スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

「アサーション」って知ってますか?→知りません


自分の体験を今後に活かしたいと思うのです…


fce37faccad4f003462464d6ab602228_s.jpg


自分も管理職だった(過去形)ので、

ここ数日の会社とやりとりを教訓にしたいと思っています。



何気ない一言、思いやりからの言葉でも、

うつの自分には、ココロに深く傷をつける言葉がありました。



『頑張れと言ってはいけない』とか。

『優しく見守りましょう』とか。

誰でも知りすぎたが為に本来の意味を失った情報のせいで、

職場はうつな自分の扱いに困っていました。



「傷ついてしまった」というのは、

発した側(相手)の誤解、無知、偏見、配慮不足といった点が原因かもしれませんが、

受けた側(自分)が正しくリアクションできていないという側面もあるな、と思いました。



相手も自分も傷つけないコミュニケーションはありますか?


4141c6d4302268b0b1b7f28d6b729621_s.jpg

正しい方法で気持ちを伝えることが出来るならば

きっと、破綻を食い止められるはずです。



そこで、こんな本を図書館で借りてきました。

本には「自己主張トレーニング」って書いてありました。

今は「アサーション」と呼んでいるものだと思います。

たぶん。習ったこと無いので、よく知らないのですけど。


嫌なものは嫌ときっぱり伝える対話術
バルバラ ベルクハン Barbara Berckhan
草思社
売り上げランキング: 477,848


内容紹介
つい一歩退いてしまう人のための自己アピール術。自信をもって言いたいことをはっきり相手に伝えるための方法を伝授。人間関係のストレスから解放される一冊。


出版社からのコメント
いつも自分に自信がもてなくて、相手の言いなりになったり、余計な仕事を背負わされ たりしていませんか。気がつくと相手の気持ちばかり気にしている心やさしい人間でも、これだけは絶対に嫌ということはあるはず。必要なことをきちんと相手に伝えるには―。そのためのノウハウ満載の一冊です。


《主な内容》
・頑固になるためのABC
・ゆっくり落ち着いて自己主張する方法
・誰も私の言うことなんか聞いてない、と思ったら
・「大人の自分」を「子供の自分」の味方にする
・しぐさでわかる自信の度合い
・自分の限界を知っておくことが大切

(Amazon.co.jpより引用)



アサーション~自己表現の方法 - PukiWiki
アサーションとは、より良い人間関係を築くための、自分も相手も大切にした自己表現法




良さそうなので、休日を使ってじっくりと読んでみようと思います。



2月6日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    復職プログラム(デイケア)に参加

  • 午後に行ったこと
    復職プログラム(デイケア)に参加

  • 気付いたこと、思ったこと
    デイケアのトークタイムで、自分のリハビリ勤務での体験や気付きをたくさん話すことができました。
    「良いお土産を持って帰れた」って思えた!

  • 今後の課題
    肩のチカラを抜いて。ラク〜に過ごすこと。
    ふと気づくとスグに気張っちゃうはずだから。


ブログランキングに参加しています。
いいねっておもったらポチっとお願いします。
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2014/02/07 20:21 少し記述を見直しました。
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

カレンダーから記事を読む

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事です

読まれている記事

タグクラウド


閲覧数ランキング(にほんブログ村)

プロフィール

うつぶたさん

Author:うつぶたさん
Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
いまでもうつの再発の不安を抱えています。
気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
よろしくお願いします。

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。