スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

「あなたのそれ、はなしませんか?」


診察やカウンセリングに事前準備はしますか?


a1180_012677.jpg

精神科にかぎりませんが病気になると不安です。いくつも疑問が湧いてきます。

最初のころ、診察ではよく先生に質問をしていました。

事前にいくつか聞きたいことをメモに書いて、ひとつずつ質問していくんです。


  • 自分は回復したように思うんですが、どうですか?
  • ときどき落ち込みがひどいんです
  • 回復期には揺れがあるって聞いたのですが、具体的にどんな事ですか?
  • うつって一般的にどんな症状があるんですか?
  • この薬ってどんな効き目ですか?ほかにどんなのがあるんですか?
  • 肩がとても痛いのですが、病気と関係がありますか?
  • ずっと家にいます。なぜ治らないのでしょうか
  • 先生、自分は頭がオカシクなったのでしょうか



うちの主治医の先生。はっきりと言って答えてくれることもありますが、

モノによっては「ん〜、どうでしょうね」とさらりと流します。



質問にちゃんと答えて欲しいなと思いながら、少し後味の悪い診察。

自分は実際そうでした。



リワークで医者を探していたある人の言葉


a0960_004667.jpg

その発言にとても共感したことを覚えています。

「医者の言うことはあんまり信用しないけど、
みんなの言うことは自然と納得できる」


なぜこの人はそう思ったのでしょうか?

なぜ自分は共感したのでしょうか。

診察やカウンセリングより同じ患者同士のほうが共感し、納得できると言ったのはなぜでしょうか。



本当の心を「はなす」ことができていますか?


a0800_000022.jpg

話す…
言葉で相手に伝える。告げる。語る。相談する。

離す…
くっついているものを解き分ける。その位置から遠ざける。間に距離を置く。

放す…
捕らえられたりつながれたりしている物を自由にしてやる。握ったりつかんだりしていたのをやめる。はなつ。
goo辞書より引用。



思っていること。
症状への不安。
引っかかり。
誰にも言えなかったこと。
自分だけの秘密。


「医者が信用できないが仲間の事は納得できる」その言葉は心からの、生身の言葉でした。

リワークだからこそ、同じ悩みを持っていた仲間同士だったからこそ言えたのでしょう。

医師やカウンセラーでは引き出せなかったかもしれません。



おはなし、しませんか?


a0960_004060.jpg

たくさんの疑問。抱えきれない思い。

はなしをすれば軽くなるかも。






3月6日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    復職プログラム(デイケア)参加。

  • 午後に行ったこと
    復職プログラム(デイケア)参加。

  • 気付いたこと、思ったこと
    デイケアのグループミーティングで改善提案をしました。ちょっと気になっていたことがあったので。
    伝えただけで何かが波紋のように広がり、そして変化する。



  • 今後の課題
    眠りの問題はそのうちに改善させたいなぁ。


読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
        ↓
メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


検索フォーム

カレンダーから記事を読む

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事です

読まれている記事

タグクラウド


閲覧数ランキング(にほんブログ村)

プロフィール

うつぶたさん

Author:うつぶたさん
Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
いまでもうつの再発の不安を抱えています。
気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
よろしくお願いします。

つぶやき


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。