スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

うつ会社員の悩み「満員電車が怖いんです…」


a0006_000059.jpg

突然襲う満員電車の恐怖


先週末、会社から帰宅するときにいつもの通勤ルートとは違う路線に乗りました。

そのほうが数十円ほど安くなることが分かったからなのですが、

金曜夜、横浜方面に向かう急行ということもあり、

ホームに到着した時点でかなり混み合っていました。



電車に乗り込むと後ろからもどんどん人が入ってきて、

気がつけばぎゅう詰め状態に。

全く身動きが取れません。

首都圏の電車であれば当たり前なので、

特に何の用心もなく乗っていたのですが、



a0006_000052.jpg

数分も経たないうちに、胸がドキドキ。

息が詰まるような感覚。

視界も狭まり、「出たい!出たい!出たい!」という考えで一杯。



電車が次の駅に止まるまで「大丈夫、大丈夫だから…」と頭の中でつぶやいて持ちこたえ、

ドアが開いてすぐに降りました。



その後に来た各駅停車は、座席が空いているくらいだったので、

そちらに乗ったら、先ほどのような緊張感は全くなし。

こんな体験は初めて。

驚きました。満員電車で本当にパニックになるんだ…。



<半径15cmにある「パーソナルスペース」>
むかし研修で学んだパーソナルスペースという言葉を思い出しました。

パーソナルスペースがわかれば、人付き合いや恋愛がうまくなる - NAVER まとめ
満員電車は15cm以内のパーソナルエリアに他人が入り込んでくる行為。人によっては恐怖を感じることも。





電車に座っているときは、すぐ隣が他人でも何とも感じませんでした。

互いの息が感じられる位の環境で、

しかもドアは閉ざされ、身動きが取れず、

次の駅までは一切逃げられないという満員電車の環境は、

とても耐えられるものではありません。



心と距離にゆとりをもって


a0017_000031.jpg


いつもの通勤ルートだと始発だったり混んでいる方向と逆だったりと、

満員電車を避けられる為まったく気づきませんでした。



これからは、時間やお金が余計にかかっても満員電車だけは絶対に避けます。



1月18日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    自宅の掃除

  • 午後に行ったこと
    近所をゆっくりと散歩

  • 気付いたこと、思ったこと
    眠りが浅い。中途覚醒を3、4回してしまう。
    土日で休息ができるかな…

  • 今後の課題
    できなかったことよりも出来たことに意識を向ける。
    感情の起伏があるので、こまめにメモをする。


ブログランキングに参加しています。
毎日の順位チェックをすごく楽しみにしてます。
もしよかったらポチっとお願いします。
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

カレンダーから記事を読む

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の記事です

読まれている記事

タグクラウド


閲覧数ランキング(にほんブログ村)

プロフィール

うつぶたさん

Author:うつぶたさん
Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
いまでもうつの再発の不安を抱えています。
気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
よろしくお願いします。

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。