スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

うつの再発予防:1週間をセルフチェック


N934_karutewomitekangaerudr500.jpg

復職がホントに近くなってきたので、再発防止策を考える毎日です。

仕事に戻ると、本当に忙しい日々が待っていると思うので、

自分の体調の変化を、うっかりすると見失いがち。

そうならない方法を探しています。


病院で受講した認知行動療法では、毎週の心の変化をチェックしていました。

そういうのを自宅でもやりたいと思い、資料を探してたら丁度良いのがありました。

PAK58_kiokuyorikiroku500.jpg

うつ状態セルフチェック


(参考資料: うつ病の再発・再燃を防ぐためのステップガイド/星和書店)

うつ病の再発・再燃を防ぐためのステップガイド
Peter J.Bieling Martin M. Antony
星和書店
売り上げランキング: 557,650


過去1週間のすべての日を思い出して、以下の各質問から最も当てはまると思うものを選んでください。

質問の回答が終わったらすべての点数を合計してください。

回答(点数)

全然ない(0点)
少し/まれにある(1点)
適度に/ちょくちょくある(2点)
とても/ひんぱんにある(3点)
ひどく/いつもある(4点)

質問

  1.  悲しいと思う
  2. いつもなら興味をもつ対象への興味が感じられない
  3. 食欲に変化があり、いつもより食べたいと思う/思わない。または体重が変わった
  4. 睡眠に変化があり、いつもより睡眠時間が長くなった/短くなった
  5. いつもより焦燥感がある、またはいつもより動き方や話し方がずっと遅くなった
  6. いつもより倦怠、または、疲労を感じる
  7. 自分は価値のない人間だと思う。または過去にしたことあるいはしなかったことにいつもより罪の意識を感じる
  8. いつもよりものごとに集中するのが難しいと感じる。または、小さな判断も迷ってしまって決められない
  9. 死そのもの、または、死ぬことをよく考える
  10. いつもより性に興味がなくなった

評価

  • 21点から40点
    うつ症状がかなりある。
  • 6点から20点
    うつ症状をいくつか起こしている可能性がある。
  • 0点から5点
    症状が軽度、または、無症状の可能性がある。

このテストは、継続して行うことで数ヶ月単位のこころの変化に気づくためのツールです。

診断結果でうつを判断するものではありません。

生活の中の出来事によって短期的に抑うつ症状が高い点数が出る場合がありますが、大抵の場合数週間後には改善します。


医師の指導の下で適切な治療を行うことが、最も効果があります。



1月9日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    リワークプログラム参加(デイケア)

  • 午後に行ったこと
    リワークプログラム参加(デイケア)

  • 気付いたこと、思ったこと
    ミーティングで、あるメンバーさんの発言が心に残る。
    「実は、リワークの仲間への接し方に悩んでいて、『変なヤツ』と思われていないか不安」
    うん、あるあるネタだなあ。
    その解決方法は知ってるけど、きっと、自分自身で発見することが大事だと思ったから、
    言わなかった。

  • 今後の課題
    そろそろ会社から復職方針の連絡が来るはずなので、ゆったりと待ち構える


他にメンタルヘルス関連のブログが見たい方はリンクを辿ってください。
クリックがランキングにカウントされます。
自分も励みになります。よろしくお願いします。
        ↓
メンタルヘルス関連のブログ(にほんブログ村へ)


▶ AT Jz jbr2 - YouTubeこの記事のはてな被ブックマーク数

スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

検索フォーム

カレンダーから記事を読む

12 ≪│2014/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新の記事です

読まれている記事

タグクラウド


閲覧数ランキング(にほんブログ村)

プロフィール

うつぶたさん

Author:うつぶたさん
Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
いまでもうつの再発の不安を抱えています。
気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
よろしくお願いします。

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。