スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ロールプレイ:ストレスフルな状況から離れる


LIG86_tukamiaubiz500.jpg

不快に感じるような出来事に遭遇した時、

あなたは、どんな行動すればいいでしょうか。


ロールプレイ:場面・状況


いまは休憩時間。

あなたは職場仲間と一緒に雑談をしています。

話題は、輪の中にいない人(仮にAさん)の悪口になりました。

几帳面な性格のため、周りにも指摘が細かすぎてやりにくい、

そんな内容です。



あなたはAさんと親しいので、考えを良く知っています。

Aさんは良い職場にしようと、勇気をもって行動しているのですが、

それを仲間たちは知らないで、勝手な悪口を言っているのです。



あなたは不快な気持ちになってきました。

Aさんを養護してあげたい。

その場にいない人の悪口を言うのは間違っている。

そう感じて、なんだか怒りがこみ上げてきました。



あなたは、このままじゃいけない、なにか行動をしないと、と思いました。

でも、行動を実際に選択するその前に、ちょっと考えてみましょう。


ロールプレイ:自分にとって一番解決したいのは


感情を一度ストップして。

さて、解決したい事は何でしょうか?

OO85_timewoyoukyusuru1209500.jpg


「自分が感じた不快感」という点にフォーカスしてみましょう。

感じているのは、自分です。

Aさんではありませんし、悪口を言っている仲間でもありません。



解決すべきは、不快感の解消、もしくは低減です。


ロールプレイ:行動から結果を検討する


標準的にはこれらの行動が考えられると思います。

その他の行動もあるかもしれませんが、今回の事例からは除外させてください。

では、それぞれの行動の展開を予想してみます。


  • Aさんを養護する(反論)
    Aさんの立場を皆にわかってもらえる可能性がある。
    自分がAさんに肩入れするとして一緒に非難されるかもしれない。

  • 悪口を言っていることを批判する(指摘)
    良くない行動をしていると指摘できる。
    もしかしたら悪口の矛先が自分に変わるかもしれない。

  • 雑談の場から去る(撤退)
    自分の意見を言うことは出来ない。
    ストレスからは離れられる

  • 何も言わないでその場所にとどまる(我慢)
    悪口をしている真の意図がわかるかもしれない。
    ストレスは継続してしまう




ロールプレイ:ベターと思うものを選択して行動する


「自分の不快感を和らげる」という課題に最も近い、

黙ってその場から離れるを選びます。

そして、Aさんへの同情からきていた怒りは一旦、手放します。



ロールプレイ:振り返り


モヤモヤは残りますが、ストレスからは一旦距離を置くことができました。

そのうち、Aさんへの誤解は対策を考えて解いていこうと思います。



デイケアでやったSST社会生活技能訓練)で学んだことのおさらいメモです。

認知行動療法的なアプローチに消化してみました。



1月7日の振り返り

  • 午前に行ったこと
    リワークプログラム参加(デイケア)

  • 午後に行ったこと
    リワークプログラム参加(デイケア)
    心療内科に診察

  • 気付いたこと、思ったこと
    やっとデイケアに参加でき、新年がスタートした感じがする。
    診察で、主治医の先生と相談。このまま復職に向けてGO継続で合意。

  • 今後の課題
    職場でストレスフルな状況になった時、うつを再発しない自分なりの対策を考えていく

他にメンタルヘルス関連のブログが見たい方はリンクを辿ってください。
クリックがランキングにカウントされます。
自分も励みになります。よろしくお願いします。
メンタルヘルス関連のブログ(にほんブログ村へ)
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

カレンダーから記事を読む

12 ≪│2017/03│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新の記事です

読まれている記事

タグクラウド


閲覧数ランキング(にほんブログ村)

プロフィール

うつぶたさん

Author:うつぶたさん
Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
いまでもうつの再発の不安を抱えています。
気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
よろしくお願いします。

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。