スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

上司の距離とうつな気分との深い関係



薄々、そんな気がしていたことが明確になった日。

自分は上司の言動に強く依存しているという事実。

「依存 = 身体面/精神面が左右される」という意味です。



朝:上司が居なかったら

PAK56_syabondama500.jpg
(イメージ映像です)

聞けば朝から外出先とのこと。

すごく気分が晴れやか。

皆も心なしか雑談が多くて冗談も飛び交う。

職場の雰囲気も軽く感じた。



昼:上司ミーティングで発言したら

PAK85_hibiwareiPhonehomeb500.jpg

昼礼は全員参加。

上司は自分のすぐ近くに立ち、何度か発言。

緊張が走る。

動悸が激しくなって倒れそうになる。

気が付いたら歯を食いしばっている自分に気づく。

PAK24_kazehiitakamoshirenai1343500.jpg

自分の席に戻って、落ち着くのに1時間以上かかった。

マスクは当分、外せないなあ。



午後:上司、部下へ小言を口にしたら

LIG86_yutorisedainikirerujyousi500.jpg

自分の机の向かいで、同僚同士が何か話をしていたら、

そこに上司がツカツカと来て一言。

「何を話しているか知らないけど、やるべきことをやれ」

うちの上司が指摘するとき、ものすごく用意周到なことを知ってる。

遠くで話の内容に耳をそばだて、時間をはかり、タイミングをみて、

一番相手にとってイヤなタイミングで指摘する。

目の前で行われたその行為に、

一気に気分が悪化。


そのまま本日はエネルギーが尽きました。



結論。

今日の気分は「快晴のち雷雨」でした。



適応障害、なのかなぁ。



1月21日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    妻の診察

  • 午後に行ったこと
    自分の診察

  • 気付いたこと、思ったこと
    病気や薬の話が気軽にできるって素晴らしい事だとおもう。
    はけ口を作ることって悪くない。

  • 今後の課題
    予定休を消費したので、あとは出勤してやる。


ブログランキングに参加しています。
毎日の順位チェックをすごく楽しみにしてます。
もしよかったらポチっとお願いします。
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

カレンダーから記事を読む

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事です

読まれている記事

タグクラウド


閲覧数ランキング(にほんブログ村)

プロフィール

うつぶたさん

Author:うつぶたさん
Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
いまでもうつの再発の不安を抱えています。
気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
よろしくお願いします。

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。