スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

自動思考メモ:ろくに調べないで文句をいうクレーマーに腹が立つ


正直、イライラッとしたんです


N745_gya-minaide500.jpg

奥様:「ちょっと!ケータイ壊れたよ!なんで写真が撮れなくなったの!?」

自分:「うぇうぇうぇ!?そんなん知らんわー!容量が一杯のせいだから要らない写真消せよ!」

奥様:「なんで!?勿体無い!なんで消さなきゃいけないの?オカシイんじゃないこのケータイ!」

自分:ムカムカムカーッ!(●`ε´●)






うむむむむ。

突然のクレーム。「容量が大きくならないのか」「なんでこんなに容量が小さいのか」

そりゃ、ケータイから乗り変えたとき実質ゼロ円というやつにしたからですよ奥様。

しかし、奥様のケータイを買うときにちゃんとその辺は考慮していて、撮った写真を自動でGoogleにバックアップするような仕組みを作っていたのです。ですから写真はケータイの中で消してしまっても、すべてキチンと残る仕組みにしてあるのです。

それなのに、自分のケータイの中にある写真データを消すのはイヤだという。

Googleにアップしてある写真はスグに見れないからイヤだという。

むむむむっ。むーっ。
ムカムカーッ!


どうしてこんなに怒ってしまったのか。

訳も分からず怒りのまま自動思考をメモに記入しました。

するとわかったのは、自分は「ロクに調べもせずに文句を言われた」から腹が立ったのであり、「べつに故障でもないのに故障扱いされた」からマトモに対応する気が無くなったのです。


なるほど。そういう理由で自分は怒っていたのか、書くとなんだかスッキリしました。

そしてメモを通じて「もう一人の自分」がこう諭したのです。

「そりゃお怒りもごもっとも。怒っていいとこじゃないか?でも、奥様は機械オンチなんだからしょうがないでしょ。さらっと直してしまって、お菓子でも食べて落ち着けばいいよー。」


すんなりとその意見が自分に染み渡っていき、

あれほど湧いていた怒りがしゅーっと消えていきました。



勝手に怒っておいて、勝手に解決してしまいました。

奥様に怒りをぶつけたのは確かなので、あとでちゃんとご機嫌取りはしておきます。

奥様ごめんなさい。



5月6日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    連休の最後くらいはなんかやろうかと。



  • 午後に行ったこと



  • 気付いたこと、思ったこと



  • 今後の課題




読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

カレンダーから記事を読む

12 ≪│2017/03│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新の記事です

読まれている記事

タグクラウド


閲覧数ランキング(にほんブログ村)

プロフィール

うつぶたさん

Author:うつぶたさん
Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
いまでもうつの再発の不安を抱えています。
気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
よろしくお願いします。

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。