スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

「仕事なんだから」と考えそうになったら・・・


ただいま、見事に疲れております。



sono366.gif

満月ポンごろく と ブログ » Blog Archive » ポンちゃんゴロク その366
aaa


※イラストはこちらからお借りしました。
http://www.mangetupon.co.jp/gorokutoblog/


復職4ヶ月が経ちました。

7月を振り返るとキツかったです。激流のような1ヶ月でした。

組織が変わり、ほとんどの人とは初対面の環境になりました。イチからの人間関係づくりってほんと大変です。


「そうでもないんじゃない?気にすることでもないよ、気楽にやればいいんだよ」


上司は言います。

それなりに自分のことを気にかけての言葉ですが・・・ありがたいことですが・・・それができたら初めから苦労しませんって (´・ω・`)



想像してみましょう。

頼まれたら断れない性格。

期待された分だけ頑張ってしまう性格。

相手から受けた優しさを恩に感じてしまう性格。

こんな性格を持つ人が新しい環境に入ったとき、どういう行動をするでしょうか?



・・・気疲れしましたよぉ。ホント。

平日の朝にできていたルーティンの行動がすこしずつできなくなっていることに気づきました。

歯磨きにかける時間が短くなり、机には読んでいない5日分の朝刊。

家に帰って早く床に着くことと、土日はひたすら回復に努めること。



仕事には影響させちゃいけない。そんなことを考えてる日々。

あー疲れたあ!


でも、頑張ってますよ!



当たり前のことなんだけど、忘れがちなこと


9936eb8020d4f5fe138a0ebca5b50ccf_s.jpg

「今日調子が悪いから、あんまりムリ出来ない」
「朝起きたら頭痛がして、イマイチ調子が出ない」
「通勤だけで疲れた」
「昨日、飲み過ぎて・・・」


こんなことを言う部下や同僚。どう思いますか?

自分は「それでも社会人か!?仕事に影響させないようにするのが努めだろう?もし本当にそうだったとしても周りには関係の無いことだから、言う必要すら無いでしょ?」と思って、、、いました。

それは社会人としてオトナとして、言うべき言葉ではないと。

あるべき姿ではないと。


ですけど今はなるべくこう考えるようにしています。

「あー、そりゃあ大変だあ。しょうがないよねー(-_-;)」



そりゃあ仕事というもの、社会というものは甘く見てはくれません。

1日のやるべき仕事は積み上がりますし、予定の変更は関係者に迷惑がかかります。


だけど、だからこそ。

「しょうがない」って考えを持たなきゃ。



人は考えること、感情、性格、体調、能力など、ありとあらゆるものが違います。

対して仕事とは、関わる人が一定の時間で一定の結果を生み出せることが前提条件になっています。また、そうコントロールすることが求められます。


「成果」に着目せず、「人」の方を見る。




だから、こう言うようにしています。

「だよねー、しょうがないよねー(´・ω・`)」



ブログランキングへのご協力をお願いします。
読んだら「ポチッ」とひとつ(^_^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

カレンダーから記事を読む

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事です

読まれている記事

タグクラウド


閲覧数ランキング(にほんブログ村)

プロフィール

うつぶたさん

Author:うつぶたさん
Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
いまでもうつの再発の不安を抱えています。
気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
よろしくお願いします。

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。