スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

「自分でやってしまう病」を乗り超えたい


E146_goodjobishi500.jpg



主治医の先生とデイケアの心理療法士さんと、

復職にあたっての注意や心構えについての話をしました。



「頑張って、自分のペースでね」



もらった言葉が本当に嬉しいです。



復職を目の前にして、自分の心の割合はこんな感じです。

  • あぁやっと戻ってきたんだな、という達成感(30%)

  • 職場の雰囲気やスピードについていけるのか心配と不安(50%)

  • 経済的、社会的に人並みに戻れることの安堵(20%)



  • 自分の性格の長所は、他人に対しとても献身的であることです。

    また、他人の心の変化に敏感で不快にさせない行動をとることです。



    致命的な短所は、献身が行き過ぎて自己犠牲をする事です。

    困っている仲間がいたら、自分のリソース(カネ、時間、労力、コネ、道具、人、その他)を駆使して、

    なんとか助けようと行動することです。



    その結果。

    周囲の問題のいくつかは解決に向かいました。

    いくつかの問題は混乱を加速させてしまいました。



    自分自身も多くの仕事を後回し、停滞。

    寝ずに仕上げた成果物の品質は最悪。

    適切な成果を挙げられなかったため、自分の評価は下がり、

    自己嫌悪に陥る毎日。

    いつしか自分の処理限界を超え、まったく動けなくなりました。



    名づけて「自分でやってしまう病」「自分置き去り病」です。



    リワークデイケアに通う中で、自分の心を取り戻す作業を

    一つ一つこなしてきました。



    いま、自分の性格。

    なにも変わっていません。

    相変わらずのお人好しでおせっかいです。

    PAK42_asanohomenorassyu1323500.jpg


    でも基準が見つかりました。

     「自己犠牲はしない」
     「自分の時間、自分のお金は犠牲にしない」
     「自分へのメリットを中心に考える」




    自分の会社は、風土として全く逆のことを要求されてきました。

    復職後は逆風に遭うと思います。

    それでも、大切な自分の身体・心を失わないために、

    頑張っていこうと思います。


    会社からの復職GOの連絡はまだありません。

    近日中に来るので、それを待っています。

    さあ、どうなるのかな…



    1月8日の振り返り

    • 午前に行ったこと
      リワークプログラム参加(デイケア)

    • 午後に行ったこと
      リワークプログラム参加(デイケア)

    • 気付いたこと、思ったこと
      デイケアで自律訓練法の練習。
      慣れてきたのか第一項式(四肢が重い)の段階で身体が熱くなって汗をかいた。

    • 今後の課題
    • デイケアのメンバー仲間を相手に、気兼ねなく、他愛もない会話をする練習。
      とくに、年齢が10年近く離れている人に対して。



    他にメンタルヘルス関連のブログが見たい方はリンクを辿ってください。
    クリックがランキングにカウントされます。
    自分も励みになります。よろしくお願いします。
    メンタルヘルス関連のブログ(にほんブログ村へ)

    関連記事
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

カレンダーから記事を読む

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事です

読まれている記事

タグクラウド


閲覧数ランキング(にほんブログ村)

プロフィール

うつぶたさん

Author:うつぶたさん
Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
いまでもうつの再発の不安を抱えています。
気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
よろしくお願いします。

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。