スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

休職中にやってよかったと思うこと(経済編)


MOK_ichimanensatu2mai500.jpg

うつ状態で休養している最中はいろんな不安がよぎりました。

一番の心配は経済面。

自分がやってよかった事をリストアップしました。


手元に現金を用意する


調子が悪いときは、理由抜きに外出ができなくなりました。

自宅は銀行が遠く、コンビニATMで下ろすのも億劫になるので、

生活資金としての現金を少し多めに持っておきました。


家族にオープンする(うつであることをを明かす)


家族(もしくは最も近い人)の理解と協力はどうしても必要です。

自分は妻と二人暮らし、

病院から診断書をもらった時にはじめて明かしました。

また、休職期間中は近所の目もいろいろと気になりましたので、

「旦那さんどうかしたの?」と聞かれたときには、

「家で仕事してる」とうまく流してしてもらえました。

自宅ワークという言い訳は便利でした。


100円ショップをフル活用する


収入源が一時的に途切れますので、支出をとにかく減らす工夫をしました。

生活品、食品などは100円ショップ(ダイソー)を利用しました。

たくさん買い込んでも安いし、ストレス発散も効果あり。

食品の内容量は少なめですが、おかげで節約する意識が生まれました。

業務スーパーでのまとめ買いは、ひとつの物が大きすぎて、

使い切れないことがわかったので、やめました。


月々支払いをリストアップする


支出を抑える目的でやりました。

特に銀行やクレジットカードの自動引き落としをリストアップするのは

とても良かったです。意外といらない物が見つかりました。

携帯電話の料金プランを見なおしたり、

生命保険の見直し相談をしたり、

無駄に年会費を取られている会員を停止などを行いました。


不動産を見直す


自動車のローンと家のローン見直しました。

車は2年前に購入したばかりでしたが、ボーナス払い有りのローンでしたので、

思い切って売却。

残債を消して余ったお金で買える軽の中古車にしました。

仕事に復帰したら買えると思えば、吹っ切れましたし、

現金が増えたことがメリットでした。



住宅ローンも銀行と交渉して、

月々の支払いの減額に成功しました。

これは、銀行の住宅ローン担当(管理職クラス)と面談をする必要があります。

向こうは「今後の支払い能力があるか」を見てきますので、

復職日が近いことを積極的にアピールして、成功しました。

ある程度メンタルが回復している状態でないとダメかもしれません。

その点で難易度が高めです。



まだ他にもあったと思うので、溜まったら書きたいと思います。



1月2日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    自宅に近い神社に初詣。

  • 午後に行ったこと
    玄関の網戸の掃除(毎日どこか掃除することに決めてます)

  • 気付いたこと、思ったこと
    よく覚えてないけど初夢は悪い内容だった。
    今年の五黄土星は良い年になるらしいので、機運を掴みたいな。

  • 今後の課題
    休みも終盤。
    月曜日からデイケアに通えるように心構えする。


他にもメンタルヘルス関連のブログが見られますよ。
メンタルヘルス関連のブログ
スポンサーサイト

[休職中にやってよかったと思うこと(経済編)]の続きを読む

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

検索フォーム

カレンダーから記事を読む

12 ≪│2014/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新の記事です

読まれている記事

タグクラウド


閲覧数ランキング(にほんブログ村)

プロフィール

うつぶたさん

Author:うつぶたさん
Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
いまでもうつの再発の不安を抱えています。
気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
よろしくお願いします。

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。