スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

会社と病気の妻。どちらを選ぶ?→前は会社でした



昨晩から妻がお腹を悪くしていて、今朝になっても苦しんでいる様子。

うちは二人暮らし。歩ける距離に病院はありません。

出勤直前の出来事。

困った事態になりました…



メリット/デメリットで判断してみた


0640f194bd2805525298f5306b887f01_s.jpg

会社に行くべきか、それとも病院に連れて行くべきか。

大切なのは「自分にとって」ということ。

自分を置いてけぼりにしてはダメ。

認知行動療法「物事のメリット、デメリットを考える」ということを学びましたので、ちょっと考えてみました。

  • リハビリ勤務は自費である(デメリット)

  • 出勤することで回復を認めてもらえる(メリット)

  • 会社の立場では出勤が正解(メリット+デメリット)

  • ノロウイルスだったら職場に持ち込んでしまう(デメリット)

  • 妻の状態を放置していたら、その後が分からない(デメリット)


デメリットのほうが多しと判断。

よく考えたら仕事していない訳ですから、

休んでも誰にも迷惑をかけません。(そもそも休職期間中です)

結局、気にしていたのは【復職へのマイナス評価とならないか】という一点。


復職?知ったことか!


8ffa1ac10e0737368b8078162af5d43b_s.jpg


いままでの自分は「会社にとって理想の人物像」に基づいて行動を判断していました。

自分らしさをすべて置き去りにして気持ちに折り合いをつけていたのです。

同じ失敗はできません。

「勤怠不安定を理由に復職延期とか言ってきたら
ゴネてやれ!」


あ、でも。明日人事には事情説明しとこう(ぼそっ)



1月20日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    リハビリ勤務(8:30出社)

  • 午後に行ったこと
    リハビリ勤務(17:30退社)

  • 気付いたこと、思ったこと
    上司が後ろを通るたびに緊張が走る。精神力がゴリゴリ削れていく…

  • 今後の課題
    戦おうと思わない。ほっとこう。


ブログランキングに参加しています。
毎日の順位チェックをすごく楽しみにしてます。
もしよかったらポチっとお願いします。
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

仕事が無いので”うつ”になった原因を考えてみた


7bf28eaa68679dd50fdcbccb9654b7a5_s.jpg


リハビリ勤務3日め。

16時30分には電池が切れてしまいました。ぷしゅー。

何やっても頭に入らず、フラフラ。

仕方ないので休憩スペースで定時まで過ごしてました。

先週から比べると最大HP/最大MPともに上がっている様子。

日曜日の蓄えを消費しただけなのかもしれませんが。



特に仕事もありませんので、

自分が何故うつになったのかについて、原因分析をしてみました。

パーッと頭に浮かんだものを挙げたので、

数ヶ月後、違う考えになるかもしれませんね。



急激な昇進

30人を超える管理職にいきなり指名された。
早く「理想的な管理者像」になろうとした。



SE業務からの落ちこぼれ

技術的な会話についていけない。
学ぶ時間的余裕がない。
初歩的な質問に気が引けた。



達成困難な数値目標

売上必達目標がかなり上のほうから直撃してきた。
言われるままに予算化したら、いつの間にかコミットメントにされてしまった。
絶望的やらされ感。


上司に対し意見を言いにくい、言えない

本心では納得しないまま、「正論」として受け入れてしまった。
はけ口なし。



部下に対して一方的

自分でしぶしぶ納得した「正論」を、「あるべき論」として部下に振りかざした。
「仕方ない」が口癖になった。



ストレス発散なし

時間外労働140時間超えが何ヶ月も続いた。
裁量労働制なので申請上「残業ゼロ」。勤怠なんてつけていなかった。
休日が日曜日しかなく、しかも家の雑務に取られた。
日曜日も無い場合も。
気持ちを整理することができなかった。



短時間の睡眠

就寝AM2時台、起床5時台。
平均時間3時間。
電車移動はほぼ居眠り。



多すぎるTODO

部下に振りたい仕事があっても、
いったん自分がやってみたあとで手順を教える事をしていた。
相手の手間を省こうという考えだったが、
先に自分オーバフロー。
結果的にすべてボトルネック化。



遠い通勤

乗車時間1時間30分。ドアToドアで2時間。
毎日の帰宅時には「時間を失っている」思いで一杯に。



自己嫌悪

これらすべて自分が悪い、
もっとどうして、他の人のようにできないのかと責め続けた。
3年だけ我慢すれば、きっと慣れる大丈夫、と自分で信じ込んだ。



そして今に至る

C789_kyuusokucyunosarari-man500.jpg

典型的なメランコリー親和型だと思います。

だからこそ、会社からの信頼を得られたんだろうな。

(そう思わないと、やってられない!)



1月19日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    自宅の掃除

  • 午後に行ったこと
    ホームセンターで買い出し→家具の修理

  • 気付いたこと、思ったこと
    休めた?

  • 今後の課題
    1週間がんばれるかな…?


ブログランキングに参加しています。
毎日の順位チェックをすごく楽しみにしてます。
もしよかったらポチっとお願いします。
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

うつ会社員の悩み「満員電車が怖いんです…」


a0006_000059.jpg

突然襲う満員電車の恐怖


先週末、会社から帰宅するときにいつもの通勤ルートとは違う路線に乗りました。

そのほうが数十円ほど安くなることが分かったからなのですが、

金曜夜、横浜方面に向かう急行ということもあり、

ホームに到着した時点でかなり混み合っていました。



電車に乗り込むと後ろからもどんどん人が入ってきて、

気がつけばぎゅう詰め状態に。

全く身動きが取れません。

首都圏の電車であれば当たり前なので、

特に何の用心もなく乗っていたのですが、



a0006_000052.jpg

数分も経たないうちに、胸がドキドキ。

息が詰まるような感覚。

視界も狭まり、「出たい!出たい!出たい!」という考えで一杯。



電車が次の駅に止まるまで「大丈夫、大丈夫だから…」と頭の中でつぶやいて持ちこたえ、

ドアが開いてすぐに降りました。



その後に来た各駅停車は、座席が空いているくらいだったので、

そちらに乗ったら、先ほどのような緊張感は全くなし。

こんな体験は初めて。

驚きました。満員電車で本当にパニックになるんだ…。



<半径15cmにある「パーソナルスペース」>
むかし研修で学んだパーソナルスペースという言葉を思い出しました。

パーソナルスペースがわかれば、人付き合いや恋愛がうまくなる - NAVER まとめ
満員電車は15cm以内のパーソナルエリアに他人が入り込んでくる行為。人によっては恐怖を感じることも。





電車に座っているときは、すぐ隣が他人でも何とも感じませんでした。

互いの息が感じられる位の環境で、

しかもドアは閉ざされ、身動きが取れず、

次の駅までは一切逃げられないという満員電車の環境は、

とても耐えられるものではありません。



心と距離にゆとりをもって


a0017_000031.jpg


いつもの通勤ルートだと始発だったり混んでいる方向と逆だったりと、

満員電車を避けられる為まったく気づきませんでした。



これからは、時間やお金が余計にかかっても満員電車だけは絶対に避けます。



1月18日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    自宅の掃除

  • 午後に行ったこと
    近所をゆっくりと散歩

  • 気付いたこと、思ったこと
    眠りが浅い。中途覚醒を3、4回してしまう。
    土日で休息ができるかな…

  • 今後の課題
    できなかったことよりも出来たことに意識を向ける。
    感情の起伏があるので、こまめにメモをする。


ブログランキングに参加しています。
毎日の順位チェックをすごく楽しみにしてます。
もしよかったらポチっとお願いします。
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

会社という壁の中にいる自分へ贈るエール


N867_maregure500.jpg

リハビリ勤務からの気付きまとめ。



リハビリ勤務で感じた復職の壁


自分は、復職プログラムで5ヶ月過ごしたことが自信になっていて、

職場に戻る準備はできていると思っていました。

結論から言えば、職場とデイケアは全く違います。

体調を気遣いながら、ゆるーい感じで関わってくれる事は一切期待できません。

勇気を出して一歩踏み出し、自分ひとりで、職場に慣れていく必要があります。

そのために【絶対に】無理をしてはいけません。

職場の雰囲気に圧倒されたり、スピードに焦ってしまい、

負けん気からギャップを埋めようと努力してはいけません。

せっかく取り戻した自分のバランスを見失って再休職に陥る危険性が大きいです。

身体の順応性を信じて、とにかく時間をかける。

数ヶ月かかって復職すればいいくらいの、

職場で浮くことを怖れず、

しなやかでゆったりとした自分でいられる、

そんな勇気が必要です。




このブログを読んだ方で「そうじゃなかったよ〜」と感じられた方は、

十分な福利厚生制度のある企業か、

復職する社員への理解と意識が高い職場だと思います。

(ちょっと羨ましいです…)



リハビリ勤務の成功に向けて取り組むこと


N811_1234saikoro500.jpg
来週からまたリハビリ勤務が続きますが、これらのことに意識してみようと思います。
  • 自分の身体が出すサインに耳を澄ませる
    動悸、顔の火照り、胃の違和感、手の震え、思考のループ。
    いままでの自分の症状を思い出して、
    似た兆候が出ていないか注意します。
    もし出ていたら、度合いを20〜30などの数字で表現してみます。

  • 必要以上に休憩を取る
    職場に居るだけでストレスが積み重なります。
    1時間ごとに10分の休憩を取るなど、
    自分でペースを決めて守ります。

  • 思った以上に「出来ない自分」に驚かない
    「新入社員以下」な自分を受け入れます。
    数行のメールを書くのに2時間以上かかり、誤送信を怖れて何度も何度も宛先確認して、
    やっと出し終わったら疲労困憊していた、なんて当然だと思います。

  • 仕事っぽい事から離れる
    「ミーティングに顔を出したら?強制はしないけど」と言われても、
    「すみませんが、遠慮させてください」と言う。
    ちゃんと断れたならば回復は順調のサイン。
    断れなかったなら、再休職の黄色信号。

  • 疲れたら勇気を出して帰る
    翌日休むより早退のほうがずっとマシです。
    そもそも休職期間中ですから、職場へは費用と時間をかけて行っているはずです。
    申し訳ない、と思う必要は全くないので、自分の体調を第一に考えて、
    調子が良くないと思ったら遠慮せずに帰って休みます。




おっし、がんばるぞ〜。



1月17日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    リハビリ出勤。リハビリプラン作成

  • 午後に行ったこと
    自分の病気について勉強、
    社内Web閲覧して情報収集

  • 気付いたこと、思ったこと
    1日がとても長い。
    復職プログラムが終わる16時からが特に長く感じる。
    身体のリズムができていない。

  • 今後の課題
    睡眠時間を必ず確保する。


ブログランキングに参加しています。
毎日の順位チェックをすごく楽しみにしてます。
もしよかったらポチっとお願いします。
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

リハビリ勤務の実態とその攻略法とは(自社のケース)


OZPA_hi-rudesiriwokerareru500.jpg

リハビリ勤務2日をなんとか終えました。

正直、きょうが金曜日で良かったです。

あした平日でも会社行く気になれない。そんな気分です。

2日間で気づいた事もたくさんありました。

それは土日でゆっくり消化する事として、

今回は我が社のリハビリ勤務についてご紹介したいと思います。

特定されないように適度に改変しております。



リハビリ勤務とは


  • 休職(欠勤)扱いとなり、勤務扱いとしない

  • 交通費は支給しない

  • 労災の対象外

  • まあこれらは当然ですね。いい会社だとお金もらえる場合があります。たぶん。




リハビリ勤務後の扱い


回復状態が良い順番に3パターンあり。

  1. 翌営業日から通常の勤務

  2. 人事の再判断

  3. 休職の延長決定
    →実は、休職期間の満了で自然退職、という意味。

  4. 最後が恐ろしいですね。



リハビリ勤務中に行うこと


基本的には何をしても自由です。

  1. 会社から指示は行わない

  2. 自主的に課題を決め計画・実行する

  3. パソコン、コピー機はじめ職場の物品利用可能

  4. つまり「自主的に『何か仕事させてください』」と言い出すことを求められます。


    はい。お断りします。




学んだこと:リハビリ勤務前にこれだけは準備しよう


OZPA_ikidaoreiine500.jpg

自分をガードするために、これは有効だと思いました。

  1. マスクをする
    顔の半分を隠せますので気が少し楽になります。
    最近のオフィスでは誰かしらマスクしていると思います。
    変には思われません。

  2. 自分の病気(うつ・依存症など)に関する本の勉強
    職場への抑止力は抜群です。
    自分自身の勉強にもなりますし、ストレス対策もバッチリ。
    会社でおおっぴらに精神病の本を読めるなんて、こんな時しかありません。
    もし興味を持ってくれた人がいたら、今後の良き相談相手になってくれるかもしれませんね。




いかがでしたでしょうか。少しでも参考になれば嬉しいです。

月曜日からはフルタイムだぞ〜。

気合い入れずに頑張ろ〜。



1月16日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    リハビリ出勤。リハビリプラン作成

  • 午後に行ったこと
    引き続きリハビリプラン作成
    社内Web閲覧して情報収集

  • 気付いたこと、思ったこと
    あまりにも職場環境が変わっていて、ものすごいアウェー感。
    リハビリ勤務についての案内を渡され読むが、頭に入ってこない。
    何度も読み返してやっと理解できる有り様。
    職場に居るだけで緊張して、一日過ごしただけで疲労困憊。

  • 今後の課題
    リワークプログラムの時よりも、こまめな休憩を挟むようにする。


ブログランキングに参加しています。
毎日の順位チェックをすごく楽しみにしてます。
もしよかったらポチっとお願いします。
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

リハビリ出勤初日から上司に冷遇されたでござる


a0001_011489.jpg


リハビリ出勤初日の社員にしてはいけない事


リハビリ出社初日からしてやられました。

自分の上司のことです。


  1. 勇気を出した「おはようございます」の挨拶に返事なし。
    終始、無表情で応対する。

  2. パソコンを渡されたが、LANケーブルを貰えなかった。

  3. 溜まったメールを確認するように言われたが、メールアカウントが消えていた。

  4. リハビリスケジュールを作成するよう人事から案内があったが、
    ひな形のファイルを4時間貰えなかった。
    仕方ないから自分で作成したら「こっちのほうが早いよ」ってひな形をくれた。
    ありがとうございますクソったれ。

  5. ようやく繋いでもらった社内LANで社内報を読んでいたら、後ろからじっと見られていた。

  6. 「ちょっと会議室にきて」って言われて何を言うかとおもえば、
    「十分休めた?」だって。
    お陰様でたったいま調子悪くなりました。

  7. そもそも、リハビリ出社では何も指示を与えられないはずが(以下略)



おお、素晴らしい我が会社。

軽くジャブを打つように繰り出してくる嫌がらせ。

自分の体調がどれくらい回復したのか、

その程度を確認しているんでしょうが、その心優しさが嬉しくて鬱になりそうです(泣)



愛すべき我が会社に送る、一つのエール。もしくは警鐘


そんな我が社から帰宅中。

こんな記事を見つけました。

「同調圧力」ならぬ「同調競争」という言葉がある - お前のことが好きやったんや
社長の降りかざす理念や目標に向かって、「その通り!みんな一生懸命に頑張ろうぜ!」「そぉれ、バスに乗り遅れるな!」って無我夢中で走っててさ、ソッポ向くやつは寄ってたかって袋叩き。それ一体どこの会社だろうか。




社長。お願いですから日本の歴史を後ろから読んで、それから胸に手を当ててください。



さあ、明日も頑張ろうぜ!


1月15日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    復職プログラム(デイケア)参加

  • 午後に行ったこと
    復職プログラム(デイケア)参加

  • 気付いたこと、思ったこと
    リワークはこれでひとまず終了。面談で「いつでも来てください」と言われたことで、居場所があると確認できた。

  • 今後の課題
    本当の居場所は職場にこそ求めよう。歓迎してくれたら…自然に接してくれたら…いいな。
    (…と昨日は思っていた)


ブログランキングに参加しています。
毎日の順位チェックをすごく楽しみにしてます。
もしよかったらポチっとお願いします。
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

あなたの周りに心のサポートはありますか?


a1180_007998.jpg


あなたの周りにサポートはありますか?


リハビリ出社1日前。

心のサポート探しを引き続きやっています。

こころのサポートをどれ位受けているかを計るものに「情緒的支援ネットワーク尺度」というものをご存知でしょうか。

これを参考に、自分のサポート状況を振り返ってみました。


情緒的支援ネットワーク尺度


(宗像恒次:1990)

あなたの周りに、次のような人が居ますか?

  • 会うと心が落ち着き安心できる人

  • 常日頃あなたの気持ちを敏感に察してくれる人

  • あなたの仕事を日頃評価し、認めてくれる人

  • あなたを信じてあなたの思うようにさせてくれる人

  • あなたが成長し、成功することを我が事のように喜んでくれる人

  • 個人的な気持ちや秘密を打ち明けることのできる人

  • お互いの考えや将来のことなどを話し合うことのできる人

  • 甘えられる人

  • あなたの行動や考えに賛成し、支持してくれる人

  • 気持ちの通じ合う人

「はい」を1点、「いいえ」を0点として加算。

<家族内/職場内/地域で>
 0〜5点 … 十分な支援を受けていない
 6〜8点 … 中程度
 9〜10点 … 十分な支援を受けている


自己採点:なかなかの良結果。しかし職場は…


家庭内では10点。妻には助けてもらってます。

家庭以外でも10点。デイケアと主治医の先生。病気のことを話せる友人もいます。

職場では…3点。これが課題ですね。


なかなか、居ませんよねぇ。

職場はしのぎを削って少しでも他人を出し抜く場という社風だし。

落ち着ける雰囲気には程遠い。


a0001_014745.jpg

結論:そこが居心地が良い場であるか


「居心地良く感じる」って思えるならば、それが良い職場なんだと思います。

復職後の職場。そういう場所にしていけたら…いいなぁ。



1月14日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    復職プログラム(デイケア)参加

  • 午後に行ったこと
    復職プログラム(デイケア)参加

  • 気付いたこと、思ったこと
    リハビリ出社が決まったことをデイケアのスタッフやメンバーに伝えた。
    「きっと、大丈夫だよ」って言葉。すごく嬉しかった。

  • 今後の課題
    これからしばらく、ひとりでストレス対処しなきゃいけなくなる。
    デイケアで練習してきたコントロール方法、
    「メモに書き出す」「数値化する」「違う見方がないか考える」を
    これからも実践していく。


ブログランキングに参加しています。
毎日の順位チェックをすごく楽しみにしてます。
もしよかったらポチっとお願いします。
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

東洋経済で「うつ特集」やってるのでブログで叫んでみた


a1370_000296.jpg

東洋経済が「うつ特集」を行いましたね。

まだ雑誌を読んでいませんが、著名な方が記事を寄せているらしいので、

手元に置きたいと思います。



会社と人生を狂わせる「うつの正体」 | 週刊東洋経済 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト
東洋経済がうつ特集。うつ患者の増加しているのは、クリニックでの機械的な検査が跋扈しているため、という意見。



Webで読める範囲だど、なんだかよくわかりませんね。

DSM-IV診断基準が広く使われていて、それに従ってさえいれば、

だれでも「うつ」と安易に診断されてしまっている、という趣旨で、

患者の増加に対して警鐘しているようです。

実際の雑誌を読んでもいないのでわかりませんので、

この記事含めた特集全体がどんな趣旨に基づいているのか気になります。

(誤解を生み出さないか心配の意味で)

【人生を狂わせる】という表現に違和感があります。



たしかに、うつ真っ最中のときは、人生が終わったと思いました。

でも自分は、うつを通して【本来の自分を取り戻した】と思っています。



うつな自分が言えるなら、声を大にして…



うつな自分が、もし記事が書ける立場だったなら、こんなことを発信したいです。


うつって、なまけ病じゃないよ。


自分自身が一番、「怠け者!!不適格者!!」と責めたて続けているんだよ。


「自分なんてこの世から消えてしまったほうが良い」と思っている人に、


励ましの言葉なんてかけないで欲しい。


お願いだから、そっとして!放っておいて!


だけど…

絶対に治ってみせる!





※東洋経済オンラインって、さわり部分しか記事が無いんですね。
 お金払って買う本誌と、無料のWeb記事とでは、
 違いがあって当たり前ですが…

1月13日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    ブログ書いたり、マンガ読んだり

  • 午後に行ったこと
    新聞の切り抜きをスキャンしてデータ化。
    ごっそり捨てられてスッキリ。

  • 気付いたこと、思ったこと
    気がついたら、会社を休み始める前から5キロ体重が減ってた。
    過食しなくなったからば当然か。
    なんだかお小遣いもらったみたい。嬉しいなぁ。

  • 今後の課題
    復職したあとの診察間隔をどうするか?
    命綱は自宅近くか、職場近くのどちらが良いか?
    他にも「こころの駆け込み寺」を作っておきたいなぁ。
    ううぅ。悩むー。


ブログランキングに参加しています。
毎日の順位チェックをすごく楽しみにしてます。
もしよかったらポチっとお願いします。
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

うつの再発予防:クライシスプランを考える


E146_hijyouguchi500.jpg

リワークプログラムで、「再びうつにならないためのクライシスプラン」をもらっています。

入って3ヶ月位のときに受け取ったのですが、

ずーっといままで書かずにいました。

先送りではなく、「書くための材料」というか、

「もう一度人生と向き合うための武器・ツール」が揃ったら、

一気にガーッと書けそうな気がしたからです。



ツールは十分に見つかったようです。

いよいよ書き上げる段階に来ました。

クライシスプランには、こんなことが書いてあります。


あなたのストレスになることは何ですか?


GAK_kainushi500.jpg



あなたのストレス発散方法は何ですか?


pp_torakkuhashiru500.jpg

「ストレスの発散」とはストレスの源となった物事を取り除く事ではなく、憂鬱や怒りなどでマイナスに振れてしまった自分の気持ちを軽くする行動を言います。




うつが再発しそうなとき、前兆のサインは何ですか?


a0830_000243.jpg

軽い、中くらい、重いとき、それぞれで考えます。からだや心の変化、行動の変化について、これまでの自分の症状を振り返ります。




これからやっていきたいこと(再発防止策)は何ですか?


a1180_009420.jpg

休養・治療生活を通して気づいたこと、自分にフィットした事を考えます。




これまでやっていたが、ほうやらない方がいい事は何ですか?


OO85_timewoyoukyusuru1209500.jpg

効き目の無かった手法、習慣、思い込み、人との付き合い、仕事に対する姿勢、自分や周囲を傷つけてしまった言動などについて考えます。




あなたが困ったときにサポートは何ですか?


B102_enjinwokumuahirucyan500.jpg

家族、職場の同僚、友人、主治医の先生、支援施設の仲間など、これからもお世話にできる心の支えを考えます。




クライシスプランは何度もバージョンアップ



書き上げることがゴールではなく、うつの回復(寛解)まではまだまだ先です。

もしかしたら考えたクライシスプランが外れていたり、より有効な方法が見つかるかもしれません。

何度も書き換えながら、素敵な自分を見つけたいです。



1月12日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    リラックスできる動画をYouTubeで探してました

  • 午後に行ったこと
    奥様の内職をお手伝い

  • 気付いたこと、思ったこと
    腰痛は持続中。10kg位の重いものを持ち上げるだけで痛みだす。
    養生しすぎは良くないらしいので動くようにしてますが。

  • 今後の課題
    会社に行きだしてからは自由な時間が減るので、
    どうやってブログを更新するか考える。
    ひとまず定型化かな。


ブログランキングに参加しています。
毎日の順位チェックをすごく楽しみにしてます。
もしよかったらポチっとお願いします。
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

うつの再発予防:あるがままの自分が見つかるカード


PAK85_kakomaretairoenpitu1278500.jpg


自宅では神奈川新聞をとっていて、

復職に向けて、自分を支えるネタ探しをしています。

心の病や障害者支援に関する記事があったら切り抜いて保存。



けさ、1月12日付けの新聞で一つの記事が目に止まりました。



自尊心を高める「ストレングスカード」


自尊心高めるカード、学校や企業で導入拡大 汐見台病院心理士が日本版作成/神奈川:ローカルニュース : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞社
ストレングスカードは、「自分で決めることができる」「ていねいにとりくむ」など、48種類の「できる」ことを絵と言葉で表したもの。自分の長所はなかなか口にしづらいものだが、カードを選ぶスタイルならば表現しやすいため、自分の気持ちを抑圧しがちな人や、幼い子どもでも、自分の強みを認識することができ、心理相談などで相談者の自尊心を高める効果が期待されている。




え?ストレングスカードって何、何?(←興味津々)で
検索してみました。

海外では子供の心理セラピーに使っているみたいですね。

kids_sample03.jpg

kids_sample02_1.jpg



これは…すっごく面白そう!



ストレングスカードセラピーって素敵なんです♪|いつのまにか笑顔になれるメンタルセラピスト☆月乃149cmブログ
ストレングスカードセラピーというのもあるそうです。自分自身のいいところを発見したり、”わたしは” を ”あなたは”に読み替えてその人の良い所をほめたり。





あるがままの自分を再発見しよう


自分は物事がうまく行かなかったとき、引きずってしまう性格で、

気晴らしも試すのですが、一人で消化できないことが多いです。



PAK25_kasennitatudansei500.jpg



リワークデイケアでは、SSTなどのプログラムの参加を通じて、

頑張りを認めてくれたり、褒めてくれたりの毎日です。

それが「こんなに出来てることもあるし、まあいいか」という発想につながって、

うつな自分のままで居ていいんだ、むしろ、これが自分のイイトコロなんだ」と、

自分あるがままに受け入れることができました。


解決志向アプローチとストレングスカード:アイメッセージ
解決志向アプローチとは、「何が原因なのか」「何が悪いのか」などと原因探しをせずに、「今できていること」や「今後どうなりたいか」に目を向けて変化を促していく方法です。最近は、ストレングスカードやペア-ズカードを使ってのワークも好評で、私も遅ればせながら昨年から活用しています。



復職したら、「このままでいい」という大切な気付きを、

忘れてしまいそうなのが一番の不安。


ストレングスカードは心の防波堤の一つとして使えそう!

ワークショップがあったら行ってみたいなぁと思います。



1月11日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    家の掃除機がけ

  • 午後に行ったこと
    天気が良かったので外をお散歩

  • 気付いたこと、思ったこと
    トイレの中をプチリフォーム。ブックスタンドを置いて、
    普段開かないお勉強の本を入れました。
    これでお勉強ルームに。

  • 今後の課題
    クリニックの診察を今後どうするか考える。
    会社の近くに変更するのはイヤだから、今のまま通える方法を探す。


メンタルヘルス関連のブログランキング参加しています。
ブログがんばろーの励みになります。
ぽちっと一票お願いします。
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

検索フォーム

カレンダーから記事を読む

12 ≪│2014/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新の記事です

読まれている記事

タグクラウド


閲覧数ランキング(にほんブログ村)

プロフィール

うつぶたさん

Author:うつぶたさん
Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
いまでもうつの再発の不安を抱えています。
気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
よろしくお願いします。

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。