スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

復職可能の診断書を頂きました。


E146_ishidaiseikou500.jpg

週に一度の診察に行ってきました。

こんどの12月26日に人事担当と産業医との面談が会社でありまして、そこに診断書を持っていく必要がありました。

うつ状態がひどくなり連続欠勤になったのが4月はじめ頃、

診断書が出て会社を休み始めたのが4月末。

5月末までの約30日分くらいまでは、使っていなかった有給が充当されたようです。

会社の決まり上の休職になったのが今年の6月から。

産業医面談の初回は8月でした。次が10月、11月、そして今度の12月26日です。

診断書は毎月、会社に提出していました。

診断書の紙をコンビニでスキャンしてメールしたり、面談のときに直接手渡しのときもあります。

このペースと、回数が多いのか、少ないのかは、わかりません。



診断書をもらった結論としては、「来年1月6日から復職可」

自分としては慣らし勤務から始めたいと思っているのですが、会社はどのように判断をするか分からず、ひょっとしていきなり平日フルタイム勤務を要求されるかもしれないという不安がありました。

そこで先生と相談して「就業は段階的な負荷とすること」の条件もつけてもらいました。

朝礼だけ参加しすぐに帰宅するとか、週1回の出社から、とか 半日出社からとか。

とにかく達成のハードルを低くして貰いたい、と思っています。



復職の診断書がもらえて、すごくホッとしました。

体調がどん底のときは、「このまま会社にもどれない、戻りたくない。できれば休職のまま自然退職になり、思い切って転職しようか」と考えた事もありました。

そんな考えも、時間の経過とともに次第と消えました。

いまは、「復職を達成しないと、回復したことが自分自身で分からない。いまやるべきチャレンジは、復職だ。それからのことは、職場復帰してから考えよう。」という考えです。



先生からは、大丈夫?気負っていない?と聞かれましたが…(泣)
(多分、大丈夫ですよ…うん…)


つぎは、面談で会社と相談だー。


12月24日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    リワークプログラム(デイケア)参加

  • 午後に行ったこと
    リワークプログラム(デイケア)参加

  • 気付いたこと、思ったこと
    自分を守るために、自分で回復できたと考えていても、変に元気アピールしないこと。
    むしろ病気なんですオーラを出すこと。それがちょうどいい程度。

  • 今後の課題
    興奮したからか睡眠が3時間ほど。途中覚醒と早朝覚醒。
    肩の力を抜こう。




▶ 【睡眠用BGM】 疲労回復、ストレス解消、ヒーリング系音楽 【θ波】 - YouTubeこの記事のはてな被ブックマーク数



他にもメンタルヘルス関連のブログが見られますよ。
メンタルヘルス関連のブログ
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

カレンダーから記事を読む

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の記事です

読まれている記事

タグクラウド


閲覧数ランキング(にほんブログ村)

プロフィール

うつぶたさん

Author:うつぶたさん
Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
いまでもうつの再発の不安を抱えています。
気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
よろしくお願いします。

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。