スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

心の病を持つ自分が心配な「拡大される罪の範囲」


5月20日からあたらしい自動車運転の罪が施行されます



酒や薬物影響の交通事故、厳罰化20日施行 構成要件曖昧の声も  :日本経済新聞
危険運転致死傷罪の適用範囲が広がり、特定の病気の影響も対象となります。対象の中には統合失調症やそううつ病、認知症、アルコール中毒(依存症)も含まれています。


記事元が消えるかもしれないのでここに転載します。


酒や薬物影響の交通事故、厳罰化20日施行 構成要件曖昧の声も

2014/5/17 21:23
 酒や薬物などの影響で起こした交通事故の罰則を強化した新設の「自動車運転死傷行為処罰法」が20日、施行される。立証のハードルが高いと批判の出ていた危険運転致死傷罪の適用範囲が広がり、発作が再発する恐れのあるてんかんなど特定の病気の影響も対象になる。遺族らの要望が反映された形だが、日弁連は「構成要件が曖昧で、処罰範囲が不当に拡大される」と反対している。
 現行の危険運転致死傷罪(最高刑・懲役20年)は、適用対象を酒や薬物の影響で「正常な運転が困難な状態」と規定。しかし酩酊(めいてい)状態で運転していたことの立証は困難なため、自動車運転過失致死傷罪(最高刑・懲役7年)が適用されるケースがある。
 遺族らから「2つの罪の量刑に差がありすぎる」との批判が出たことから、危険運転致死傷罪に新類型を設けた。酒や薬物の影響で「正常な運転に支障が生じる恐れがある状態」も対象に加えた。道交法の定める酒気帯び運転の状態であれば、ほぼ該当する。
 また、一定の症状を示すてんかんや統合失調症など特定の病気による影響も追加。罰則は15年以下の懲役とした。
 このほか、現行の危険運転致死傷罪に歩行者天国など通行禁止道路での高速運転を追加。さらに、酒や薬物の影響で事故を起こしたことを隠すために逃走する「発覚免脱罪」(最高刑・懲役12年)も新設した。
 自動車運転死傷行為処罰法は、刑法から交通事故に関連する規定を分離した特別法。現行の「自動車運転過失致死傷」は「過失運転致死傷」に名称を変更し、無免許運転のケースでは刑を重くできる規定も作った。〔共同〕




以前から気になっていた話なのですが、ここでまとめてみました。

危険運転致死傷罪の拡大001
(クリックで拡大)


この新しい法律により、危険運転致死傷罪の範囲が拡大されます。

これまで「正常な運転が困難な状態」と規定されていたものが、「正常な運転に支障が生じる恐れがある状態」の規定が加えられ、最高で15年の懲役が与えられます。

危険運転致死傷罪の拡大002
(クリックで拡大)


その状態であることを分かっていながら自動車を運転し、人を死亡させたり、負傷させたりした。ときが当てはまります。

しかし、この要件には恐ろしい意味があるのです。

この「正常な運転が困難な状態」というのは事故の後から決められるということです。

解釈により自分の状態が何らかで正常でないと知っていたならば、当てはまる可能性があるのです。

危険運転致死傷罪の拡大003
(クリックで拡大)


自分の状態が正常でないという状態は、アルコールの場合は酒気帯び運転が該当します。

酒気帯び運転…血中アルコール濃度では0.3mg/ml以上,呼気中アルコール濃度では0.15mg/l 以上



これは実際の飲酒量で言えばビール大瓶1本未満、日本酒0.5合未満に該当し、顔がほんのり赤くなるが、自分では自覚がない程度の飲酒です。

運転している人は十分にご存知と思いますが、いまの「酒気帯び運転」というのはほんの少量のアルコールでも該当します。何も飲酒していないのに、アルコール呼気検査で引っかかる場合がある位です。


自覚が無いけれども、第三者的に・機械的に判断して該当する可能性がある。


これが今回の法律に関して、自分の懸念の最たる点です。

危険運転致死傷罪の拡大004
(クリックで拡大)


追加された危険運転致死傷の要件に、アルコールや薬物、または病気のためという文言が入っています。

病気には、統合失調症、てんかん、そううつ病、睡眠障害、認知症、アルコール依存症が含まれると明示されています。


これらのことから、何らかの心の病の症状を持ち、精神科や心療内科に通院している(またはしていた)履歴があり、薬を服用している(していた)場合危険運転致死傷に問われる要件に該当する可能性があるのです。



しかも、この要件には症状が落ち着いているかについて明確に規定されていません。

「再発する恐れがあり、運転に必要な能力を欠く恐れがある場合」というのは、自分では証明することができません。第三者の者(たとえば警察)が言えば、そうなってしまう可能性は十分にあります。


これらの可能性をリスクとして判断する周囲がいた場合、たとえば運輸業、運送業、卸売業、営業など業務上車を運転することが避けられない業務について、上記のリスクについて拡大解釈される懸念があります。

リスクを回避するのは企業としては当然のことですから、通院歴の有無、薬の服用の有無によってのみ(現在症状が収まっており再発リスクが低いかは関係なく)、業務への従事を断る可能性がゼロとはいえません。


これは自分たちにとって脅威となるリスクです。

酒気帯び運転が社会的に悪として見られている時代です。

自分たち心の病を持つ人達が、まるで酒気帯び者のような目で見られないことを祈ります。

罪を運用する司法側に、リスクを認識する企業側に良識と節度ある判断を願ってやみません。

※追記
フォロワーさんから教えてもらいました。

平成25年6月から、免許の更新に医師の診断書が必要になる場合があります。

さらに心配が増えます。

運転免許の取得及び運転免許証更新時の病状等の申告について|天国はまだ遠く~うつ病を克服したボクの人生再出発~
危険運転致死傷の拡大と連動して、平成25年6月から運転免許更新時に診断書の提出が求められるようになります。





5月17日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    天気がよかったのでお出かけしてきました。

  • 午後に行ったこと
    ホームセンターでお買い物。あと自宅でブルーベリーの園芸。

  • 気付いたこと、思ったこと



  • 今後の課題




ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
   ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へメンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あなたの薬、飲み過ぎかもしれません・・・多剤投与の話


多剤投与って知ってますか?


0000039897.png
(クリックで拡大)


あなたのお薬、いま何種類飲んでますか?

ひょっとしたら多剤投与・・・つまり薬の出されすぎかもしれません。

日本では以前から処方される薬の量が多いと指摘されてきました。

患者の立場ですから事情や背景はよく分かりませんが、

こんな意味合いで薬を飲んでいます。


1)病院に行ったらお薬が出てくるのが当たり前だと思っている

2)大抵はメインの薬と、サブの薬(胃を保護するとか)の組み合わせがある

3)朝と夕で違う種類の薬を飲む

4)時間をあけて重ねて飲む。(血中濃度を一定に保つ)



これは患者の手元に大量の薬を持つことも意味し、オーバードースや、薬の多さから不安になり減薬や断薬に走りやすい要因を作っているとも感じています。


実は平成26年の診療報酬改定で、この多剤投与しないような措置が取られ始めました。

3種類以上の抗不安薬、3種類以上の睡眠薬、4種類以上の抗うつ薬又は4種類以上の抗精神病薬の投薬を行った場合には処方せん料が減額されるというものです。

これにより、似たような効果の薬をいくつも飲むことに歯止めがかかることが期待されています。



でも、この制度。

裏読みすればそれだけ多剤投与している医師が多いということですよね。

だって交通ルールで言う「シートベルトを締めましょう」「運転中にナビ画面を注視しない」と同じレベルだと思いませんか?

そう思って仕方ないのですが・・・

あとこの制度ですが、多剤投与はNGという方針ではあるのですが、処方せん料が減額されるだけです。

医師が減らさない限り、薬は変わらないのです。

制度があっても頑なに(患者のためを思って)薬を変えない医師もいるかもしれません。

患者としては薬の量は少ないに越したことはありません。

こちらが知識を持って、時には勇気をもって訊ねてみるのも大切なことだと思います。

「いまの薬ってどうなんでしょうか、減らせますか?」



5月3日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    恒例のお掃除してました。

  • 午後に行ったこと
    掃除がなんだか模様替えに変身し気合いれてやっちゃったのせいで、午後はダラダラでした。

  • 気付いたこと、思ったこと



  • 今後の課題




読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

今のうつ病治療。大きな課題がありそうな気がするんですよ


心の病気ってどうしてこうも医療の質にバラつきがあるのか?





精神科診療所における治療脱落の実態の一例

左記の資料での滋賀県のあるクリニックでの調査によれば、
初診時にDSM-IV基準に従い「大うつ病」と診断された患者549名に対して、
その脱落(診療をやめてしまう)状況が見えてきます。

治療終了(寛解)した患者では11〜30回継続して通院していた。
(治療期間は6ヶ月〜2年間)

治療脱落(中断)した患者の約6割は10回居ないに自己都合で中止していた。
(治療期間は6ヶ月以内で脱落)

抗うつ薬治療を患者の判断でやめてしまう実態
・半数近くの患者が最初の1ヶ月で抗うつ薬治療から脱落している。
・初診6ヶ月後には継続率が30%位まで低下している。

抗うつ薬中止の理由
・薬を飲み続けるのが心配になったから
・なるべく治療薬を服用したくなかったから

どういうときに患者は治療をやめてしまうのか。
・63%は症状が軽快し抗うつ薬が減量されていた状態
・32%は症状に変化もなく、抗うつ薬の量も変わっていない状態





投薬主体のうつ病治療にギモン・・・









調べてみると分かる、精神疾患の治療薬という「巨大市場」


resource.jpg
(出典:厚生労働省「医療品産業ビジョン2013」)





製薬業界というのはとても巨大な産業です。
規模でいえば、電機・情報通信・鉄鋼を合計した位。自動車産業とほと同列。

厚生労働省は、国内の医薬品メーカーの新薬開発・製造・流通を国を支える大きなイノベーション事業として考えています。

医療は今後も治療薬が中心となることでしょう。
これは産業構造的な側面があるのです。


だけど・・・投薬だけなの?「予防策」「再発防止」は?



政府の自殺対策予算は、平成25年で340億円。
このうち、「うつ病についての普及啓発の促進」事業には6300万円

医療の研究開発関連予算は、平成25年度で1725億円。
うち、「脳とこころの健康大国実現プロジェクト」と題して認知症やうつ病などのの精神疾患等の発症に関わる脳神経回路・機能の解明に向けた研究開発および基盤整備の予算に、71億円。(平成26年度予算)

内訳が細かくてよく分からないので、金額の単純比較はできないですけれど、
大切なのはどっちなのでしょうか。

毎年、3万人の人が自殺で亡くなっています。

gaikyou.jpg






なんか、オカシイ気がするんですよね。







よく調べてみないと、なんとも分からないです。
継続してみようと思います。



4月25日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    またも資料の直し。あんど資料の直し。

  • 午後に行ったこと
    グルグルっと資料直し。今日も5つ位。頭がボーっとしてくる。

  • 気付いたこと、思ったこと



  • 今後の課題
    土日はゆっくりと考える時間にしよう。


読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

検索フォーム

カレンダーから記事を読む

12 ≪│2017/03│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新の記事です

読まれている記事

タグクラウド


閲覧数ランキング(にほんブログ村)

プロフィール

うつぶたさん

Author:うつぶたさん
Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
いまでもうつの再発の不安を抱えています。
気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
よろしくお願いします。

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。