スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

メンタルヘルスの不調で休職した社員の42.3%が陥った「結果」


42.3%の中には入りたくない


accident-64875_640.jpg



日経のサイトに記事全文が載っていました。

メンタル休職、42%退職 期間短く完治せぬまま :日本経済新聞



退職者の多さは企業経営にとっても大きな損失で、就業継続への取り組みが不可欠だ。
 調査は2012年11月に実施。メンタルヘルスやがん、脳疾患、糖尿病などによる病気について、休職制度の有無や期間、退職・復職の状況などを尋ねた。5904社が回答した。
 調査結果によると、過去3年間にメンタル不調を理由に休職制度を利用した社員の退職率は、全疾病平均の37.8%を4.5ポイント上回った。
 最も高いのはがんの42.7%だが、がんによる休職は50代以上の割合が高く、定年など病気以外の理由による退職も多数含まれているとみられる。同機構の奥田栄二主任調査員補佐は「メンタル不調は30代以下の割合が高いため、病気を直接の原因とする退職率はメンタル不調が最も高いと考えられる」としている。
 また、メンタル不調者の退職率は休職制度の上限期間が短い企業ほど高い傾向があり、上限が3カ月までの場合は、59.3%が離職。2年6カ月超3年までの企業では29.8%で、2倍の差が出た。企業の規模別でみると、上限期間の短い企業が多い中小(50人以上100人未満)は退職率も48.0%と、千人以上の企業より15ポイント高かった。(日経記事より)




こういうデータは考えさせられます。

以前にも休職期間の短さや、体調と職場への復帰のことや、金銭面での生活の維持への課題について触れてきました。

すぐに復帰を考えてはいけない理由│そのままがいいんじゃない?
全うつ病患者の約2割が復職後の1ヶ月で脱落(再休職)していた



復職して再発を恐れるか、転職して回復するかの二択。それってほんとに?│そのままがいいんじゃない?
自分の体調と生活の維持を両立させることは本当に難しい





あらためて思うこと。データが示す意味に向き合って欲しい


c985c9e48cadc08ed4e414dc1580b722_s.jpg








職場は何故うつ社員をサポートしなければならないか?


64c22d148cc1830038c6cf8c7283fc3f_s.jpg






メンタルヘルス不調の社員をサポートすることは経営者視点から見ても価値がある


domino-163523_640.jpg









人材難を嘆くより先に、やることがあると思うのです


business-21823_640.jpg






4月4日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    会社の社内報を読んで今までの会社の流れとかおさらい。

  • 午後に行ったこと
    Excelをいじってデータ分析を少し。
    社内に配布するDVDの編集を少し。
    雑用ですけど楽しかったです。

  • 気付いたこと、思ったこと
    金曜日は疲れます。正確にいうと平日4日間でガス欠気味になり金曜日を乗り越えるパワーが足りません。

  • 今後の課題
    やっぱり眠りの質の向上かな。量は減ってるのは仕方ないから。寝入りをなるべくスムーズに中途覚醒や早朝覚醒を減らす。


読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

カレンダーから記事を読む

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事です

読まれている記事

タグクラウド


閲覧数ランキング(にほんブログ村)

プロフィール

うつぶたさん

Author:うつぶたさん
Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
いまでもうつの再発の不安を抱えています。
気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
よろしくお願いします。

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。