スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

「精神障害がダメっていうの、だったら自分はどうなんでしょうか・・・」


今日も気になった「うち、精神障害と知的障害はお断りさせて頂いてるんですよ」


fc0fbd769742f80eea6d72129d510fb3_s.jpg

「スミマセン。弊社の障害者雇用は身体の、軽度のを想定していて。はい、知的とかあの、精神とかはですね、サポート体制も整っていないので、受け入れは難しいんですよ。」




復職レポ5日目:企業採用担当が口にした「障害者雇用のホンネ」│そのままがいいんじゃない?
復職間もない頃、近くの座席にいる採用担当の方が「弊社は精神障害者についてはお断りさせて頂いているんです」という言葉にショックを受けました。



やはりダメみたいです。

なんだか・・・モヤモヤっとします。

どうしてだろう。

働きたい。糧を得たい。認められたい。

そう考えている数多くの自分たち。

どうしてこうも高いハードルを超えなければならないのか。



思い切って勇気出して言ってみた


396e7a1c0bc7a44f73e0d38bdf6b0636_s.jpg

「あの・・・先ほどのお電話の話ですけど、やっぱうちって精神障害ってお断りなんでしょうか。」

「自分はこういう状態になってて、いまは幸いにも普通に仕事できる位になりましたけど、一時期はほんとに障害者手帳一歩手前だったんです。」

「当時は本当に仕事に戻りたくて、仕事をしたくて、社会的に認められたい、そういう思いばっかりでした。だから、精神障害の人って、とても真摯な人たちばかりなんです。」

「だけど、自分は会社側の立場も理解できます。精神の人は突然出社できなくなることがある。そういうことが自分自身で全くコントロールできないです。そうすると企業の側からすると、不安になるし、責任ある仕事を任せることが出来ない、そういう判断になりますよね。わかります。」

「だけど、すごく真剣に生きたいと考えてるんですよね。ちゃんと仕事が分割できて、無理の無い範囲での作業にできれば、きっといいんですけど・・・」


「うーん。そうだねぇ・・・まだ難しいねえ。ごめんね。」



「いえ、ありがとうございます。なんとなく、言ってみたかっただけなんです。」



動かなければ、変わらない。小さなことが、何か変わるかもしれない


f28c436ef13a98206ac3eec10650ee0a_s.jpg

言えたことは自分自身。とても良かったと思います。

自分にできることはこんなものしか。

でも、何かが変わるかもしれない。

小さな波紋を作れたのかもしれない。

効果がなかったなら、もう一度。石を投げ込んでみる。


同時に「職業準備性」は精神障害を持つ人が社会に関わっていく為に必ず乗り越えいかなきゃいけないハードルだと、改めて感じる日でした。



6月2日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    お仕事がありませんでした。
    お勉強。

  • 午後に行ったこと
    お勉強。なかなかこういうのは久しぶりの体験。

  • 気付いたこと、思ったこと
    いま勉強できるってことはどれだけありがたいことか。

  • 今後の課題
    仕事が無い、それなのにモチベーションが高い。
    いいことです。


ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

カレンダーから記事を読む

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事です

読まれている記事

タグクラウド


閲覧数ランキング(にほんブログ村)

プロフィール

うつぶたさん

Author:うつぶたさん
Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
いまでもうつの再発の不安を抱えています。
気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
よろしくお願いします。

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。