スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

『僕らのあしあと』


まるでキャンプファイヤーみたいなデイケアで


MOK_dannronohi500.jpg

主治医からの薦めでデイケアに通うようになり、

ココロの病と向き合っているたくさんの仲間と出会いました。

みんなが抱えている悩み、他では言えない話でも、

その場では自然に言えるのです。

みんな、知っているから。

言葉がすーっと出てきて、ひととき宙に浮かんで、

雰囲気の中に溶け込んでいく。

みんな、自分のこととして受け止めるから。

そんなデイケアの空間がとても大好きです。



みんなココロの中に”もう一人の自分がいる”から


PEZ86_midorinoicyounamiki500.jpg

ある人が言った言葉が、いまでもすごく印象に残っています。

『どうでもいいやーって全部放り投げちゃいたくなってるんだけど、もう一人の自分が「ダメダメ!」って言ってるからガマンしてます』


この言葉を聞いて、ハッとしました。

そうだ、その通りだ。

自分のほかに、ココロの中に”もう一人の自分”がいる。



『僕らのあしあと』


そんなとき、この曲と偶然にも出会ったのです。

僕らのあしあと - supercell - 歌詞 : 歌ネット
作詞:ryo 作曲:ryo


どうしようかと思ったのですが、

あまりにも自分の思いを表現しすぎているので、

かなり引用させていただきます。

多分著作権法のギリギリじゃないかな…ビビってます。

傷付けられることに慣れた僕らは知ってる
本当は愛されたくて仕方がないことを
認める勇気が持てないのなら
もう迷わず手を伸ばそう

優しさとか想いだけじゃ生きてゆけはしない
だからこそ自分らしくありたいと願うのです
希望を数えて 明日を数えて
そうやって僕ら歩いてく
まだ見ぬ明日へ歩いてく

僕らのあしあと (作詞:ryo 作曲:ryo)





ニコニコ動画にアカウントがある方のみ。スミマセン。


本当に、この歌のとおりだなぁ。

これからも、歌を歌いながら、

歩いていこう。



2月7日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    お家の掃除機がけ。部屋も気持ちもスッキリ。

  • 午後に行ったこと
    図書館で医療費控除の方法を調査、
    あと診察

  • 気付いたこと、思ったこと
    医療費控除のやりかたが分からなかったので、図書館で調査。



  • 今後の課題
    肩のチカラを抜いて。ラク〜に過ごすこと。
    ふと気づくとスグに気張っちゃうはずだから。


ブログランキングに参加しています。
いいねっておもったらポチっとお願いします。
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

カレンダーから記事を読む

12 ≪│2017/03│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新の記事です

読まれている記事

タグクラウド


閲覧数ランキング(にほんブログ村)

プロフィール

うつぶたさん

Author:うつぶたさん
Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
いまでもうつの再発の不安を抱えています。
気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
よろしくお願いします。

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。