきか」「自分の強みはなにか」を問い続けています。

自分の得意なことは「考え、考察し、分析し、方向性を見出すこと」です。

PDCAサイクルでいうCheckが得意です。

その強みを活かすことができること。その先の人生に活かす道を見つけて行きたいです。


6月1日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    会社のパーティ

  • 午後に行ったこと
    午後2時くらいまで居てエスケープしました
    そのあとはお家で小さくなってました。

  • 気付いたこと、思ったこと
    月曜日、頑張る。

  • 今後の課題
    周りの目線なんて気にしない。自分の体調こそが大切。


ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

うつ病の再発防止に必要な努力は「健康的な睡眠」


診察いったら、主治医の先生に言われました


030801.jpg

復職して2ヶ月が経過。
少しずつ慣れてきたものの、未だに睡眠に課題があることを相談しました。

主治医の先生は肝っ玉かあさん。
バッサリやられました。


通勤が長い勤務場所を選んだのだから、睡眠をきちんと取ることがあなたにとっての責務です。そうやって家でパソコンやテレビしているから、眠りに就く時間が遅くなるのですよ。
眠剤を増やしてあげるから、デイケアで通っていた頃のような睡眠リズムを早く取り戻しなさい。
とくにあなたは色々とあれもこれもとやってしまう性格のようだから、今はシンプルに。
「平日は寝ること」「土日に家事をすること」



ぐうのねも出ません。





5月28日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    胃カメラ。
    そして精神科の診察。

  • 午後に行ったこと
    車のエンジンオイル交換。待ち時間の間にブックオフで本のお買い物。
    自立支援医療の更新は次回にします。

  • 気付いたこと、思ったこと
    ちかれました。



  • 今後の課題




ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

検索フォーム

カレンダーから記事を読む

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事です

読まれている記事

タグクラウド


閲覧数ランキング(にほんブログ村)

プロフィール

うつぶたさん

Author:うつぶたさん
Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
いまでもうつの再発の不安を抱えています。
気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
よろしくお願いします。

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。