スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

うつは生物が獲得した生きるための知恵であるという


人はなぜうつになるのか。うつの正体とは。


e9159613c7c1e1da7b2d7583e928744d_s.jpg

金曜日の診察のあと、うつ病講演会に行ってきました。

そもそも、なぜうつになるのか?という問いに対する野村先生のお話とても参考になりました。

「ゆううつ、不安というものは人間にとって生きるために欠かせない心の働きです。ゆううつや不安というものは、進化して残ってきた太古の叫び声だと思っています。」

「たとえばミミズも不安というものを持っています。ミミズの前に障害物を置くとその先がわからなくなるため避けるように動きます。このように生き物はもともと不安によって危険を避ける能力を持っています。」

「ダーウィンの進化論的な話ですが“臆病なウサギ"の例もあります。昔ウサギには臆病なタイプと勇敢なタイプがいました。勇敢なタイプは天敵であるキツネも怖れなかったため食べられて消えてしまいました。臆病なタイプは常に不安がり、危険なキツネから逃れて子孫を残すことができました。そのためウサギはみんな臆病なのです。」

「ゆううつというものはどのような役に立っているかというと、一つは立ち止まって休むということ。二つめは立ち止まる、つまりやり過ぎないようにブレーキをかけるということ。三つめはあきらめること、リセットして別の方法で再スタートをするということ。四つめは動かなくなることで助けを求めようとすることです。」

「生き物は他者が弱まったときに助けようとする本能を持っています。たとえばペリカンがそうです。ペリカンというのは普段はとても利己的です。自分が得た餌を絶対に他に分け与えたりしません。しかし飛んでいる仲間が急に元気がなくなってしまうと皆で助けようとします。このような他者を助ける本能、助けを求める本能を、生物はもともと持っているのです。」



危険な状況から生き残るため、人はうつになる


0ce2deaca74f4cb7ca5ac564fe87cc02_s.jpg

生き残るために必要な心の働き、生物の本能という話はとても納得させられました。

自分のことを振り返ってみると「いまここで死ぬしか他にもう助かる手がない」と考えていました。

危機的な状況から逃げ出そうという考えと、なんとか自分の命だけは守りぬこうという考え。(不安)
そして誰でもいいから今すぐ助けだして欲しいという願い。(ゆううつ)

これらの心理がうつの根本だと気づかされました。


NHKスペシャル|病の起源第3集うつ病 ~防衛本能がもたらす宿命~
どうしてうつ病になるのか、それは生物そのものに備わった機能であり本能であると紹介されていました。




よかった!うつは自然なことだったんだ!


cbf71d5bb59cb5d4997d232d2844b8e0_s.jpg

マジメで堅物。お人好し。心が優しくて素直。
人からの頼まれ事を断れない。仲間との関係を重視する。
問題があったときは自分に原因を求めようとする。
自分と仲間と共に成長することを求める。
でも自分の命はとても大切に思う。


うつはとても自然なことだと知り、すごく勇気づけられました。

何日も寝たままで何もする気がなくなり動くができなくなった事も、

いちばん迷惑のかからない自殺の方法を考えていた頃も、

すべての人間関係をリセットできないかと転職を考えたことも、

うつという心の自然な働きであると受け入れることができました。

とても感謝しています。







3月14日の振り返り


  • 午前に行ったこと
    予定その1:図書館。

  • 午後に行ったこと
    予定その2:デイケアの催し物に参加
    予定その3:精神科の診察
    予定その4:講演会

  • 気付いたこと、思ったこと



  • 今後の課題




  • 読んだら「ポチッ」とひとつ。よろしくお願いします(^_^)
            ↓
    メンタルヘルス(うつ状態)関連ブログ
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
    関連記事
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

    トラックバック

    コメント

    コメントを残す

    Secret


    検索フォーム

    カレンダーから記事を読む

    03 ≪│2017/04│≫ 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    最新の記事です

    読まれている記事

    タグクラウド


    閲覧数ランキング(にほんブログ村)

    プロフィール

    うつぶたさん

    Author:うつぶたさん
    Twitterこちら→ https://twitter.com/384643bkt
    20代をプログラマとシステムエンジニアでキャリアを重ね、30代前半に数十名のメンバーを抱える管理職と人材営業も兼務するまでに成長。
    やりたいエンジニアとしての仕事と、やるべき管理職としての仕事、やりたくない営業の仕事、毎日発生するトラブルに悩まされ、なんとか3年頑張ればコツを掴んでうまく回せると思ってやっていました。最初は間食が増え、営業外出中の寄り道が長くなり、メールひとつ書くのに数時間かかるようになり仕事は溜まっていく一方。遅れを徹夜や休日出勤で取り戻そうと頑張っていました。オフィスが怖くなり、携帯電話の電源はOFF。通勤電車から降りられずに始発駅と終着駅の間を何時間も行ったり来たりしていました。無力で生きる価値がないという思いに支配され、ホームから飛び降りればこの苦しみから開放されて楽になるとまで考えました。
    死を願う自分自身を抑えるために、すがりつく思いで診療内科に電話。診断の結果は「うつ状態」。即座に休職を指示されました。
    自宅で休養後、病院の復職プログラムを受け少しずつ回復。これからいよいよ復職…という流れで今に至ります。
    いまでもうつの再発の不安を抱えています。
    気づいたことは、自分自身の性格がうつを起こしやすい性格であったことと同時に、「自分自身を受け入れて生きる」ことの大切さです。
    自分がここにたどり着くまでに得た「気付き」と「学び」を忘れないようにすることが第一の目的。
    第二の目的として、そんな自分がささやかに得たものを皆様に発信することで何かの役にできるのなら、と考えています。
    よろしくお願いします。

    つぶやき


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。