スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

「責任」というあまりの重さに落ち込んでいたりする?


毎日のことに目が・・・ぐるぐる回る(*_*;



sono352.gif

満月ポンごろく と ブログ » Blog Archive » ポンちゃんゴロク その352
べつにガツガツガンガン自分から。そんなふうに動かなくってもいいんだよね(´・ω・`)




はうぅぅぅ。

ガンガンと仕事が降ってきます。

営業と管理のミックスした仕事。

人と関わる仕事なんで、皆から背中を見られてる立場なので。

一挙一動一投足にすっごく気を使います。

管理職なんで、そのへんは当たり前なのですが。


『「だりー」とか「もうやってらんねー」とかそういう小さな言葉でも、

下の人たちにはすっごく伝わっちゃうから、言っちゃいけない。

「あの人が言ってるくらいだから、別に俺らも適当でいいよね」ってすぐなっちゃうから、

そういう言葉を言わせてしまうようじゃ負けだよ。

部下のネガティブな言葉を引き出だして拾って上げることも大切だけど、

それ以上に一人のネガティブが周囲に伝わる悪影響のほうが大きいから、

そういうことはやめたほうがいい。』



夢にまで出てくるのはカンベン・・・(´・ω・`)



分かるんです。いままでちゃんとそれやってきたんですよ。

だけど、あえてもうやめようかなぁって思ってるのに。

またこれをしなきゃ・・・だめ?

ss239.gif


理想する“ユルユルとした生き方”、“小さき声の人に寄り添う生き方”は難しいのか。

ここでは、そうさせてはもらえぬのか・・・

仕事が合っていないとは思わないけど、

やりたいことはさせてもらえない雰囲気。


いまは身につけた「のらりくらり作戦」でストレスを溜めないことをできてるけど、

これもいつまで持つか。

どんどんと降ってくる「責任」という仕事。かわし続けることはできるのかな?

※イラストはこちらからお借りしました。
http://www.mangetupon.co.jp/gorokutoblog/

ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
スポンサーサイト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

人生を耐久レースだと考えるとだいぶんラクになれるよ


復職4ヶ月め。未だ周りは速く見えて・・・


4536607d1d97a6f11f8846c2f4f64986_s.jpg

7月から現場に戻ってきました。

残業の上限はあるにせよ、やってることは以前と変わりません。

かなり配慮してもらっています。以前の仕事量を10とするなら、いまは3〜4くらいです。

締め切りの迫られる仕事はほとんど無く、1週間スパンで取り組めるようなものや、

他の割り込みが入っても特に構わない類の仕事をやっています。

刺激的かといえば、物足りない気は正直しています。

周囲の人は自分の技術をフルに使ってバリバリと働いています。

前の自分のように。。。



トップスピードでレースすることはない。完走を目指すレースをしよう


a0050_000162_m.jpg

人生、自動車の耐久レースみたいなものですね。

順位というものはもちろんありますが、そんなこととは別として、見事最後まで感想できた選手は皆、褒め称えられる英雄です。

人生の長い期間を走るわけですから、ノートラブルという訳にはいかないでしょう。

大きな損傷を起こして、ピットで修理を待つことも。

リタイヤしなければならないのか、それとも・・・


a0782_000597_m.jpg

その辛い時間を超えて、再びコースに出られるときがくる。

努力は見事なもの。

その時点ですでに讃えられる尊い努力。



社会というもの、会社というもの。

いくら成果を求められるとはいっても、皆がそうできるわけでないし、自分はなおさら。

再びおなじスピードで走ることは叶わない。

ならば、完走というゴールを目指そう。



ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

復職にある二つの道。元の職場か?別の職場か?


「復職のセオリー」にあえて逆らってみたほうがいい


d7937d8ba9ec151b13ec4d4eedaef841_s.jpg

復職して3ヶ月が経ちました。

実は7月から現場部門に異動がありました。元の上司の居る所ではなく別の現場です。

現場部門に戻ったことで、元の上司(ほぼ同じ場所に居る)と顔を合わせたり、話しをする機会は増えましたが以前ほどの緊張や感情の揺らぎは起こりません。ゼロとは行かない所はありますが許容範囲内です。

復職は成功した。そうハッキリと感じています。



復職の理想としては元の職場に戻ることというのが一つの決まりになっていると思います。

うつに関するどのような本を開いても、そう書いてあります。


限定的ですが、自分の経験から言って元の職場に戻るほうが再発防止リスクは高いのではないか、と感じています。


元の職場に戻るということは、顔見知りの居る場所に戻るというメリットがありますが、それと同時にストレスを生んだ場所へ再び飛び込んでいくというデメリットもあります。

迎え入れる側としては前者のほうがいいでしょう。ですが当事者としてはそうはいきません。
疲れきった精神を生活出来る程度に回復することと、ふたたびストレスを受けても壊れない状態を保つこととは全く異なる意味を持ち、その断絶は想像をはるかに超えるものです。

ココロを喪失するほどに強い心理的恐怖を受けた人に、
一度死ぬ目にまで落ち、絶望の底で這いずり回った人に対して、
もう一度その場所まで戻って立てと言えるでしょうか。
自分は、とても出来ません。
まともな人間の所業ではない、とさえ思います。


うつからの復帰は、当事者の立場に立って、別の職場として欲しいです。



ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事

検索フォーム

カレンダーから記事を読む

06 ≪│2014/07│≫ 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事です

読まれている記事

タグクラウド


閲覧数ランキング(にほんブログ村)

プロフィール

うつぶたさん

Author:うつぶたさん
Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
いまでもうつの再発の不安を抱えています。
気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
よろしくお願いします。

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。